石井整骨院

志木市で整骨・接骨なら、志木・石井整骨院へ。
診療時間
午前9:00~12:00 午後14:00~19:00
休診日
木曜日の午後、日曜は休診です
土曜日の午後は17:00までとなります



2024.06.19 Wednesday

日記

2024-03-25 14:59:00

現代日本人は「交感神経優位」の人が圧倒的多数

 

現代日本に生きる人は、自律神経のバランス

が乱れた人ばかりです。

 

なかでも、「副交感神経が低く交感神経優位

になっている人」が圧倒的多数です。

 

この副交感神経の低下=交感神経優位が

なぜよくないかというと、交感神経優位に

なると、血液の流れ(血流)が悪くなり、

免疫力も体力も低下し、さまざまな病気に

かかりやすい状態になってしまいます。

 

血液がドロドロになり、臓器の働きも悪く

なり、いわゆる成人病や生活習慣病を

どんどん招いてしまいます。

 

自律神経のバランスにとってストレスは

最大の敵ですが、現代社会において、

まったくストレスを感じずに生きるという

ことは、きわめて難しいことです。

 

満員電車の中で人混みにもまれ、生き残り

競争の中でしのぎを削り、あふれる情報に

振り回され…

 

朝起きてから夜寝るまで、現代社会は

「交感神経ばかりを刺激し、副交感神経の

働きを下げる」

要因に満ちています。

 

しかも、副交感神経の働きは、

男性で35歳、女性で40歳をめどにガクン

と下がりますので、ますます交感神経優位

の人が増えてしまうのです。

 

女性でいえば、更年期障害の症状が40歳

を過ぎた頃にいちばん多く現れるという

のも、40歳をめどに副交感神経の働きが

ガクンと下がり、それまで整っていた

自律神経のバランスが乱れたことが

要因だと言えます。

2024-03-25 14:02:00

健康寿命が長い人の特徴は?

 

アメリカ心臓協会の学会誌

サーキュレーションに発表された

日本疫学調査チームによる研究結果…

 

Screenshot_20240325-093311.png

 

答えは…

 

①何事にも楽しみを見つけること

2024-03-25 12:10:00

患者様の喜びの声

 

PXL_20240325_031015967.jpg

 

◆65歳 女性

 

【自律神経の乱れによる腰痛・肩こり・

全身の疲れ】

 

 

◆どのような症状やお悩みがありましたか?

 

腰痛・肩こり・全身の疲れ

 

 

◆施術を受けて、どのような変化や改善が

ありましたか?

 

施術を受ける前、重たい石を背中に背負って

いる様な全身が重たく、歩くのも辛かった。

 

施術後、背中から石をおろした様な、

全身が軽くなり、気持ちまで明るくなり

ました。

 

本当に助かりました。

 

 

◆同じようなお悩みの方へメッセージを

お願いします。

 

石井先生に出会ってから、ぎっくり腰、

捻挫などを治して頂きました。

 

先生のところへ行けば大丈夫という安心感

があり、いつも丁寧に診て下さり、施術を

受けている時、色々な話しをしたりして

自分の悩みまで聞いて頂き、いつも心身

ともに救われています。

 

・ウォーターベッドもおすすめです。

(全身がほぐれます)

 

・先生とのお話しも楽しく気持ちまで

明るくなります。

2024-03-25 10:20:00

辛い食べ物は死亡リスクが上がる?下がる?

 

中国で大規模に疫学調査を行う、チャイナ

・カドーリエ・バイオバンクで調査した

結果、食生活で死亡リスクが下がるのは?

 

Screenshot_20240325-093243.png

 

 

答えは…

 

③辛いのを週3回食べる

 

辛い食事を摂っている人は、あまり摂らない

人に比べて死亡リスクが有意に低下する!

 

一般的に「辛いものの摂りすぎは体に悪い」

というイメージがあるが、それを覆す研究

結果が出ているので紹介します。

 

 

中国で環境と生活習慣病などの疫学調査を

代に行う「チャイナ・カドーリエ・バイオ

バンク」で、北京大学などの中国の研究者

と、米国ハーバード大学や英国のオックス

フォード大学の研究者が共同で行った、

辛い食事の頻度と死亡リスクに関する研究

約48万人の中国人男女の食事に関して、

平均7年におよび追跡調査しました。

 

週に1〜2回辛い食事をとる習慣のある人は

週1回未満の人に比べて、死亡リスクが10%

低下しました。

 

週に3回以上辛い食事をとる人では14%低下

 

「コンスタントに辛い食事をしているほう

が長生きする可能性がある」という結果が

でました。

 

 

【なぜ辛い食品は健康にいいの?】

 

カプサイシン(唐辛子)というファイト

ケミカル(植物由来の化学成分)を摂取

        ↓

中枢神経が刺激されてアドレナリンが分泌

        ↓

発汗、脂肪エネルギー代謝の促進、血行促進

内臓機能が活発、免疫力の向上、食欲増進

抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用、

降圧作用、腸内細菌叢の調整作用

 

 

【辛い食品の摂りすぎはどうなの?】

 

カプサイシンを摂取すると胃粘膜を保護

する作用が働くが、過剰摂取すると逆に

粘膜を荒らしてしまう。

 

◆カプサイシンを摂取してはダメなケース

 

・炎症がある人

 

→特に気管支や消化器官に炎症がある人

→わさびや生姜、山椒はOK!

2024-03-25 05:05:00

自律神経が整うスクワット

 

◆スクワットは正しい姿勢で

 

かがむ動作を繰り返すスクワットは、

手軽にできる運動の一つです。

 

このスクワットは自律神経のバランスを

整えるためにも非常に効果的です。

 

もともとは足腰を鍛え、下半身を引き締める

ことを目的に行う運動ですが、同時に下半身

のポンプ機能が促進され、全身に血液が

スムーズに流れるようになり、血流がぐん

とよくなるのです。

 

さらに、ゆっくり深く呼吸をしながら行う

ことで、副交感神経を活性化することも

できます。

 

ポイントは…

 

①朝と夜に毎日行う(朝と晩20回ずつ)

 

②深く呼吸しながら行い、腰の上げ下げ

は各4秒

 

③痛みを感じたらすぐにやめる

 

 

◆正しいフォームで行うことも重要

 

間違ったフォームで続けていると十分な

効果が得られず、足腰に負担がかかりケガ

や痛みの原因となる可能性も。

 

 

【正しいフォーム】

 

・深い呼吸を続ける

・背筋をまっすぐ

・重心はおしり

・膝はつま先より出さない

・かかとをしっかりつける

 

最も気をつける点は、常に上半身をまっすぐ

に保つこと。

 

体が前傾すると肺が圧迫され、深い呼吸が

できなくなるからです。

 

 

◆自律神経の安定だけじゃない「スクワット

の恩恵がすごい

 

正しいフォームでスクワットを行うと、

全身の筋肉を使って効率よく全身の筋肉が

鍛えられます。

 

【歯を食いしばる】

・認知症の予防

 

【大腰筋が鍛えられる】

・腰痛やぎっくり腰を防ぐ

 

【筋肉量が増える】

・若々しくなる

・基礎代謝が上がり痩せやすくなる

 

【血流がよくなる】

・肩こり、首こりの改善

・冷え性の改善

・脳梗塞、糖尿病のリスクを下げる

・頭痛の改善

 

【腸が動く

・便秘改善

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...