石井整骨院

志木市で整骨・接骨なら、志木・石井整骨院へ。
診療時間
午前9:00~12:00 午後14:00~19:00
休診日
木曜日の午後、日曜は休診です
土曜日の午後は17:00までとなります



2024.06.19 Wednesday

日記

2024-04-09 10:19:00

「ひざの裏が痛い」ときの神経ケア

 

◆ひざの裏が痛いって?

それなら「しつかきん」ケアがおすすめ

 

ひざを鏡で見て太ももの外側、ひざ下が

内側にねじれていたり、ひざが後ろに

凹んでいる(反張膝)場合はこの筋肉が短縮

しています。

 

正しいフォームでケアしないと違う筋肉を

刺激するのでゆっくり丁寧にしましょう。

 

詳しいやり方は…

 

 

 

【膝窩筋(しつかきん)】

 Screenshot_20240409-101928.png

 

◆役割

 

・太ももを外にねじる

 

・ひざから下を内にねじる

 

・ひざを曲げた時に半月板を引く

 

・ひざの後ろを安定

 

◆内臓

 

・胆のう

 

◆栄養

 

・ビタミンA

 

 

【正しいやり方】

 

①座って足をぶらり

 

②片方のひざの少し下に手を置く

 

③②の状態で足を内に向ける

 

④他の足で外方向に押す

 

⑤④に抵抗する

 

⑥10回✕1セット

 

【活性化】

 

・足の薬指を10秒もんだあとにケアを

すると効果的

 

 

2024-04-09 10:09:00

「腎臓の数値が悪い」ときの神経ケア

 

◆腎臓の数値が悪いって?

それなら「ちょうこつきん」ケアがおすすめ

 

この筋肉は骨盤の内側から股関節について

いて、

 

「腰痛」「股関節痛」「腎臓疲れ」に

効果があります。

 

ビタミンA・Eが不足しても弱るので、

要注意。

 

体がかたいと太ももの裏がパツパツに

張りますが、ケアしていきましょう。

 

やり方は…

 

 

【腸骨筋(ちょうこつきん)

 Screenshot_20240409-101655.png

 

◆役割

 

・股関節を曲げる

 

・股関節をやや外に回旋

 

◆内臓

 

・腎臓

 

◆栄養

 

・ビタミンA・E

 

【セルフケアの方法】

 

①あおむけ

 

②片方のひざを45度曲げる

 

③②の状態で股関節を深く曲げる

 

④足を斜め下に降ろす

 

⑤10回✕1セット

 

【活性化】

 

・足の小指を10秒もんだあとにケアを

すると効果的

2024-04-07 20:51:00

「腰痛がツライ」ときのケア

 

◆腰痛がツライときは「お腹のインナー

マッスル」ケアがおすすめ

 

「足のつまずき」「足のしびれ」

「股関節痛」にも効果があります。

 

腎臓が疲れたり、不安や恐れがあっても

この筋肉が弱くなります。

 

ぎっくり腰のときは、治療家が必ず調整

するポイントです。

 

予防のためにも普段からケアしていき

ましょう。

 

やり方は↓

 

【大腰筋】

 

Screenshot_20240407-203021.png

 

 

◆役割

 

・股関節を曲げる

 

・股関節をやや内に寄せる

 

・股関節をやや外に回旋

 

◆内臓

 

・腎臓

 

◆栄養

 

・ビタミンA・C

 

【セルフケアの方法】

 

①あおむけ

 

②片方の足を45度上げる

 

③②の状態でやや外に開く

 

④足を開いたまま斜め下におろす

 

⑤10回✕1セット

 

【活性化】

 

・足の小指を10秒もんだあとにケアを

すると効果的

 

2024-04-07 20:39:00

「イスに座って足を閉じるのがツライ」ときのケア

 

◆イスに座って足を閉じるのがツライ時は

「股閉じ筋」のケアがおすすめ

 

この筋は恥骨からひざの内側につくので、

足を閉じたり股関節やひざを曲げる時に

働きます。

 

腰痛や自律神経が乱れていると弱くなります。

 

正しくすればキツイけれど、効果的にケア

していきましょう。

 

やり方は↓

 

 

【薄筋】

 

Screenshot_20240407-203058.png

 

◆役割

 

・膝と股関節を曲げる

 

・太ももをうちに寄せる

 

◆内臓

 

・副腎

 

【セルフケアの方法】

 

①うつ伏せ

 

②片方のひざを45度曲げる

 

③②の状態でやや外方に開く

 

④太ももを内に回旋

 

⑤足を上に持ち上げる

 

⑥ひざだけ伸ばす

 

⑦10回✕1セット

 

【活性化】

 

・手の第2〜3指を10秒もんだあとにケアを

すると効果的

 

・この薄筋は腰の2〜4番の神経が支配して

いるので、腰をさすってからケアをしても

効果的

2024-04-01 15:48:00

「便秘で悩んでいる」ときの自律神経ケア

 

◆便秘のときは「ハムストリング筋」の

ケアがおすすめ

 

この筋肉は直腸と関係するから、弱ると

便秘や痔になりやすいです。

 

骨盤を後方に保てなくなるので反り腰にも

なります。

 

ハムストリングが痙攣する時は、

塩酸ベタイン(胃のph下げる)やカルシウム

が必要です。

 

 

【セルフケアの方法】

 

①ハムストリング筋群(全体)

 

→うつ伏せで足を内側に45度上げる

 

 

②外側ハムストリング筋(大腿二頭筋)

 

→うつ伏せで足を内側に45度上げる

 

 

③内側ハムストリング筋(半腱・半膜様筋)

 

→うつ伏せで足を外側に45度上げる

 

 

【活性化】

 

手の人差し指を10秒もんだ後にケアをすると

効果的です。

 

→東洋医学的に大腸とつながっている

 

また、ハムストリング筋が活性化して

力が入りやすくなります!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...