お腹のぐあいが?

腹痛  お腹にはたくさんの臓器があり,病気もさまざまです
 お腹の具合が悪くなるのは   の病気でしょうか? おおむね当たっています.とくに,下痢している場合はそうです(ウイルスや細菌が起こす感染性胃腸炎など).子どもでも大人でも,当院でみている急性腹痛の 80% ほどは胃腸炎です.
 しかし,それ以外の臓器が原因のことも珍しくありません.たとえば,消化器系の臓器では 肝臓 胆嚢 膵臓 (胃腸と同じく消化器内科/外科の守備範囲)腎臓 尿管 膀胱 のような泌尿器系の臓器(泌尿器科の守備範囲),女性には 子宮 卵巣 もあります(婦人科の守備範囲),まれには 動脈 や 脈 の病気も(血管外科の守備範囲)経験します.
 このように,お腹の臓器はたくさんあり,専門とする診療科もそれぞれ分かれています.胃腸が悪いと思って受診した患者さんが,じつは腎臓とか卵巣の病気だった,というケースは珍しくありません.たらいまわしを避けるためにも,最初の入り口を担当するのは私たちのような総合診療医がよいと思います.

吐いた!  でも,お腹の病気とは限りません
 吐き気も   の病気でよく起こります.とくに,ウイルスや細菌による
急性胃腸炎は,発症直後からしばしば嘔吐します.
 嘔吐は「脳」が命令して起こす反射運動です.胃腸の具合が悪いと,脳に対して「嘔吐の命令を出してくれ」と働きかけます.これを受けた脳が「嘔吐せよ!」と指令を出したとき,グエッと吐きます.ところが,脳の嘔吐中枢に働きかける経路は,他にもたくさんあります
.たとえば,小さい子どもは が出始めたときによく吐きますが,これは「発熱」が(おそらく直接に)脳に作用したためです.したがって,嘔吐の原因がどこにあるかは,症状の全体像をよく見て判断しなければなりません

腹部エコー検査はスクリーニングに適した画像診断法
 お腹の病気は多種多彩なので,間口を広げたスクリーニングが必要です.腹部のエコー検査(超音波画像診断)はそうした目的に最適です.ガスが多い胃腸の超音波画像は作りにくいのですが,それ以外ならほとんどすべての腹部臓器を見ることができます.また,検査にともなう痛みがなく,放射線被曝がなく,外来診察室で簡単に実施できます(ついでに,懐の財布にもやさしい!)
 エコー検査によって病気の疑われる
臓器がわかり,さらに精密な検査が必要になるのは 10% 未満ですが,そうした場合は,それぞれの臓器の専門医へご紹介します.