インフォメーション information

2018 / 06 / 27
23:36

龍谷大学交響楽団にエールを!

龍谷大学交響楽団の団員さんは、

その若さをきらきら輝かせながら

ベートーヴェンの

第7交響曲を演奏します。

ものすごい推進力です!

ものすごい躍動感です!

もう少しで

曲の神髄に手が届く・・・

そんな気がします。

でも、彼らの音楽表現が

壁にぶち当たるときもあります。

それも

若さゆえに・・です。

是非、客席から彼らに

エールを送ってあげてください。

お客様からの気持ちと

彼らのエネルギーが結び付いて、

これこそ

ベートーヴェン!と言える

爆発的な表現ができると思うのです。

 

 

2018 / 06 / 24
21:54

初めてのオークションでの敗北

ヤフーオークションに欲しい本がでていたので、

とても安かったので入札した。

ところが、終了日に近いところで、誰かが参入してきた・・

何回か入札金額をあげて競った。

なぜか緊張してきた・・

僕は耐え切れなくなって降りた。

自分はオークションには向かないと分かった。

かくして、

フェリックス・ワインガルトナー著の、

「ある指揮者の提言」は他人のものとなり、

僕は違う場所で見つけて、

オークションの時の5倍の金額で入手できることになった。

前世紀に廃れた「提言」を、新しいベートーヴェンを指揮するために

僕はもう一度読んでみたくなったのだ。

興味があるのは、

本の中にでてくるワーグナーとビューローの記述。

そしてワインガルトナーが考えるテンポである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 / 06 / 18
12:15

地震がありました。

18日、7時58分、地震がありました。

とても強い揺れを感じて、阪神淡路の時を思い出しました。

被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

僕の住んでいるところは震度5弱、家族全員無事です。

2018 / 06 / 17
21:21

関西大学交響楽団との日々が・・

終わってしまった。

素晴らしい演奏会だった。

ドヴォジャーク交響曲第8番の

最後の音を放った直後に

沢山の熱狂的な

ブラヴォーと拍手を頂き、

胸がいっぱいになった。

ロザムンデもフス教徒も

アンコールのブラームスも

最高に良かった。

彼らの青春が音となってホールに満ちていた。

打ち上げは

僕が知る十数年前の関大オケとかわらぬ

大騒ぎである・・懐かしい!

そして

お別れの時がきた。

さっきまで一緒に音楽していたのに、

もうお別れとは・・

寂しすぎるよ。

 

今日のメンバーが生涯音楽とともにいられますように・・

関西大学交響楽団がますます発展しますように・・

 

 

 

 

 

 

2018 / 06 / 17
14:58

けいはんなフィルハーモニーのモーツァルト

けいはんなフィルハーモニーの演奏会は

とてもたくさんのお客さんをお迎えして

大成功の裡に幕を閉じた。

やはりうまいオケである。

特にモーツァルトは美しかった。

これはオーケストラの中に、

音楽の力を最も良い形で集中させ、

それを正しい方向へと導ける、

優れた感覚の持ち主が、

複数いるということ。

打ち上げでヴァイオリンの方が仰った

「モーツァルトではあたりまえのことを

あたりまえのようにやる」

今回はそれができた、というのである。

これは含蓄のある言葉だった。

美しさを追求できたモーツァルト。

チャイコフスキーももちろん素晴らしかった。

ロマンティックなのにべたつかない・・

上手く言えないが

他のオーケストラにはない、

けいはんなフィルハーモニー

独自の交響曲第5番だった。

けいはんなフィルハーモニーは日々進化している。

次回のワーグナー、ベートーヴェンが楽しみで楽しみで・・・

 

1 2
Today's Schedule