商工会からのお知らせ

2022 / 12 / 15  15:21

オミクロン株対応ワクチンの接種促進について

新型コロナウイルス感染症は、過去2年いずれも、年末年始に拡大しており、また、今冬については、季節性インフルエンザとの同時流行が懸念されるとの専門家の指摘もあります。9月から、オミクロン株対応ワクチンの接種を開始していますが、オミクロン株対応ワクチンの重症予防効果等は従来型ワクチンを上回ることや、今後の変異株に対してもより有効であることが期待されています。

こうしたことを踏まえ、年内にオミクロン株対応ワクチンの接種を進めることが非常に重要であり、希望する全ての対象者が年内に接種を受けられるよう、接種体制の確保や周知広報を行っているところですが、令和4年11月4日公表時点で、接種率は全人口の約6%となっているところです。

また、令和4年1021日から、最終接種からの接種間隔を、3ヶ月以上と短縮したところであり、本年9月までに、従来型ワクチンによる接種を受けた方も、年内にオミクロン株対応ワクチンの接種を受けることが可能となっています。

2023.02.01 Wednesday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる