管理会計設計・補助金申請は
「滋賀経営コンサル」へ 
補助金活用し「あなたの夢を実現します」
滋賀県で唯一、地元地銀出身の中小企業診断士事務所です

代表の成宮康宏は「中小企業診断士」の他「宅地建物取引士」「賃貸不動
産経営管理士」「各種FP資格」の国家資格を有しています。
地銀支店長歴10年の経験を活かし事業計画&補助金申請&金融アドバイス
一体となったコンサルが提供できます。

 0749-50-6998
お問い合わせ

インフォメーション

2021 / 12 / 27  07:00

首都圏マンション活況 なんと年収の19倍の価格!!

首都圏の新築マンション市場が活況を呈しています。

発売戸数が2022年は、21年より4.6%増の34000戸になるとのこと。

びっくりなのが、その価格

平均価格は8327万円で20年前より2000万円も上昇しています

しかしながら一般的な会社員の平均賃金は、433万円

ということで、年収の19倍

絶対にローンなど返せない水準です。

住宅ローンでは最大でも年収の6倍が限度。しかもある程度の年収があってのことです。通常は4倍から5倍。

5倍を超えると、返済が大変厳しくなります。

若い世代の方は、ほとんど自己資金なくローンを組まれるケースもあり、残念な結果になることも多かったと記憶しています。

蛇足ですが、実は東京のマンションは世界的に見れば高くはないのです。

東京を100とした場合、香港は211,ロンドン181の指数です

ということは香港のマンションは2億円弱になるの??すごい価格ですね。

さてそんな高値の花の東京マンションなんですが、懸念材料があと2点

1.あまりに高くなりすぎて、面積が狭くなっています

2.資材価格が高騰して、来年以降も値下がりする要因が見当たらない

 

1は、素人でもわかるようなテクニック。分量を少なくして少しでも安く見せようとしている

2は、企業努力を超える問題

 

滋賀県人にとっては、草津や大津のマンションが高値が続いているとのことで、買うならまずそちらの方ですかね・・

←とても私には買える金額ではないです。ほとんど新築が発売されないので、今や中古価格の方が新築価格を上回っています。

5000万円弱もするそうですよ。

 

2024.05.19 Sunday