インフォメーション information

2019 / 06 / 17
14:16

ひこねの街とブルックナー第8番

ひこね第九オーケストラは、ブルックナーの音楽をより美しく響かせようと、素晴らしい集中でリハーサルを続けている。

リハーサルを重ねるなかで、この第8番は、想像していたよりも、はるかに大きな精神エネルギーを必要とする曲だと感じてきた。

奏でられる音は、音楽の歴史のなかで考えても、もっとも美しいものだと思う。

ただ、その音を響かせるために、指揮者とオーケストラにとって、地球規模の建造物を形成していくような、過酷なエネルギーの放出を余儀なくされる。

リハーサルが終わったあとの、「ほんとうにいい曲だよね」という気持ちと同時に感じる疲労感が、いつもの演奏会とは全く違う。

気力と体力の激しい消耗。

第8番とは、いったいどのような曲なのか?

神か悪魔か・・・・

コンサートが終わったとき、オーケストラの団員さんは、お客様は、そして自分は何を思うのだろう。

 

Today's Schedule