インフォメーション information

2019 / 06 / 08
08:55

和み交響楽団の演奏会が終わった。

和みの演奏会では、ブラームスの大切なところに触れることができたように思う。

自然で素朴な美しさの中に、偶然のように生まれる深い響きが良い。

作為的ではだめ、計画してもだめ。

流れとリズムを、常に心地よくコントロールして、祈るように演奏する。

今年はブラームスが亡くなった年齢になる。

少しは作曲家の気持ちが分かるようになったか?

まだ、ぜんぜんだめか?

Today's Schedule