インフォメーション

2022-08-06 05:00:00

LCCとはローコストキャリアの略

サービスを簡素にして格安料金を強みとする航空会社を指す

従来型のフルサービスキャリアはFSCと呼ぶ

 

ボーイング737やエアバスA320などの小型機に統一している

日本では2012年にANA傘下のピーチが誕生している

当初は歩いて歩いてやっと乗れるという話だったが、現在では専用ターミナルも用意されている

 

LCCの日本国内シェアは2割程度

米国は3割、欧州は4割まで伸びており、日本国内での伸びしろはまだまだある

しかしながら国内便数が変わらなければ、LCCが伸びれば、FSCがその分減るというカニバリゼーション(食い合い)も起こる

判断が微妙なところだが、大手航空会社が子会社を使ってLCCを伸ばさなければ、他社のLCCにシェアを食われるだけともなる

ということで、流れはLCC化にある

先日もJALが出向者3000人という記事があったが、こういう背景がある

 

 

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる