インフォメーション

2014 / 08 / 30
16:15

新キャラ ミウラパン

わたしは彼の事を「白目パン」と呼ぶ。
変な笛を吹きながらクネクネと踊っているのを見て
ふと、
彼はきっと白目が似合うし、
それをしながら白目をすれば、見ている側は更なるエンターテインメントを感じるだろうと思った。
そこで笛を吹いている真っ最中にお願いしたところ、彼は白目ができなかった。
気味の悪い薄目になっただけだ。
少しがっかりした。

彼の事はまだよく知らないが、
しかしながら、
気ぃ遣いの上に努力家である事に間違いはないだろう。

 

数日後に会ったとき、すでに白目が80%くらいまでできるようになっていた。

まだ完全に白目ができる訳ではないのだが、その努力と向上心、そして人を喜ばせようとする心意気に敬意を表して、「白目パン」と呼ぶことにしている。

※そして今日なお、それは確実に上達している。会う度に。

大概の人は彼の事を「ミウラパン」と呼んでいるようだし、彼自身も自己紹介をする場合「ミウラパンです」と名乗る。
毎日首や鞄にパンもぶらさがっている。
そしてたまに風呂敷に包まれたカゴにその日焼いたパンを入れていたりする。
しかし職業がパン屋であるわけでもなく、おそらくミュージシャンでもダンサーでもない。

「あの人は一見ヘンテツのない普通の会社員だが、実は夜の顔はスーパーチェンマイDJである」等、
「実は○○シリーズ」で言うところの○○には往々にして、ヒュ~と口笛を鳴らされがちな派手な固有名詞が入る事が多いが、
白目パンの場合、「実は“フリーター”」なのである。

一番興味深いのは彼のフェイスブックに載っているアー写である。
いわゆるアーティスト写真というものだ。
見た感じ、プロのカメラマンがスタジオで撮影している。
頭にはパン。
なぜなのか。
〈頭にパン〉の部分に疑問をもった訳ではなく、
なぜアーティスト写真があるのかというところである。

彼はフリーターである。

チェンマイ百万夏まつりの日にタロカリにはじめて現れた彼は、鞄の中から小さな楽器を出し、ピーと鳴らした。
そして次の楽器を出しポロロンと弾く。
そういえばそれらの楽器の中にはパンで作られた笛もあった。
それらを少し鳴らしては、次々と小さな楽器を出してくる。
無言で。
なぜ今突然楽器を出してひとつづつ鳴らしているのか、
なぜ祭りが終わって皆でダラダラとしているところにフラリとやって来たのか、
本人からはなんの説明もないが、タロカリーズもなかなか順応性に長けた変態が多く、そういった類いのアピールを上手に受け入れる事ができるため、
いつの間にか仲間になっていた。
そして三度目に会ったときには気づいたらタロカリでアルバイトをしてくれていた。

大きなリュックの中身は楽器と雨具。

あと今わかっていることは、

・真面目であること
・アンダーウェアはふんどし
・けん玉の下手さ

くらいである。


いくつかの〈なぜ〉がたまに頭の隅をかすめるが、
割とそんなことはどうでも良く、
いじられ上手な彼が少しづつタロカリーズに馴染んでいく様を見守っている今日この頃です。

 

そして今夜も白目パンがそうめん流しのエンターテイナーとしてタロカリでアルバイトをしてくれます。

チェンマイ。

 

 

2014 / 08 / 28
23:06

本日の入店拒否

タロカリの平和を守るため、

泥酔者は容赦なくことわります。

 

「コーヒーのびだかっだのに‘‘~」て言うてました。

 

入れませんでしたけども。
また来てちょんまげ。

2014 / 08 / 25
04:48

プロポーズ大作戦

タロカリでプロポーズしたいって聞いてですね、
なんとかなるやろ精神で成り立っているわたくしも今回はソワソワしっぱなしで。

 

大成功で終了。

カリスマ店長なりのせいいっぱいでおもてなし。
たくさん勉強になったし、
おかげさまで最高の時間を共有させてもらいました。

仲間って最高やね。
友達っていいね。

その時は茶々をいれる(愛の声援)のがおかしくて笑いっぱなしでしたが、
皆を見送った後、
今日バイトしてくれた知恵袋のチエちゃんと動画見てたら、もう、号泣。

 

たまらん。

 

動画の中には、
緊張しながら一生懸命言葉を紡ぐ彼と、
びっくりしたのと感動したので声をあげて泣く彼女と、
心から、全力でお祝いする仲間たちと、
背景はタロカリ。

こんな一世一代の舞台、うちのお店を選んでくれたったいねー。
そう思ったら込み上げるものがありまして。

この仕事、もしかしたら最高かもしれん。とか。

 

たまらん毎日に感謝。

 

今日の1日もほんとにスーパーチェンマイ。
最高の2人と仲間たちに乾杯。

 

https://www.facebook.com/video.php?v=741116769294483&set=vb.144728222266677&type=3&theater

2014 / 08 / 25
01:02

友利花さんLIVE

ある日、「HPを見て」という事でライブのお問い合わせがありました。

 

