管理会計設計・補助金申請は
「滋賀経営コンサル」へ 
補助金活用し「あなたの夢を実現します」
滋賀県で唯一、地元地銀出身の中小企業診断士事務所です

代表の成宮康宏は「中小企業診断士」の他「宅地建物取引士」「賃貸不動
産経営管理士」「各種FP資格」の国家資格を有しています。
地銀支店長歴10年の経験を活かし事業計画&補助金申請&金融アドバイス
一体となったコンサルが提供できます。

 0749-50-6998
お問い合わせ

インフォメーション

2023 / 11 / 02  05:00

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金の電子申請システムについて Vol1

第16次ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金のオンライン申請について陥り易いミスについて記載します。

事業計画書その1,その2、その3のPDFファイル名には 最後部に 事業者名を記載しないといけません。

ちなみに誓約書や決算書なども同じく、PDFファイル名に事業者名を記載する必要があります。 

オンライン申請する前に公募要領P29をよく読みましょう!!

 

オンライン申請に添付するのは、事業計画書その1,その2は合体して添付。事業計画書その3は単独での添付となります。

事業計画書は10ページ以内にまとめる必要があります。

少し冗長に書いたり、写真のレイアウトを間違うとすぐに10ページを超えてしまいます。

申請書内に定められた記載内容をもれなく、簡潔に記載するのはかなり大変です。

文章力はもちろんなのですが、ワードやエクセルを使いこなせないと申請書はまず無理です。

さて本題なのですが、貴重な10ページですので、その1,その2は8~9ページ、その3は2~1ページに記載した方がいいです。

その1,その2で9枚+@を使ってしまうとその3は書けなくなります。

無理したらその3は1ページで記載できますが、1ページをフルに使うことになりますので、できればその1,その2は8ページ、その3は2ページで書き上げるのがベターと思います。

 

 

2024.05.25 Saturday