インフォメーション

2022-09-19 05:00:00

ヤマト運輸は、UR賃貸住宅に住む高齢者向けに見守りサービスを開始する

通信機能を備える電球を使うという

24時間以上操作がない場合、親族や知人など予め登録した連絡先に異常を知らせるメールを送る

利用料は1078円/年  

 

もともと2021年に同じサービスを始めたが、今回UR向けにも展開する

異常を知らせるメールは、ヤマト運輸の近隣営業所にも届く

関係者が高齢者宅に行けない場合には、ヤマト運輸のスタッフが代理訪問する

これまで2000件の申し込みがあったという

 

これはいい記事だと思う

当社でも賃貸住宅を展開している⇒(そんなに大げさなものでもないが。。。。)が、高齢者の入居希望は多い

当社は、生活弱者を優先的に入居してもらう用の部屋も用意してあり、国交省に届け出もしている

 

しかし心配なのは孤独死である。いくら身元保証人の方がおられるとは言え毎日見に来る訳にもいかない

毎月1000円余りで、その心配事から解放されるのであれば、お買い得なサービスであると思う

 

見守りサービス「クロネコ見守りサービスハローライト訪問プラン」 | ヤマト運輸 クロネコ見守りサービス申込サイト (kuronekoyamato.co.jp)

 

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる