日記

2024-05-11 13:32:00

交流会でもやろうかと。

今年のGWに開催した

Healthy&Happyピクニック

IMG_4005.jpeg

 

IMG_4007.jpeg 

一緒に美味しいものを食べていると、やっぱり心もほころんで、参加者さん同士もお互いに打ち解けやすくなるのを実感♪

そんな中、こういう交流会的な機会をまたやろうかということになり。

お酒(ノンアルコール派のヒトも♪)も飲んで、美味しいもの食べて。

レッスン前後ではあまり話す機会がない参加者さん同士思い思いにおしゃべりしてもらったり。

もちろん、ワタシももっと皆さんとお話したいし、もっと皆さんのこと知りたい♡

 

と、いうワケで。

7月ごろにでも、予定したいなって思ってます。

ちょうど、メローヨガも8周年になるし。

 

今のところ、土曜日の夕方くらいを想定していますが。

ご意見、ご要望などいろいろ聞かせてください

「日曜日の方が都合がいい」

「土曜日なら参加できる」などなど

どの程度考慮できるかはアレですけど。

言いたいこと、リクエストあればとりあえずお知らせください(*‘∀‘)

2024-05-05 16:47:00

私たちはナイモノねだりが得意

いわゆるGWゴールデンウィークも終盤を迎えようとしています。

 

テレビなどのメディアを見ていると、人で溢れかえった観光地、高速道路を埋め尽くす動かない車 渋滞の状況が目に飛び込んできます。

会社の都合や仕事上、大型連休ではない人々は、7連休、10連休などの大型連休、いいなあと思ったり羨ましく思ったり。

 

大型連休がある職場に勤めている人々は、連休を使ってせっかくどこかへ出かけても、どこも混んで並ぶ時間がかかる、費用も高いと感じ。

かといって家に長い間いるのもなんだしなあ…。平日に休みの人が羨ましい、と思ったりします。

渋滞.png

 

仕事が忙しいと仕事したくないと思い。仕事が無くなったら仕事がある方が羨ましいと感じます。

 

そう。私たちは無い物ねだりが得意。得意中の得意とも言えるでしょう( ˘ω˘ )

 

手に入れてないものには意識が向く。手に入れたものはだんだん当たり前になりそれに慣れてしまうので、もはやそれに意識を払わない。

だから、ないものねだりが延々と、永遠と?終わらないですね。

 

 

人生を豊かなものにするために、いつも通り、皆さんには学びの時間やヨガの時間をこのGWにも取り入れてもらいたいなあと思い、イベントレッスンなどもご用意いたしました。

私自身も、この期間にオンライン・オフライン併せて、インプット、練習、自身のブラッシュアップ、知識のアップデートなどに充てる時間を設けました。

 

 

自身が受講したアーユルヴェーダドクターの講座から、印象に残っているエピソードをシェア。

 

ある男性は新しい車が欲しいと思いました。欲しくて欲しくてたまらず、念願の高級車をついに買いました!

念願だったものを買ったことで心が満たされ大満足! 心はhappyに。

 

ルンルンで自宅に帰ったら、妻から「その車の色、変よ」と言われました。

 

すると男性はそれが気になって、色を変えることしか考えられなくなり。

上がっていたテンションは下がり、気持ちが沈みます。さっきまでの幸福感は消え不幸になりました。

 

早速ディーラーに連絡したところ、「色は変えられますよ」と返事をもらい、またhappyに。幸福度がまた上がりました↑

「色は望み通りの色に変えられるけれども、費用が掛かりますよ」と言われ、またunhappyに。また気持ちが下がりました↓

 

心というものは、非常に忙しいものですね…。

 

このように欲望、欲しいものはいつまでも無くならない。欲しいもの・対象が移動するだけ。

新しい服を買って、一瞬満足しても。次はこれに合うアウターが欲しい、それに合わせる靴が欲しい…など次々と欲しくなった経験、ありませんか??

新しい車を買ったら、それに伴うバーツ類、オーディオ類、内装類・・・次々と欲しくなった経験、ありませんか?

 

心があちこちに動き回り。無いものへ意識が向かい、まだ手に入れていないモノ・欲しいものが次々と意識へ押し寄せる。

 

心はいつまでたっても落ち着きません。

『足るを知る』 という言葉のもつ重みが、ずっしりのしかかります。

 

今あるもの、持っているものに目を向ける という行為は意識して行わないと、素通りしてしまいがちなものなんですね。

 

 

アーユルヴェーダドクターは、幸せと平穏な心についても言及していました。

 

「happiness means peaceful mind」

 

幸せとはすなわち、平穏な心である、と。幸福感は、心が静まったからこそ訪れる、と。

 

平和.png

 

 

連休、GW、慌ただしく過ごした方は明日、ほんのひと時でも心休まる時間が持てると良いですね。

いつも通り、仕事や家事で追われていた方も。寝る前に、ほんのひと時、心休まる時間を設けると良いですね。

2024-01-20 22:30:00

ヨガとは? 案外シンプル!?でもそれが難しい。

昨年から実行しようと思っていながらできなかったこと、ブログのお引越し を今年は実行に移そうかと思います。

これまで気ままに更新していたアメブロは休止して。

HP内にあるこちらのブログに、時おり綴っていこうかと思っています。気ままに更新するブログには変わりませんが。

 

下書き保存の日時が2023年の10月。それからずっと実行に移せずにいました。ダメな私…。

思いついたこと、学んだこと、自分の葛藤などなど気負わずアウトプットすればいいと、言い聞かせながら新しい年になってようやく!!

 

そんな記念すべき!?こちらのブログ初投稿のテーマは。

改めて、【ヨガ】とはどんなものか ということについて。

ヨガの代表的な経典に書かれている言葉を借りてみます。

 

日本ではヨガの経典として、インドではインド思想(特にヒンドゥー教)の代表的な経典として知られているものに、「バガヴァッド ギータ」という書物があります。書物というか、正確には書物の一部ということになります。(マハーバーラタと呼ばれる10万節からなる巨大な書物の一部)

 

書物と花.png

 

そのバガヴァッド ギーターに綴られている言葉を借りると、

「ヨガとは暴食することでも 極端に食を切り詰めて飢え死にすることでもない。 また眠りすぎることでも全く眠らないことでもない。 適度な食事と休息をとり仕事をし 眠り目覚めることによってヨガは苦しみと悲しみを追い払うことができる。」

 

ヨガをこんな風に説明している一節があります。こんなシンプルな表現もあるんだな、と改めて学びました。

 

ヨガは食べ過ぎたり食べなさ過ぎたり、眠り過ぎたり眠らなさ過ぎたりする人のためにあるのではないと言っています。

適宜の食事と休息を取ること、定期的な鍛錬すること、眠っている時間と起きている時間の正しいバランスを取ることによって、ヨガはあらゆる 痛みと悲しみを取り除くと述べています。

 

しかしながら様々な、バランスを考慮して生活していく ということが簡単なようで簡単ではないのですよね。

人によってもそのバランスの良しあし、どの程度が最適か、優先順位もろもろ違いますしね。これは体に良くないと分かっちゃいるけどやめられないもの・行動もあったりしますしね…汗

 

でも。我々の永遠の課題である健康、心身のバランス、心の平穏、などを意識したいのであれば。このシンプルなことをとことん、自分にとって最適なバランスに調整していくことが必要となるのでしょう。

 

ヨガの練習については、やり過ぎも良くないが、練習から離れ過ぎない姿勢も持ち続けていたい。

 

この日記・ブログは。決して上から目線で何かを教えるというスタンスではなく。

 

ダメな私自身が常々、学んでは忘れ、学び直してはまた忘れ…(;'∀') を繰り返しながら。良い教えや真理を学びながらも、必ずしもその通りにはいかない心のもどかしさや葛藤などを抱えながら。

少しでも自分らしく、自分が納得いくように生きていきたいと、50歳を間近にまだまだ人生をもがきつつ、学んだことなどをシェアできればと思っています。

 

芽.png

 

 

※バガヴァッドギータに興味をもった方へ 補足説明

「神の詩」とも呼ばれているギータは、『マハーバーラタ』と呼ばれる10万節からなる巨大な書物の一部。

 

荒れた時代を救うために人間として生まれてきた神クリシュナが、戦乱の中で生きるアルジュナに世界の仕組みを説くシーンを抜粋したものがギータ。

作者は『ヴェーダ』を書いたことでも有名な聖者ヴィヤーサ。

『マハーバーラタ』は歴史小説のような要素で、 その中の『バガヴァッドギーター』はサーンキャ哲学、ヨガ、ヴェーダーンタの知恵が盛り込まれておりヴィヤーサの伝えたいエッセンスが凝縮。

 

 

クリシュナが説く世界の真理によって、アルジュナは苦難に打ち勝ち、自由・解放(モークシャ)への道を歩む…。これを読めば世界のあらゆる知識が学べると言われる、すごい物語です!!

だけどとっても難しい書でもあり、挫折する人少なかりけり…という書物です^^