Welcome

インフォメーション

2022-06-18 05:00:00

ロシアや中国がなぜこんなに攻撃的なのか?との分析があったので紹介する

その一番の理由は、国力の衰退、人口の減少に対する恐れである

一番、大国が攻撃的になるのは、自信満々で着実に台頭している時ではない。

成長してきたが、今後の目標が達成できなくなると恐れた時に、無謀なリスクをいとわなくなる

これで 衰退する大国のわな と呼ぶ

事例

第一次世界大戦のドイツ軍

太平洋戦争の日本軍

などである

現在の中国は、実は、コロナ前に成長のピークを過ぎていた

習近平主席が、10年、20年後の中国を想定した際に、廻りを敵に囲まれた状態になっていると予想したら、今のうちに周辺国を軍事力でコントロールしておいた方が良い

と考えてもおかしくない

その延長線上に、香港があり、台湾がある

そう考えると、わざわざ米国大統領が日本に来て、台湾問題のことを日本であれほど言うわけがないと思う

事態は予想以上に進んでいるのかもしれない

 

またロシアは、2008年頃から経済が衰退に向かっている

このままでは、衰退しかないと考えたプーチン大統領が、今のうちに周辺国をコントロールできる状態にしておこうと考えるのも理に適う

 

以上は、アメリカ ジョンズポプキンス大 ハルブランズ教授の推察である


誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる