早崎内湖ビオトープ公式ホームページ

~早崎内湖再生保全協議会~

活動情報

その他

2020/6/25(木)びわ北小学校4年生総合学習

DSCN9630.JPG

6月25日(木)午後の時間をいただき、早崎内湖の歴史、水生生物の話をさせていただきました。

最初は全員がマスク姿なので、少し戸惑いましたが話の途中でも質問が出てくるようになり、

4年生らしい元気な時間をいただきました。内湖として湛水されてから19年、4年生の皆から見ると

遠い昔話なので、スライドと早崎内湖の模型を使い説明しました。

2020年6月25日 びわ北小学校4年生総合学習

模型には現在進んでいる工事の部分はまだできていませんが、

昔の内湖から干拓になったところまでの話はよくわかって戴けたようです。

DSCN9632.JPG

今年の4年生は20名の児童です。昨年はカメの捕獲器の製作を手伝っていただきましたが

今年は、ペットボトルで漁具を7月8日のビオトープ観察会で使用するために作りました。

ペットボトルを切るカッター、穴をあけるキリなどもうまく使うことが出来ました。

ひもで結ぶこともできました。子供たちは早崎内湖ビオトープで水の中に入る観察会を

楽しみに授業は終わりました。

 

2019/8/14 北区(一部)工事排水に伴い魚の移動

8月10日排水溝に魚の受け網設置。

8月13日排水開始

DSCN9278.JPG

8月14日早朝から魚やオタマジャクシが排出されてくる。

DSCN9289.JPG

魚は南区の池に放流する。120リットルの入れ物に7杯移動する。

DSCN9292.JPG

オタマジャクシはバケツに約

20杯以上廃棄する。

午後になるとコイ、カムルチーなどが入って来る。

2時過ぎには排水も一段落せき止め板を撤去して

編簾に替え、魚の流失を止める。

台風10号の影響もあり受け網撤去して作業終る。

ハスが繁殖しているので分からないが奥には水たまりができており、

コイ、フナ、カムルチーなど多く存在していると思う。

 

2019/5/24(金)撮影 びわ北小学校4年生総合学習

 DSCN8161.JPG

5月24日(金)5~6時間目の時間をいただき、5時間目は、

早崎内湖ビオトープの室内授業を行いました。

今年は22名の児童たちで、中には早崎内湖ビオトープを

知っている子もいました。歴史や、今の早崎内湖の現状、

水生生物のお話などスライドや冊子をつかっての話、

熱心に聞いて沢山の質問もありました。

DSCN8177.JPG

6時間目は体育館での授業、早崎内湖再生保全協議会の

今年の事業のカメの捕獲器の制作にかかわっていただきました。

DSCN8166.JPGDSCN8169.JPG

竹の組み付けや、捕獲網を作ることなど、取り組んでいただきました

時間の都合で1個は仕上がりました。

次の観察会に亀が入っているといいのにね。

 

 

2019年5月外来生物(ミシシッピアカミミガメ)対策事業

2019年事業として、ビオトープに生息しているミシシッピアカミミガメの駆除を目的に

会員により捕獲器を4月より制作していました。

DSCN7956.JPG

DSCN7957.JPG

5月6日に3個早崎内湖に設置しました。

後、2個製作の予定です。この2個はびわ北小学校の4年生の

児童の方と一緒に作る計画をしています。

5月15日に小さなカメが捕獲器に入っていました。

今後の報告は、随時「今日のビオトープ」で、

平成30年度ハス繁殖阻止事業の終了

2015年5月から調査研究活動事業としてビオトープの北区に繁殖

しているハスの対策にとりくみました。

 

「どこまで繁殖の猛威を阻止できるか?」

 

ハスが繁殖を続けると「水質の悪化」が生じます。

10m×30m、畳180畳分のブルーシートをこれから

繁殖して行く所に2015年は貼りました。

10月にシートを巻き上げると、シートを設置することで

成長は抑制されているようでした。

DSCN4428.JPGDSCN4433.JPG

2016年5月は繁殖している所に遮光性のある

シルバーシートを張りました。

1年で3倍も4倍もの繁殖面積を増やしていくハスの

猛威に驚くばかりです。

DSCN8392.JPGRSCN9964.JPGDSCN9979.JPG

2017年度も昨年のままでようすをみていました。

ハスは、シートの下を潜り抜けて繁殖して行きました。

シートの継ぎ目などからは、芽をだし葉を茂らせました 。

ハス繁殖阻止事業も2015年から3年が立ちました。

DSCN1283.JPGRSCN1301.JPGDSCN1295.JPG

2018年4月、3年間覆っていたシートを取りはづしました。

DSCN9977.JPG

シートの下にはハスの繁殖した痕跡は有りません。

DSCN9972.JPG

シートの継ぎ目には繁殖したガラがのこっています。

DSCN9975.JPG

シートを張ったところの境目です。

DSCN9973.JPG

シートのつなぎ目の近くからは早くも新しい芽がでています。

DSCN9982.JPG

シートを張っていないハスが繁殖していた所の水中です。まだ芽は出ていません。

 

調査報告

・シートの中心部に近い所では、葉などの繁殖は見られませんでした。

・ハスの繁殖は、前年に刈り取ると、翌年には早く芽を出す。

・シートなど覆うと、少しの明るさを求めて早く芽を出す。

・水を排水して陸化すると早く芽を出す。

・シートの下には長い地下茎が繁殖できる所まで長く伸びていく。

・ハスは生害に当たると早く成長しようとする。

 

平成29年度アレチウリ(外来植物)対策事業

 平成29年度も昨年に引き続き幼芽の摘み取りをしました。

詳しくは

pdf 平成29年外来植物アレチウリ対策事業.pdf (0.14MB)

 

平成29年度外来生物隔離イケスの設置

 

早崎内湖ビオトープにも近年外来生物の繁殖が増えてきました。地引網、エリなどに入る外来生物の駆除を目的に隔離施設としてイケスを設置しました。

昨年は小さなイケスを設置しましたが、オタマジャクシ、カムルチー、ブルーギルなど外来生物があまりにも多く、平成29年度は2m×2,5m×1mの網で編んだ大きなイケスを設置しました。

まだ、内湖の水は冷たく北風の寒い日になってしまいました。

これで、多くの外来生物も隔離できます。

 

平成29年度南区の一部を排水のため魚の移動

11月中旬より南区の一部を排水しました。

そこに棲んでいる魚たちを、北区に11月23日から12月1日までに移動しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

pdf 排水の為魚類移動2016.pdf (0.35MB)

DSCN5556.JPG

DSCN5563.JPG

平成28、29年度アレチウリ(外来植物)対策事業

2015年6月に早崎ビオトープの堤防の一部でアレチウリが確認されました。刈取りしました。

2016年の管理状況はこちらをご覧ください。

pdf 対策事業アレチウリ.pdf (0.34MB)

 

平成28年度ハスの繁殖阻止に今年も挑戦!

  2016年5月10日(火)にビオトープの研究調査事業として、ハスの繁殖を抑えるブルーシートとシルバーシートを設置しました。

  早崎内湖では毎年多くのハスが繁殖しています。ハスは繁殖しすぎると水面下に日光が入らなくなり水質の悪化を招き、生物たちが棲みにくくなることから、平成27年はハスの繁殖を抑えるためにブルーシートを張りました。今年は昨年よりも遮光性の高いシルバーシートを昨年繁殖していた所に張り比較調をしていました。

pdf H28ハス繁殖抑制事業.pdf (0.3MB)

20160510ハス.jpg

 

 

-------------------------------------------------------------

 

 

1
2020.07.13 Monday