インフォメーション

2015 / 02 / 07
00:25

ヒュー君、再来!

 

ニューヨークからやってきた彼、
自転車でギターからって北海道から旅をした彼、
タロカリーズと一緒に能古島タロフェスにノリで参加した彼、
オーシャンゼリーゼーのやつで「さんはい!」のタイミングが独特だった彼。

無事に日本縦断の旅を終えて、ただいま東京在住。

 

タロカリにはよく旅人が迷い込む傾向にあるのですが、

ヒュー君も例にもれず舞い込み、タロカリーズの魅力に惹きこまれました。

 

たいがいうちに来る旅人っていうのは、ブレイブハートっていうか向こう見ずっていうか、

「大丈夫っす!なんとかするっす!」て感じの人が多かったのですが、

ヒュー君はわりと甘え上手で、

周りの人が「しょうがないなー、うち泊まっちゃっていいよ」みたいな流れにもってくのが彼流。

これも彼のカラーだし、特技だなー。

 

なんて、そんな印象のヒュー君ですが、

今回「またタロカリいきまーす!」て連絡をくれて、ほんとに福岡に遊びに来てくれたのです。

 

あらかじめこの日に来るよってお知らせを出していたので、

前回会ったことのあるタロカリーズたちが集まってくれて、到着日の夜はタロカリでライブなど。

 

たのしかったー。

打ち上げ終わりに大名のお父さんのところに行ったのですが、

お店に入るなり、我らがきほちゃんが
「こんばんはー!」て寝下座であいさつしたこの時が一番笑いました。

 

 

 

人の店やからね。

キャッチコピーは「ノンアルコールでここまでイケます」
タロカリーズのご用命は店長まで 。

 

ヒュー君再来にあたり、

皆が集合してくれたことが嬉しいって言ってましたが、
あーもう、それそれ。

店長も嬉しい。

 

時間を作って会いに来てくれたタロカリーズに感謝。

今回も新しい出会いを蓄えて、

このあと熊本にいる人たちに会いに出発しました。


日本中どこに行っても会いたい人がいるってナイスだね。

 

 

2015 / 02 / 03
00:48

ガイドブックて。

トリコガイドっていうガイドブックの福岡版にタロカリを載せてもらいました。


今のタイミングかー!とも思うけど、
実はガイドブックっていうものにタロカリを掲載してもらうことがひとつ目標だったりしたのでとても嬉しいのです。

 

カフェトラに取材してもらったときも嬉しかったし、
テレビや雑誌や本にもたくさん紹介してもらって、そりゃあそりゃあ有り難く感謝しているのですが、

 

なんでしょう。【ガイドブック】ってアツいですよね。

 

カフェ巡りじゃなくて、

福岡行くならココ行ったらいいよ!の中に選んでもらってるのがむっちゃ嬉しい。

 

やったよ!!!!

2015 / 01 / 31
07:46

saara/Peace-K&ミシェル/高石純二/waterloo LIVE@タロカリ

 

「タロカリの光のかんじにぴったりなので」

という事で年末に続き、サアラちゃんから再びオファーをいただきました。

アルバトラスのドラムの人なんだけど、とにかく明るく幸せハッピーなウクレレ弾き唄いPすけ君と一緒だよ。
って。


一緒にやってくれる高石純二さんも懐メロ歌ってるか、餃子やさんで偶然会うかしかしてなくて、ちゃんとライブでお会いした事なかったし、
waterlooさんも、ふじけんが超イイ!って言ってたまま聴けてなかったし、
ミウラパンも出店してタロカリとのコラボFOOD作ることになって、

ライブ前から楽しみさ倍増でした。

 

そしてライブ当日、開場前にPeace-Kウクレレワークショップを開催。

これがまたなんて穏やかさ。

 

その後ろでは、
リハもせずけん玉の指導をするwaterlooさんと高石兄さん。
「ヒザっす、ヒザ」言うて。

 

