管理会計設計・補助金申請は
「滋賀経営コンサル」へ 
補助金活用し「あなたの夢を実現します」
滋賀県で唯一、地元地銀出身の中小企業診断士事務所です

代表の成宮康宏は「中小企業診断士」の他「宅地建物取引士」「賃貸不動
産経営管理士」「各種FP資格」の国家資格を有しています。
地銀支店長歴10年の経験を活かし事業計画&補助金申請&金融アドバイス
一体となったコンサルが提供できます。

 0749-50-6998
お問い合わせ

インフォメーション

2022 / 05 / 16  05:00

週休3日制の利用意向アンケート

マイナビでは、正社員男女800名を対象に、週休3日制の利用意向についてアンケートをとった

私は、週休3日制となっても、給与が減らないものと思っていたが、やはりそんな、社員側の考えは甘く、会社側としては、いろいろな策を検討しているとのこと

 

1.勤務日数に合わせて、給与も減少するパターン

現在週5日労働を週4日とするなら、単純に20%の給与を削減する案

  利用したい人は21%

 

2.一日の労働時間が増えて、収入は同じパターン

同上の条件なら、一日あたりの労働時間は、25%も増える

9時5時勤務が、8時18時の10時間勤務超となってしまう

 利用したい人は43%

 

3.勤務日数が減っても収入は同じ 

 利用したい人は80%

となっている

 

そりゃ3の、週休三日制となって、給与が同じなら誰でも利用したい

私の、現役時代の会社でも、職種によって労働時間は大幅に変わってくる

事務をこなす量が変わらないのなら、週休3日にすると相当に残業が増える

一方で、店頭顧客の来店数によって業務量が変わる職場は、一時的には混乱するだろうが、それほど残業も増えないだろう

しかしながら、肝心かなめの営業職は変わってくる。相手も週休3日なら理解も得られようが、こっちだけ、「週休3日になったので、、、、」と説明しても、理解してもらえるとは思えない

またクレームや緊急対応窓口なども、週休3日制になると、よけいに混乱を増幅させる懸念もある

 

ということで、週休3日制を導入しようと思ったら、まずは官庁からやってもらう方がいい

それの方がお客様の理解を得やすいとは思う

しかし、それが市民の理解を得られるかどうかは微妙ではある・・・

 

 

2024.06.16 Sunday