日記

2024-05-25 19:27:00

保護猫日記 2024.5.25

今日は、まるとしろの譲渡確認日でした。

まるは見ないうちに二回りほど大きくなって、里親さん家族とも馴染んでました。

しろ (1).jpgまるも、こんなに小さかったのに

しろも里親さんご家族に、心を許しだし甘えられるようになっていました。

1708145885670[1].jpg

どちらのご家族様も、とっても可愛がって下さっており、幸せそうな猫たちを見ると私も嬉しかったです。

 

そして、ひかりも病院へ連れて行き診ていただくと、もう大丈夫そうと。

1000010484[1].jpg

と言っても、まだまだ痩せているため、ご飯は今まで通り食べたいときに、食べたいだけ上げるスタンスです。

薬もちゃんと飲んでくれるおかげもあり、猫風邪も治りつつあります。

口内炎などもないため、エイズもまだ発症してないのかも?

ただ栄養不足のため、最悪な状態だったのかも?

ただ、貧血などはまだあるため、貧血の注射やインターフェロンなどを注射していただきました。

 

ひかりの生命力と頑張りが、すごく嬉しいです。

ママも、光と同じく頑張るからね。

 

そして、今日はもう1件。

モカのトライアルも決まりました。

1000010417[1].jpg

ご高齢の方でしたが、3ヶ月前に先住猫がなくなったらしく、オスの猫が欲しいとのことで、モカを抱っこした瞬間に「この子が良い」と。

 

ずっとお家にいたりされるらしく、甘えん坊のモカにはピッタリの方だったかもです。

飼い主さんを独り占めできるので、いっぱい甘えられることでしょう。

 

今日は、立て続けに嬉しいこと続きでした。

最近は、理解していただけないことや、前途多難で凹み気味だったので、この嬉しい出来事で、また頑張ろうと思えました。

 

1匹でも、幸せになってくれる猫と里親さんの架け橋になれるように、今後も頑張ります。

 

そして、いつもご寄付を下さるしろの里親様にも感謝です。

ありがとうございます。

大切に使わせていただきます。

2024-05-21 22:42:00

保護猫日記(ひかり) 2024.5.21

皆さんこんばんは。

少しずつですが、ひかりもお腹の辺りに肉がついてきました。 体力も少し回復したようだったので、今日はお昼の暑い時間に、お風呂にいれてきれいにしてあげました。 保護して直ぐにも、お風呂に2回ほど入れたのですが、汚れがとれきれてなく、汚れたままでで、でも体力もなかったため、途中で断念してたんです。 今日は、たらいにお湯をはり、少しずつ汚れを落としながら、シャンプーをして乾いた頃に、ブラッシングo(^o^)o

 

すごく気持ち良かったのか、ブラシにもスリスリ。 毛もかなり抜けました。 冬の毛から、夏の毛に生え変わりなんでしょうけど、やっと栄養が体にいくようになったお陰ではないかと。 ブラッシングまでできたこともあり、毛並みも良くなって見えました❤️ 1000010475[1].jpg 顔や耳の、かたぶたとかも少しずつ取れてきて、朝、昼、夜と顔を拭いたり目やにを取ったり、顔も少しずつ可愛くなってきました。 写真は、顔は写せなかったのですが、保護したてより良くなってます。 あと1週間ほどしたら、病院にも行ける体力が出てくるかな? と、思ってます。 そしたら、もしかすると余命1~2ヶ月と言われてたのも、大丈夫と言われるかも? と、期待もしてます。 子猫1匹のトライアルも決まり、トライアル可能な子も残り3匹になりました。 ただ多頭飼育の所に行けてない現状。 役所の方と一緒に伺うことになってるので、勝手に行くわけにも行かず。 待ってる状況なのです(^_^;) TNRも今は小学校に、野良猫が教室まで入ってきているらしく、トラップを仕掛けて去勢、不妊手術を少しずつ済ませているところです。 もちろんボランティアです。 子供たちが、元気に安全に過ごせるように。 去勢、不妊手術をしてない猫は、繁殖期になると性格が荒くなり、引っ掻いたり噛んだりもします。 手術後は、性格も穏やかになったり、スプレー(マーキングのようなもの)もなくなります。 理解していただける小学校から、順番に行ってますので、困っている伊佐市の小学校は、PTAから小学校に申し入れをしていただけますと、行きやすくなります。 小学校より依頼があれば、直ぐに行けますので。 そして罠にかかった猫を触ってしまう、子供たちもいます。 危険なので、話しを子供たちにしたいと申し入れをしましたが、授業の時間がいっぱいなのもあり、教育委員会から断られてしまってますので、それも依頼があれば、直ぐに伺って子供たちにわかりやすいように、説明をしたいと思ってます。 出来れば保護者のかたも同伴だと、なお助かります。

お子様が理解できていないときに、保護者の方に再度お話しいただけると考えています。

 

伊佐市の小学校でなくとも、伊佐市の地域のかたへの説明でも伺いますので、ご連絡いただければと思います。

2024-05-15 21:19:00

保護猫日記(ひかり) 2024.5.15

皆さんこんばんは。

今日は、ちょっと嬉しい?報告です。

ひかりが、朝・昼・夜とご飯を沢山食べてくれるようになって、やっと身体を回復してくれるようになったのか、耳のかさぶたが少しハゲて落ちてたんです。

 

まだまだ、普通の状態になるまではかかるかもしれませんが、その一歩がとても嬉しくて日記にしてしまいました。

1000010433[1].jpg

そして今日は、少し元気も出てきたのか外を歩きたそうにケージから出ようとまでしてました。

(実際には高さもあり出れないのですが)

 

ひかりの生命力のすごさに、ビックリなのと嬉しいのと。

ただ、ひかりをずっと飼うとなると、他の子の受入れが出来ないことから、とある他の団体さんに猫のトレードが出来ないかをお願い致しました。

もちろん、こちらの猫はそれなりに費用がかかってくるであろう猫ですので、先方の猫を2~3匹でトレードさせていただく旨は伝えました。

そこの団体さんも、すごく多くの猫と犬を抱えているため、どうなるかはまだ連絡待ちではあります。

 

トレードするにしても、もう少し状態が良くなってからでないと、先方の迷惑にもなりますため、ある程度の治療をしてからになります。

 

もしダメだった場合も考えて、何かの方法も考えなくてはなりません。

何か良い知恵をお持ちの方がいらっしゃれば、ご連絡いただけますと幸いです。

宜しくお願い致します。

2024-05-15 07:07:00

保護猫日記(ひかり) 2024/5/15

5月7日にひかりを保護し、1週間が過ぎました。

ご飯も少しずつ食べる量なども増えてきました。

 

保護初日(18時過ぎ)子猫用カルカン2袋食べました。

保護2日目朝何も食べず、病院に行き抗生剤や点滴などを打ってもらい病院で缶詰を食べました。

保護日3日目夕方のみ、子猫用カリカリをふやかしたものとED缶を混ぜた物を食べました。

保護4日目から朝と夕方にご飯を食べるようになりました。

そして保護6日目には、ご飯も置いておくとお昼にも食べていました。

 

まだまだガリガリには変わりはないですが、栄養が少し行き届いてきだしたのか、身体の傷があり毛が生えていなかった箇所にも毛が生えだし傷も少しずつ治ってくるようになりました。

そして抱っこしても骨だけしか、感じられなかったお腹の部分も気持ちお肉を感じることが出来るように。

とは言いつつも、あばらがでていますが・・・。

 

今まではトイレにずっとうずくまって、寝てばかりいましたが、最近は名前を呼ぶと顔を上げ鳴いてくれたりするようにもなりました。

 

ご飯を食べるときにも自分で起きて、食べたりもするように。

少しずつではありますが、元気になってきている感じがし、嬉しいです。

 