ドアの向こうにはおしゃべりに夢中のsaara。

 

今日、いまからライブあるよね?というくらい平和な時間。
https://www.facebook.com/video.php?v=821832397889586&l=8192831584116126128

 

サアラちゃんがタロカリで唄ってくれるときはいつも雨。
でもおかげでいつもゆっくりと時間が流れて、
そして今日は一番かっこよかった。

 

賑やかなライブ。

踊ってはしゃいで汗かきました。

 

この日はミウラパンとタロカリのコラボホットドックもあり。

(卑猥なカタチでしたが、全てはミウラパンの独断です) 

 

ウクレレワークショップの時に練習した曲を最後に皆で一緒に唄ったのですが、

マイクの目の前、ものすごい大きな口を開けて笑顔でメインボーカルを務めたのは小1の女の子。


臆することなくヘンテコな大人たちと一緒にあそぶこの子が、キランと輝く女性になる姿が目に浮かびました。
きっとヘンテコ素敵なオトナになることでしょう。

 


今日も良い夜だった。

来て下さった皆さま、賑やかな空気をつくってくれた皆様、

チェンマイ。

2015 / 01 / 27
02:39

伊勢海老の会

 

去年の目標のひとつ、【伊勢海老のお刺身を食べる】について。


持ち越しましたが、本日達成いたしました。


カリスマ店長、言葉にならないくらい満足で成仏しました。

 

今日に至るまで紆余曲折ありましたが、
イベント感なども含めて一番良い方法で達成できたのではないでしょうか。

 

まず、生きた伊勢海老にあんなにビビらされるなんて想定外でしたし。
バルタン星人と瓜二つでした。
そして、職人の手にかかればマルコメ味噌で奇跡の味噌汁が作れるという事がわかりました。

 

なにより、タクミ君の手際の良さの男前度ったら。
こないだペロンペロンに酔って醜態をさらしていた事がチャラになるほどでした。
そう、実はちゃんとした日本料理屋さんの料理長なのです。
好きな女の子に今日のタクミ君の姿を見せたかった。

 

色んな特技を持った人たちが集まるタロカリ。
皆が集まればなんでもできるな。


次の未達成案件は「ハワイでセグウェイに乗る」です。

 

いただきますの時の全員の尋常でないワクワク感と、

味噌汁を食べるときの無言の時間、

チェンマイレス。

 

 

2015 / 01 / 23
23:00

LENTEでおいしいものを食べる会

田添氏がチェンマイ百万夏祭りの時の射的の景品で当たったやつ、「レンテのステーキの塊券」

夏まつりの打ち上げとして行こうねーていうてましたが、なかなかタイミング合わずでもうすっかり年を越してしまい

有効期限も過ぎるというもったいない事件発生。

 

でもせっかくならレンテのおいしいご飯を皆で一緒に食べたいので、

普通に予約して日が合う日に行こうよって事で、ようやく出かけることができました。

 

もうね、レンテの熊谷さんが作ってくれるメニューはどれもこれも全部すばらしく美味しいのです。

見た目も豪華。材料も豪華。味もゴージャス。

そしてまたお値段がリーズナブル。

こんなに素敵なお料理をたらふく食べて飲んでこの日のお会計、1人4千円でお釣りがきました。

 

たまらん。

 

そして、食べたり笑ったり踊りをおどったりしていたらまるでタロカリのようでした。

ちょっとこっちはお客さんがおるけん来んで。とまで言われました。

いつもやめなさいて注意する側の店長も、外に出れば自由です。

 

たのしかったおいしかったチェンマイ注入。

 

レンテはタロカリカリスマ店長が福岡で一番おいしいと思う洋食屋さんです。

行ったことない方は是非。

 

LENTE

福岡県福岡市博多区住吉4-27-12

092-215-4463

http://www.hotpepper.jp/strJ000861827/

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
Today's Schedule