Welcome

インフォメーション

2022-05-28 07:00:00

今日はやや難しい話ですが、なるほどと思ったので記載します

今の日銀の金融政策は2%物価目標の達成を最優先にしている

日銀のよれば、その理由は以下3点

1.統計で把握される物価の上昇率は実態より高く出る傾向があるので高めのインフレ率を目標としている

2.世界各国の中央銀行も2%を目標としているので日本の同じ2%を目指すことで為替に安定につながる

3.中長期的にある程度のインフレ率が維持されればいざというときに下げる余地がある

上記のうち、まともな理由は3だけで、2は間違っているとしている

 

たまたま現在は、資源価格の高騰により物価が高騰し、2%のインフレ率となるだけであって、日銀の理想とする、物価も上がるが、賃金も上がり、安定的な成長が見込める

といった状態では決してないのである

また日銀の目標としてる姿は、相当先まで展望しても、そういう日が日本に訪れるのを想像するのは難しい

 

達成できない物価目標にあくまでこだわるなら、金利を極限まで下げた状態=現在の状態を維持しなければならない

しかも日銀は、イールドカーブコントロールといって、長期金利まで0.25%までに抑え込んでいる

 

こういった状態なので、海外の金利が上がれば、当然円安になる

しかし、資源高騰がいつまでも続くわけでなく、米国の長期金利が下がる局面が来ると、日本の長期金利はすでに抑え込まれていて追加的に下げる余地が乏しいので今度は一機に円高が加速する

 

このように現在の日本の金融政策は為替の安定につながっておらず、むしろその変動を大きくする方向に作用しているのである

 

円安が悪いとか円高が悪いとかは、それぞれの立場によっても意見が違う

しかし、為替相場が米国の金利に左右されて、乱高下を繰り返すのは好ましくない

黒田総裁任期までは、2%目標を見直すことは難しいとしても、せめてイールドカーブコントロールは折をみて撤退した方が良いと思われる

 


2022-05-27 05:00:00

大脳での情報処理上、視覚が味覚や聴覚より優先される

よって、プロのソムリエでも、白ワインに赤の染料を混ぜれば、「この赤ワインは美味しい」と言ってしまう

本当は白ワインなのにである

いやらしいひっかけであるが、たいていの人は、視覚で瞬間的に判断をしてしまう

そうでないと生き残れないからである

それを逆手にとったアイテムだとは思う

 

パイオニアが3月に販売したのは、画面がないカーナビ

全て声で、反応し、声で案内をしてくれる

トヨタなどは、有料サービスで、「近くのレストラン」「近くのガソリンスタンド」など発生すると、ナビが案内をしてくれるサービスはレクサス等であった

これの無料版である

 

確かに運転中にカーナビ画面を見ることは、決して安全とは言えない

声で案内してくれれ安心である

 

さてどのような内容かと言うと、助手席目線の指示だという

・二つ目の信号を右へ

・真ん中のレーンがおすすめです

・3キロ先で渋滞が発生しているので、ルートを変えます

 

など

 

パイオニアが永年業績が芳しくなかった

それは、作りて目線でのビジネスでなく、顧客が潜在的に求めている価値を探求したのである

 

実は、この考えは、マーケットインという発想であった、数十年前からの考え方である

作りてが売りたいものと、顧客が求めているものが、根本的に違っている場合が多い

パイオニアに事例を参考にしてモノづくりをしていきたい

 


2022-05-26 05:00:00

推し活 とは、好きなアニメや芸能人などを応援することである

最近は、なんでも〇〇活がついてきて新語についていけていない

 

さて、コンビニのコピー機でキャラクター写真を印刷できるサービスの売り上げが、セブンイレブンやローソンでは、コロナ前比較で、2倍ほどに増えている

巣ごもりに悩む、コンビニにとって貴重な来店動機になっている

 

各社が設置しているプリンターのメニュー選択画面に、チケット等に並んで、コンテンツプリントという項目が用意されている

好きな作品やアイドル毎に設定された番号を入力すると、プロマイドやステッカー、カレンダーなどが印刷できる

 

ローソンは先駆者で、今のコンテンツ数は400を超えるという

印刷価格は、200円~600円/枚で、ファンは何枚も買うので、コンビニの平均来店客単価の700円を大きく超える人もいる

 

何が流行っているのかと記事を読むと

毀滅の刃

呪術廻戦

ウマ娘

などの固有名詞がでてくるが、私がわかるのは鬼滅の刃くらい

競馬もしないのでウマ娘もイマイチわからない

これでは感性が高いコンサルとも言えないな。。。

 

私が少年だったころには、仮面ライダーのブロマイドを集めたことを思い出した

しかしそれは小学生くらいまであって、中学生になれば、しなくなった

今は、大の大人がブロマイド集めに奔走している

マーケティングの考えには入れておきたい

 


2022-05-25 05:00:00

集団的自衛権とは、自国が武力攻撃を受けていなくても、同盟国など密接な関係のある第三国が武力で反撃する権利を指す

これは国連憲章51条で保障されている

自国が攻撃を受けた時に反撃する個別的自衛権とともに、主権国家のもつ固有の権利として行使できる

 

NATOでも第5条に集団的自衛権の行使を定めている

NATOに加盟すれば、同盟国は他の同盟国を守る義務がでてくる

 

過去集団的自衛権が行使された事例は4例

1965年  米国、豪州、ニュージーランドが南ベトナムを支援  いわゆる北ベトナムにソ連が侵攻したことに端を発するベトナム戦争

 

1968年 ソ連がチェコスロバキアを支援  いわゆるプラハの春

 

1990年 米英がペルシャ湾地域に兵力展開  イラクによるクウェート侵攻への武力攻撃に反撃

                       この際に、日本でも集団的自衛権の行使について、大きな議論が巻き起こった

 

2001年 英仏豪が米国の対テロ攻撃に反撃のため派兵  いわゆる米国同時テロの反撃

 

いかにも物騒な話であるが、世界の流れとして押さえておきたい事項である

その上で、我が国がどう進むのか?どうやって守るのかを一人一人が考えなければならない

 


2022-05-24 05:00:00

厚労省は、5人以下の従業員でも、会社に社員の厚生年金加入を義務付ける方向で検討に入った

新たに、飲食店や旅館など業種を追加するなども検討に入る

厚生年金に入れば、社員の老後の年金支給額は増える

厚生年金が義務付けられれば、企業側の負担が相当に増す

の2律背反となる

 

現在の加入義務は、

製造や土木の16業種で法人なら従業員1名以上で義務付け  個人事業主でも従業員5名以上なら義務付け

飲食サービス 法人は従業員1名以上で義務付け  個人事業主は従業員数にかかわらず任意

となっている

 

上記を見ると、大手の飲食チェーンで働けば、当然厚生年金に加入できるのに、町の個人事業主の飲食店で働けば、全く同じ業務をしても、厚生年金に入るのは事業主次第となっているのが現状

これでは、人材が零細店舗に集まりにくいので、今回改革をしようとうするものである

 

しかしながら、コロナウイルス感染で一番影響をうけているのが、飲食サービス宿泊業である

コロナ融資の返済開始も始まり、売上も安定せずでは、厚生年金負担まで手が回るだろうか?

時期尚早のような気がする

 

 

 

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる