NPO法人
アイパートナー

主に三重県内の視覚障害者・児を対象に、歩行訓練、生活訓練を実施しているNPO法人です。

ホームページのメニューは、ぜんぶで10項目くらいあります。
音声読み上げで閲覧していただく場合は、メニュー内容のあとに、リンクと読み上げします。

リンクと読み上げたところをクリックすると、その項目の詳細なページに移動します。
 090-5034-3691
お問い合わせ

日記

2023-06-26 09:38:00

6/26月曜日 車のお話し(続き)

アイパートナーのwebサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

訪問訓練は、もっぱら自動車での移動に頼っています。走行距離が5年で27万キロを数えたこともありました。

今でも各スタッフ、3年で10万キロは軽く突破する距離を走行しています。これだけの距離を毎日走りますといろいろこわいことに遭遇します。

動物では、鹿が横切るとかぶつかってくるとかが今までで一番こわかったですね。

後は、なんといっても横着な運転をしている車に遭遇することです。高級で上品な車が威嚇的、横暴な運転をしているのを見ると悲しくなってしまいます。煽り運転なんてもってのほか、のはずですが、今でも見かけたりあおられることって、ありますね。

反面で、横断歩道で歩行者横断のために自動車が一旦停止することは、三重県の運転手さん、随分意識の高くなったことを実感しています。視覚障害の方と白杖歩行訓練中も、よく一旦停止してくれるようになりました。

ただね、これが視覚障害のかたがお一人の場合だと、その車がなぜ停まったか、のわけを知ることが困難なのですね。「どうぞ渡ってください」という声がけでもあれば、さらに助かるのです。

 

横断歩道の歩行者優先は、道路交通法の38条で定められています。

第38条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

実は、続けて38条の2に車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。という一文もあることも改めて意識しなければならないと思います。とにかく、当たり前のことながら、歩行者優先なのです。

今日もみなさん安全運転で!私たちも、安全運転につとめます!

ではまた明日。by 永瀬 賢

 

2023-06-25 19:18:00

6/25日曜日 日記を書くこと

アイパートナーのwebサイトをご閲覧、ありがとうございます。

できるだけ、日記を更新していこうと思っています。

明日は訪問訓練日。アイパートナーのスタッフは三重県各地に向かいます。仕事で車を運転して長距離を走りますので、私などは休日に車の運転をせずに過ごそうと思ってしまいます。

学生の頃、運送会社でアルバイトをしていたとき、長距離ドライバーの方に休日したいことをお尋ねすると、「自分の車でドライブしたい」と仰っていました。

また、

昔のテレビ番組で、タバコの開発をするメンバー(毎日部屋にこもって200本くらい吸って味を調整、開発する方々)に、仕事終わってなにをしたいか、というインタビューに「自分のタバコをゆっくり味わいたい」と答えていましたね。

妙にこのふたつのことを覚えていまして、

今、自分が車の運転について、仕事終わって、運転をしたいと思える境地にはないなあと。運転、けっこう疲れますね。しかも年々、長距離運転がしんどくなってきましたし。

強制的に1時間くらい走ったら休憩必須です。

そんなわけで

運転が疲れない工夫をいろいろ試していますが、

今回はちょっとロードノイズを軽減できる方法を勉強中です。

ではまた明日。by 永瀬 賢

 

 

2023-06-24 10:18:00

同行援護従業者養成講座(多気会場)の受講者募集を25日から始めます。

令和5年度、アイパートナー主催の同行援護従業者養成講座は、

8月に多気会場開催からスタートします。

詳細はこちらから

明日、6月25日から受講者募集を始めます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2024.03.05 Tuesday