どうやら福岡のカフェで検索してたまたまタロカリを見つけてくださったそうで、

お店の名前と雰囲気がかわいくてお願いしたいとの事で

そんな事ってあまりなくて、とても嬉しかったのです。

 

お名前と仮予約だけもらっていたのですが、

後に送ってもらった詳細を見ると、どうやらアニメの声優を長くされていた方のようで。

 

これはーーーー。

 

東京で活動されているとはいえ、きっとコアなファンの方々が多いはずだと察知いたしました。

数あるカフェの中から選んでいただいたので喜んでお受けしたいのは山々でしたが、

うちのお店が狭くてそんなにお客様をご案内できないことを伝えて、

他に雰囲気のある規模の大きい喫茶店も紹介しましたが、

「福岡で開催するのが初めてでどのくらいお客様を呼べるかわかりませんし・・・」との事。

 

いやいやご謙遜を・・・。という思いを抱えつつ、

いざ予約開始になってみたら即日完売で。

 

ほら、やっぱり。

 

きっとそう。見たい人いっぱいいるはずですから。

結論、2DAYSの開催となり解決。

 

これまで声優さんをされてた方にライブをしてもらうって事がなかったし、

ずいぶん前からご予約と相談を頂いていたので、もう楽しみすぎて。

 

そして当日を迎えてそれはそれは大きなカルチャーショックを受けた店長です。

初めてお会いした友利花さんは、細くて華奢で繊細な方でしたが

ステージがはじまったとたんに、ザ・アイドル。かわゆす。

お客さまも全身全霊ライブに集中。一心不乱とはこのことなのですね。

 

店長は特等席から新しい文化を取り入れました。

新しい発見と魅力が多すぎて、こんどコミケとやらに行ってみようと思った次第です。

 

ステージをこなし、

ライブが終わった後もお客さまひとりひとりとお話を。

 

すごくパワフルだなーと思って羨望の眼差しを送っておりましたけども、

実は同世代という事がわかり、一気に親近感。

 

たまたま貸切やイベントが次々に入っていたタイミングでの今回のライブだったので

どうもバタバタしてしまっていて落ち着かない感じだったのですが、

もっとゆっくりお疲れビールで乾杯でもしながらお話したかったなーと心残りです。

またお逢いする機会がありますように。

 

あー、たのしかった!!!

 

2014 / 08 / 20
23:07

チェンマイ百万夏まつり

 

仲良しのお店も数店なくなっちゃって気分も萎えてたし、

うまく時間を使えず余裕がない日々を送り、なんだか後回しにしてしまっていたのですが、

今年は奥大名の夏まつりしないんですか?って言ってくれる人たちが多くて

背中を押してもらったので、今年も夏まつりをすることに。

 

急に決めたので、他の店舗を誘うのには計画不足。

タロカリで夏まつりを開いて、そこに各々協力してもらうことにしました。

 

メインは人間射的。

タロカリーズのパーティーアニマル代表だーしもを的にするという名案。

きっとみんなが狙いがちなところはココだと的をしぼって(←射的だけに!!)当たったら音の鳴る仕掛けをつけさせました。

 

 

 

今回のタイトル、「チェンマイ百万夏まつり」に関しては、

北九州の《わっしょい百万夏祭り》と耳障りが一緒だなと思ってピンときたのでパクりました。

パクりました。

パクりました。

 

そしたら、希帆ちゃんからメールで

スマホでコピペしようとチェンマイ百万夏祭りをGoogle検索したら関連キーワードに実際にチェンマイなんとか祭りが多くてうけました(笑)」

という報告。

むちゃくちゃおもろい。

 

 

 

 

 

タロカリで出店してくれた方々もお馴染みタロカリーズなどなどで。

改めてうちにきてくれているお客さんたちは特技を持った人が多いというか自由業が多いというか変わった人が多いというか。

手相占い・マッサージ・ハンドメイド雑貨・お菓子屋さん・BBQやさん・・・やらやら

出店者だけでもうすでに賑やかでした。

射的の景品に奥大名のご近所のお店から景品などをいただきまして、

射的もするたんびに大盛り上がりでした。

 

わざわざ浴衣を着て遊びに来てくれた人たちもたくさんいて、

そうめん流しもみんなで遊んでくれて、

特別ゲストによる音楽の時間もそれはそれはナイスタイムでゆらゆらと心地良く。

歌い手さんたちのCDもまぁまぁ売れたようでハッピーですし、

なにより参加してくれたみんなが楽しそうで、店長は今回も大満足。

 

想像通りの時間のルーズさ・射的の時の一致団結感・音楽のちから・そうめん流しの楽しみ方・お酒の力なしのゴキゲン度・知らない人同士が友達になる奇跡・帰り際に楽しかったー!て言ってもらえること・すべてがチェンマイレス。

 

この夜、世界中のどこよりも
「チェンマイ」と言いまくったのは、タロカリでした。

 

チェンマイがなにかって質問はナンセンスですよ。

はーい、チェンマイ。

1
Today's Schedule