インフォメーション

2022-09-18 05:00:00

 

米国の高級衣料大手のラルフローレンの株価が底入れしている。

6月中旬の底値から20%ほど高くなり、100ドルを突破した。

好調の要因は

・世界中で、高所得者の購買意欲は堅調なこと

・商品を定価で買うことが多い若年層をターゲットにしたブランド展開

・コロナ禍のなかでのEC展開

の3点

 

高級アパレルは必需品ではないため可処分所得が減少すれば需要が落ち込むと多くのアナリストが予想していたのだが、それを覆した形

 

今後のAIによる予想でも、向こう5年間売上高は堅調に推移する見込み

2022年度は、原料高で利益率は低下する見込みだが、その後は回復する予測が立っている

 

ブランド力の高さが消費者を引き付けておりさらなる成長が期待される

 

私は、京都のデパートかアウトレット店しかラルフローレンは行ったことがないが、ほぼいつもお客さんがいる。

お値段はかなり高い。ワークマンやユニクロで買うのが慣れているとなかなか手が出ない価格帯ではある。

しかし自分で着るのはともかく、贈答等で買うなら、ラルフローレンは、手の届くブランドであり、贈っても喜ばれる。

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる