Welcome

インフォメーション

2022-01-15 05:00:00

ロレックスと言えば、スイスの超高級時計

この時計を買いに200回リアル店舗に通って、やっと買えた人もいるし、運悪く変えなかった人もいる。

店員によると、ロレックスを求めに平日で200人、土日で300人が来店するとのこと

 

普及品は60万から100万円で、この値段なら、なんとかサラリーマンでも買えると記事には記載してある(私には無理ですが。。)

運よく買えた人の情報によると、実際に古いものでもよいので、ロレックスをはめて買いにいくのだとのこと

店員に「実際に大事に時計をつかってくれる」と思わせると人気モデルを取り置きしておいてくれることもあったとのこと

 

ちょっと待って!! ロレックスを買えないから数百回も通っているんだけど・・・

 

さておき、店員に認められなければ、買えないほど人気があるのが今のロレックスということ

なぜ人気があるのかというと、金融商品になっているからである

すぐに売れる、値段は落ちないし、おそらく上昇するという思考が働いている

 

一時期うさん臭い税理士達が、「フェラーリ」を金融商品として買えば節税になるともてはやしたが、税務当局からは否認されている

桁は一桁違うが、それに近いものなのだろう

 

新型コロナの影響で、あのルイビトンでさえ、通販に力を入れているが、ロレックスの戦略は真逆である

・リアル店舗でしか買えない

・常に品不足

・情報発信は少ない

などである

 

しかしながらこの超人気ぶり

 

恥ずかしながら、私はロレックスの店舗には入ったことさえない。普通のカジュアルな服装で入っても多分店員さんから挨拶もしてもらえない感じもする

大阪や名古屋にあるのであれば、一度は訪れてみたい

 

 


誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる