インフォメーション information

2018 / 03 / 02
14:47

京都室内管弦楽団 第18回 演奏会

京都室内管弦楽団との

音楽へのアプローチは、

真剣でなおかつ楽しい。

表面的な楽しさではなく、

作曲者への畏敬の念がもたらす、

新しい表現の発見の楽しさである。

それにしても、

団員さんの表現力は素晴らしい。

作品の内側にあるものを、

今回も聴いていただけると思っている。

サン⁼サーンスの第2交響曲は

初めて指揮する曲だけれど、

素晴らしい曲ですよ~♬

 

Today's Schedule