ただ、その反面隔離用ケージの中なので、可哀想な感じもします。

今の私の保護場所では、これが精一杯でしかも隔離用ケージを使用しているため、他の猫の受入れは出来ません。

 

今使用していない施設(閉校後など)や空き家を無償で貸し出していただける場所があれば、シェルターなども可能にはなるのではないかと思ってますが、なかなかそこまで行き着いておらず、そして猫の治療に莫大な金額がかかっており、全て自己資金(貯金)でまかなっておりますため、シェルターをするにしても、資金やボランティアさんが必要になってくる問題もあります。

 

まだまだ、前途多難な保護猫活動ではありますが、ご支援やボランティアさんが増えて、猫問題が少しでもすくなることを祈っています。

2024-05-08 18:47:00

保護猫日記(ひかり) 2024/5/7

2024年5月7日に保護依頼があり、保護した猫ですが、状態が極めて悪く生きられるかどうかも・・・。

保護依頼をいただいた方にも、生きられるかは保証は出来ないことを説明し保護しました。

1000010380[1].jpg

耳も嚼まれたのか、片耳はちぎれかさぶたになっていました。

保護し連れ帰って直ぐに、お風呂に入れましたが、身体には傷があり何も食べてないせいか、かなり痩せずぎで、かなり泥も付き、何度もお湯を変えシャンプー剤をつけ泡立てネットで洗いましたが、体力がないこともあり、全て洗い流すのは断念しました。

お風呂も体力を使うため、体力を残したい意味もあります。

そして、まだ朝晩は寒さもあるためヒーターをずっと入れてました。

入れる前とすると、かなりキレイにはなりましたが、毛は毛玉が出来たまま。

 

翌日、加治木動物病院に連れて行き、検査と治療を。

貧血があったので、白血病でなければ良いがと思っていましたが、検査結果は白血病ではなくエイズだと。

貧血はノミ・ダニによるものではないかと。あとシラミなどもいて、きつかったのではないかと。

ノミ・ダニ・寄生虫駆除をしていただき、抗生剤やインターフェロン、点滴などをしていただき、ブラッシングもすると、少しふわふわに。

IMG_20240508_175345_772[1].jpg

伊佐から加治木への行き来で、疲れてしまったのかお家に帰ってくると、直ぐに寝てしまいました。

しかもトイレで・・・。

野良を保護すると、いつもトイレにこもるのは何でしょうね。

 

慣れてくると、でてくれるのですが、慣れるまではずっとトイレの中・・・。

 

何でこの子だけブログで書いて、里親募集のフォトには載っていないのかというと、余命が1~2ヶ月と言われてしまったからなんです。

 

人懐っこく、直ぐに近くまで寄ってきて、なでるとゴロゴロ言うんです。

余命宣告がなく、まだ生きてくれるのであれば里親に出すつもりでした。

 

ただ、少しの間かもしれませんが、愛情を込めお世話をさせていただきます。

そして、少しでも長い時間愛情を感じて欲しい。希望の光を持って欲しいという思いを込め

「ひかり」

名前をつけました。

 

そして、ブログに綴ったのも生きた証を残してあげたい。

精一杯生きたんだと、他の方にも知っていただきたい。

 

インスタにしても、ブログにしても簡単に書いてるように見えるかもしれませんが、私の気持ちの中でも葛藤があり、死んでしまう事を考えると、涙が止まらなかったりもあります。

 

大病の動物を看取ったことのある方であれば、気持ちはわかっていただけるのかもしれませんね。

レモンの時もですが、旅立つまでは泣こうが頑張って育てようと。

そして旅だったあとは、いつまでも引きずらないように。

まだ救わなければならない子は沢山いて、落ち込んでる場合ではないと自分に言い聞かせています

かといって忘れるわけではないです。

 

何が言いたいのかわからないブログになってしまいましたが、ひかりの記録として残します。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる