NEW ARRIVALS (LITERATURE Ⅲ)

池波正太郎

 

「あいびき」  1991年

 

あいびき.jpg

 

  短編が12作収められています。

  どれをとっても今一つの出来・・・に思えます。

 まあ、忙しい方でしたのでやっつけ仕事したのかな?という感じが臭います。

  しかし、どの作品も「女」を主人公として取り上げ、色々なタイプの女に仕上げています。

 その辺の幅はさすがだなあ~、と感心。

 

  山口瞳さんのあとがきがいいですねえ。

 

 

 

 

 

阿部牧郎

 

「それぞれの最終章」  1987年 (昭和62年)

 

それぞれの最終章 阿部牧郎.jpg

 

    私小説だそうです。

   

   抑制のきいた文体で最後まで行きます。

   昭和の文学といいますか、そんな感じが終始漂います。

  文章にも時代があるのだなと思わせます。

   特に大事件が起きたりするわけではないので、盛り上がりに欠ける

 感じがあり、私的にはもうひとつ・・・でした。 

 が、昭和62年度の直木賞です!

 

 

 

 

 

東山彰良

 

「流」   2015年

 

東山彰良.jpg

 

 蒋介石の国民党が台湾に逃れた後、混沌とした

時代を生きた国民党の兵士の子孫が大陸と台湾の間で

揺れ動きながら、己の先祖の姿を追い求め、探り当てる

物語、小説です。

 

 

 まさに「流」というタイトル通りの流転物語です。厳しい現実が

解き明かされいきます。まるで本当にあった話であるかのように

話は進み、ページをめくる指は止まりません。

 

 本書で直木賞受賞だそうです! うなづけます、うむ、うむ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

門井慶喜

 

「竹島」    2012年

 

竹島 門井.jpg

 

 

 竹島に関する歴史や現実に関する書ではなく、全くの小説です。

 

 

 竹島の領土問題が読みようによっては日韓どちらの国にもに有利に読めるように

書かれた謎の古文書を持ち出して、日韓両国に「ほれ、この記述を見れば貴国の領土に間違いはない」

といってその書を買い取らせようとする愉快で痛快な男の話です。

 

 

 

 

帚木蓬生

 

「逃亡」                  1997年

 

帚木逃亡 .jpg

 

 2000枚の長編です。

 戦中、戦後の憲兵の逃亡、流転が綴られています。

 登場人物に天皇批判させるところが響きます。

 処刑、拷問のシーンが詳細に語られるところはきつい読書になります。

 国家に追われる元憲兵の戦犯がどうなるのかは最後の最後まで

分かりません。相当な読み応えです。

 

 柴田錬三郎賞受賞作品です。

 

 

 

 

 

 

嵐山光三郎 

 

「文人悪妻」   2007年

 

文人悪妻.jpg

 

 作家の妻、愛人など53人を集めたエッセイ集。

 

 

 「隣家の人妻はあぶない」

 「淋しき美貌夫人」

 「譲渡された人妻」

 「流浪する淫乱妻」

 「情事の果ての人妻」

 など、日活ロマンポルノのタイトルかと勘違いするような作品が並びます。

 

 まったく以て面白い読み物です。登場する人物(作家)が酔狂ですから

それに係る愛人、妻、妾、はそれと同様かそれ以上にたくましく、したたか

だったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Javier Cercas (スペイン人)

 

「サラミスの兵士たち」    2008年  宇野和美 訳

 

サラミスの兵士たち41o-4yVEYoL__AC_UY218_.jpg

 

  10年振りぐらいの再読。

  前回は何が何だかわかりませんでしたが、今回はこれは良いものかもしれないぞ、

 という感じが読み進むうちに徐々にしてきました。

 小説なのかドキュなのか判然としない感じが緊張感を持続させます。

 

 

  共和国陣営に義勇兵として参加したヘミングウェイを持ち出して「道化野郎!」と

吐き捨てるシーンにはビックリしました。

 

 

 

  24か国語に翻訳され、全世界で100万部売れたそうです!

 

 

 

 

 

 

 

堀田善衛

 

「バルセローナにて」  1989年

 

堀田善衛 バルセローナにて.jpg

 

 この方の博識には驚きます。

 

 若いころ堀田さんの「橋上幻像」 というのを読んだ際、

全く理解できなかったことが思い出されました。また挑戦したいとおもいます。

 そういえば「ゴア」という本も、積みっぱなしになっていたような気がします。

 

 コロナ禍、読書がはかどりますねえ、いいんでしょうか・・・

 

 

 

 

吉村昭

 

「桜田門外の変」  1990年

 

上桜田門外の変.jpg桜田門外の変 下.jpg

 

 50年も前に学校で習って、事件自体は聞いていましたが、中身は全く知らず、

これを読んで理解した次第です、とほほ。

 

 安政の大獄から桜田門外の変まで細かく記されていて、大変勉強になりました。

 殺された井伊大老ではなく、やる側水戸藩からの視線で書かれています。

 やり遂げた後の逃亡経路も克明に明かされていて、書く前の調査の苦労が

しのばれます。

 

 吉村作品はどれを読んでも大満足が得られますねえ。

 

 

 

 

 

 

 

小牟田康彦 編、訳、解説

 

「S・モームが薦めた米国短編」 2017年

 

モームが薦めた米国短編.jpg

 

 タイトルの通りです。モームが1930年代にアメリカで発表された短編小説の

中から、自身の薦める短編6編を選んだ書で、原著の初版は1943年です。

 原著には短編小説、評論、書簡、詩が153編詰め込まれていましたが、訳者が

短編小説6編を厳選し訳しました。

 

 スタインベック、フィツジェラルド、ヘミングウェイ、

フォークナー、バーコヴィッチ、ウォ―トンと、そうそうたるメンバーの

小品が並びます。どれもが凄味さえ覚える物語です。

 

 良いものを読んだなあ、という読後感。大満足。

 

 

 

 

司馬遼太郎

 

「愛蘭土紀行 Ⅰ & Ⅱ」  1993年

 

アイルランド 1.jpg2アイルランド .jpg

 

 「街道をゆく」 シリーズ全43巻 の第 31 & 32巻です。

 古書店で見つければ必ず買う、このシリーズ、どこからどれを読んでも

楽しめること請け合い。

 

 司馬さんがこのシリーズで海外を取り上げたのはほんの僅か。

 相当な入れ込みようだったのでしょう、二巻構成になっています。

 読み物として面白いのは勿論の事、歴史や国民性までよくわかる

物になっています。いつか行ってみたいと思わせる内容です。

 

 

 

 

 

楡 周平

 

「ターゲット」      2001年

 

楡周平.jpg

 

 コロナ禍真っ只中の現在にタイムリーな話でビックリしました。

 北朝鮮が日本の米軍基地7か所に細菌テロ、する話でした。

 

 楡さん、初めて読みましたが、この手の話にありがちな、

枝葉を広げていっていかにも込み入った犯罪を描こうとする

手法とは違って、幹の部分をただただ書き込みますねえ。ですので

幹が太くなる感じがします。

 

 長尺ものですが、一気に完読! 楽しみました。

 

 

 

 

角幡唯介

 

「冒険家、40歳の事情」  2016年

 

角幡唯介.jpg

 

 冒険家には文章が上手な方がたくさんいますねえ。

 角幡さんはもと新聞記者ですから、うまくて当たり前ですけど。

 内容も面白いです。途中で出てくる、2,3ページのエッセイも秀逸。

 いつまでも元気で冒険しながら楽しい話を聞かせていただきたいです。

                                 提供 そんちょ豊沢

 

 

 

 

 

ギ・ド・モーパッサン

 

「女の一生」  1883年   新庄 嘉章訳

 

女の一生.jpg

 

 何度読んでも、主人公のアホさ加減に腹が立ちます。

 特に取り立てて、凄い事件が起きるわけではなく、話は淡々

と進みます。アメリカのsoup opera的 といっても過言ではないくらいです。

 捨てられた家政婦が最後は帰ってきて、没落した主人公の世話をする逆転

人生。そしてその家政婦にモーパッサンは最後の一行を語らせます。そこは

作者的にはしてやったり!だったのではないでしょうか。

 

 

 

 フランス文学史に燦然と輝く一冊。でも、読みやすいです!

 

 

 

 

 

 

 

姫野カオルコ

 

「受難」   1997年

 

受難 姫野カオルコ.jpg

 

 

 直木賞候補作でした。が、私にはどうも合いませんでしたねえ。

 女性器に人面瘡が出来て、その瘡に人格(男性)があって、そこからものを食べ、

しゃべるといった設定でもう興ざめしてしまいました。小説ですので

何でもアリなんでしょうが私にはダメでした。ただ、ふたりが交わす会話は楽しめました。

 女性器の呼称、オマン〇が連発されますが、それも、

なんだかな~といった感想しかないですねえ。 

 

 この方の著書をもう一冊読んでみたいと思います。これが極端な作品なのかどうか

知りたいと思いました。

 

 

 

 

 

島本理生

 

「ナラタージュ」   2005年

 

ナラタージュ.jpg

 

 

 書評が絶賛の嵐だったので読みました。

 若い女性が書いたの恋愛小説を読むというところに

抵抗がありましたが、そこは勇気をもって!

 

 あまり、登場人物に素直に感情移入できませんでしたね。

 登場人物全員それぞれ、なんか中途半端な思考と行動に思いました。

 もっと激しい憎悪とか、ぶっ壊れる感じが欲しかったです。

 

 後に、直木賞をとっています。おめでとうございます。

 

 

 

 

 

松本清張

 

「点と線」  昭和33年     1958年

 

点と線.jpg

 

  はい、これは何度読んだでしょう。5回か6回目ですが、何度読んでも楽しめます。

  といいますか、ストーリーを忘れているので何度読んでも楽しいのでしょう。

  ↓ の柴錬さんの作品といい、この作品といいもはや日本の古典です。

  これはアリバイを崩していく犯罪物語です。今では飛行機という手段があるので

 これは・・・? と思わせるシーンがありますが、そこは頭を切り替えて、自分も昭和33年

 に戻ります。さすれば何度読んでも没頭できます。

 

  これは日本の推理小説の金字塔。

 

 

 

 

 

柴田錬三郎

 

「赤い影法師」    昭和35年 1960年

 

赤い影法師 2.jpg

 

 

 

 柴錬の代表作ですねえ、初めて読みましたが、おもしろい!

くのいちがまた色っぽい!忍者ものに「くのいち」は欠かせません。

 読むエンターテイメントですねえ。

 それにしても日本語がちょっと難しい。柴錬さんの言葉に対する姿勢が

感じられます。意味不明な日本語が続出。

 続編があるらしいですのでそちらもチェックしたいと思います。

 

 

 

 

William Faulkner

 

「八月の光」 加島祥造訳 1932年

 

八月の光 フォークナー.jpg

 

 アメリカ、ノーベル賞作家の長編。

 コロナ疎開中に思い切って読みました。

 想像していたほど難解ではなく、私の頭脳を以っても何とか

たどれる内容になっています。とはいっても、登場人物の持つ

人間性はなかなか複雑で、あそこまで書き落とすのはさすが、文豪。

 

 読み応え、相当ありますので、完読後の達成感大なり。

 

 

 

 

 

John Galsworthy  ゴールズワージー (イギリス人)

 

「林檎の木」 1916年

 

渡辺万里 訳

 

林檎の木.jpg

 

 1916年初版といいますから、今から100年以上も前の作品を

こうして読めるというのですから有難いものです。

 1932年にはノーベル文学賞を取ったゴールズワージーですが、

これを書いた当時は、第一次大戦真っ最中。

安穏として書き物ができる時代だったとは思えませんが、

芸術家、知識階級の人たちは特別だったのでしょうか。

 淡々としたリズムで書かれています。突飛な展開もありません。

風景描写も地味に水彩画的です。出自と階級の違いをやんわりと密かに

組み込んであるように感じました。

  99ページの小品です。初ゴールドワージーでした。

  

 二週間ほどあいだを空けて二度読んでみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Guillaume Musso  ギヨーム・ミュッソ

 

吉田恒雄 訳

 

「ブルックリンの少女」 2018年

 

ブルックリンの少女.jpg

 

 すご~い!  すっかり虜になってしまいました。

 フランス人です。自国で50万冊売ったそうです!

 アルザスの地図を脇に置きながら読みました。

 登場人物が増えてきて途中で訳が分からなくなりそうでしたが、

何とかぎりぎりついていけました。

 

 思わず、ギヨームさんの本、もう一冊ポチってしまいました。

 どうやら翻訳されていない著作もあるようです。読みたいですねえ。

 

 これ、傑作でしょう。                    提供 よしこさん