インフォメーション

2022-09-23 05:00:00

東洋製缶は、リサイクルできる飲料用アルミカップを販売開始する

イベントなどでの使用を想定する

脱プラの要請を受けて、海外ではペットボトルに代わってアルミ缶の需要が高まっている

 

主にスポーツ観戦などを想定し、容量は540CC

アルミをボーキサイトから作ると、地金1トン製造するのに、なんとCO2排出量は9.24トンにも及ぶ

⇒そりゃ温暖化するわな。。。

しかしながら一回溶解したアルミを再溶解するには、上記の3%ほどの排出量で済むので、環境負荷を抑えられる

 

販売価格は明らかにしていないが、紙や樹脂製カップより高くなる見込み

アルミを使ったスキンケア容器、サプリメント袋など脱プラが進む

アルミ需要は昨年比較で1割以上高まっており、環境負荷低減が進むのは確実

 

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる