栄月日記

2021 / 05 / 30  23:00

バイクにまつわるエトセトラ

 何日も雨が続いて南から順に梅雨入れ宣言がなされ、ラジオでは「あとから見たらすでに梅雨入りしているのかもしれませんね」という話題が持ち上げるほどにしばらく晴れ間を見ていない日々があったっていうのに、どうせ明日も雨だろうと思いつつ週間予報を見てみるといつの間にやら晴れマークが(とはいえ必ず曇りマークを従えて)並んでいて、関東圏はまだしばらく太陽を感じられそうだな、と思ったのが先週末のことでした。

  それでもやっぱり天気は不安定で、一番晴れてほしいスーパームーンと皆既日食が重なった26日には曇り空。あの夜、曇り空に穴を開けんと睨みつける人々が大勢いたことでしょう。雲も、なんで今夜はこんなにみんなが自分を見ているのかと戸惑ったことでしょう。前日には見事な月が見れたというのに、ままなりません。 

 

 そんな水曜日の夜、私はバイクに乗っていました。

 当店、不定休ではありますが私は毎週水曜に仕事を休むようにしています。ただ今週は仕事の進捗を考えて木曜に休みました。

  数少ない休日です、前日の帰宅した瞬間から休日が始まりますので過ごし方はとても重要。シャワーと夕食もそこそこに買い貯めていた『進撃の巨人』を最新刊までの計6冊ほど一気に読んでしまいます。少なからず鬱々とした気分になっていました。内容が内容です、受け止めるにはやはり来月発売の最終巻を読むしかないのですが、ここまで読み手の精神を揺さぶってくる作品にはそうそう出会えません、今自分は漫画史に残る作品をリアルタイムで触れている感覚があって心地よい疲労感がありました。

 この時点で深夜12時に。本を閉じて顔をあげて時計を見たときに自分の想定より時間が進んでいるとお手軽にタイムスリップ気分を味わえます。

 

 休みの日は(趣味を消化しなければならないという意味で)やらなければいけないことが多々ありますが、今週はバイクに乗ることが何より優先事項でした。というのも、バイクや車は定期的に動かしてあげないと長く乗れなくなってしまうので、もう2週間乗れていない相棒を動かしてあげなければいけなかったのです。

 

 趣味は人生を豊かにするものと思われがちですが、豊かにするための趣味に休日の行動を制限されてしまうのはなんとも滑稽なお話。ですが、趣味で予定を埋めることはなんだか幸せなことです。

 

 いま思うとですが、どういう因果か、全ての物事がバイクに向かっていた週でした。

 

 まず月曜にアニメ『スーパーカブ』を最新話まで一気見。作品のモデルになっている日野春駅周辺には友人がいて何度か甲府・武川間を送迎したので見知った景色ばかり。20号沿いのお店がよく出てきますね。小熊が度々訪れる一高は、私は通ってこそいませんが中学時代の友人が一番多く進学した学校ですし、部活でも学祭でも行ったことがあるので、アニメで描かれていると不思議な気分。この時点で私の中のバイク熱が高まります。

 火曜の夜、甲府に行く用事があって約束の時間まで近くの朗月堂で漫画を買いました。近頃忙しくて私にしては珍しく3ヶ月ほどいけておらず、新刊が買えずにいたのですが、その日の目的は『進撃の巨人』の24巻以降を最新まで買うことでした。(水曜の夜には読み切りました)10冊の進撃を抱えて新刊コーナーを覗いたら『ゆるキャン△』の新刊を買えていないことに気づいてそれも購入。梨っ子は進撃そっちのけでゆるキャンを読んでしまいました。ここのところ『水曜どうでしょう』ネタがちらほら見られるゆるキャンですが、最新刊では「原付日本列島完全制覇」編の宿の外観がパロディのコマがあって思わずニンマリ。

 そして図ったようにいまTVKで再放送中の『水曜どうでしょうClassic』が「原付日本列島完全制覇」を放送中で、まさに夕食のお供に見ていたところ。

 バイクとは関係なくなりますが、ゆるキャンの最新刊は韮崎から明野、北杜が中心のお話でスーパーカブとも重なるという具合。

 

 全てが連鎖する確変状態。

 偶然がここまで重なると誰かに言いたくなります。

 

 水曜日の深夜、バイクで韮崎方面に行き、途中で寒くなって南アルプス市からぐるっと甲府に帰りました。水曜の深夜にわざわざバイクを駆ったのは翌木曜日が雨予報だったからですが、水曜の深夜から木曜日にかけては1週間で最も冷え込みましたのでなかなかに刺激的でした。いくら確変状態とはいえ、ツーリング日和とまでは行かなかったです。そこまで都合よく連鎖はしませんね。

 

 梅雨入り前の束の間の話でした。了)

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる