皮膚トラブル

乾燥肌 あせも

 赤ちゃんの肌はデリケートです.手足や頬には湿疹がよくできます.首の下や背,尻,膝や肘の内側はあせもになりやすい.家庭のスキンケアが重要です.汗をかいたらシャワーで洗い流す(洗剤を使わない),入浴で石けんを使うときはよく泡立てる,保湿剤を塗るなら風呂から出てすぐに(5分以内),肌着は綿製 --- など.

 いっぽう,歳をとると皮膚の脂質分泌が減少して乾燥肌になります.空気の乾燥した冬に背中が急にかゆくなって「孫の手」が欲しくなるのはそのためです.痒いところを搔くと皮膚を傷つけるので良くありません.風呂上がりに保湿剤を塗るのが,おそらく,いちばん効果的でしょう.

 

外陰部の痒みや湿疹

 子どもはときどき,外陰部の痒みや痛みを訴えることがあります.男児では生理的な包茎になっているため,垢がたまったり,気になっていじったりして,しばしば炎症を起こします.女児でも粘膜と皮膚の境目あたりが軽い炎症を起こすことがあります.いずれも,水で洗って弱めのステロイド軟膏を塗るだけで,数日で解決することがほとんどです.

 なお,子どもは,大人とちがって膀胱炎をあまり起こしません.排尿時の症状は,尿道や外陰部から生じることが多いのです. 

 

じんま疹

 じんま疹は大人にも子どもにも起こります.突然赤いポツポツが出始め,かゆくなり,たいてい数時間以内に薄くなります.大きさは数㎜~数㎝までさまざま,形も丸かったり雲形だったりといろいろです.ぼんやりと膨らんでいることが多く「膨疹」とよびます.抗ヒスタミン薬の服用だけで治り,繰り返さないことがほとんどです.しかし,何度も繰り返す場合は,原因を突き止めるために専門医へ紹介します.

 

虫刺され,かぶれ

 蚊に刺されたり,虫や植物,その他いろいろな刺激物に触れて皮膚がかぶれます.比較的多いのは夏です.露出部に,丸く赤く腫れて,中央に刺し口があるのはたいてい蚊です.それ以外でも体の一部に偏ってポツポツ赤くなるのは,かぶれのことが多いのですが,原因がわからないこともあります.こうした,外部からの原因による急性発疹の多くは,ステロイド軟膏を短期間塗るだけで改善します.とくに,蚊のように原因がはっきりしている場合は,赤く腫れてきたらすぐに手持ちのステロイド軟膏を使うことをお勧めします.早く始めるほど効果が大きく,たいてい2日間ほど使えば十分です.

 

水いぼ

 水いぼは子どもによくできます.小さい半球状のポツポツの中に原因のウイルスがいて,接触感染するため,数個かたまってできたり,搔いてしまうと徐々に広がりやすいのが特徴です.数週間以上かけてごくゆっくり大きくなったり数が増えたりしますが.とくに治療しなくても数ヶ月~2年くらい待てば自然に治ります.ただし,自然治癒にまかせると収拾つかないほど増えることがあるため,数が限られるうちに取ってしまう方針もありです --- ①ピンセットで機械的にとる,②凍結凝固,③硝酸銀で化学的に焼くなど.それぞれ一長一短ですが,当院では①を行います.

 

帯状疱疹

 ウイルスの病気です.子どものころ水痘にかかると,水痘ウイルスは体内から消えずに末梢神経の根元に潜みます.それが何かの拍子に活動を再開すると帯状疱疹を発症します.子どもにもたまに起こりますが(軽くすむ),おおむね中年以降の病気です.

 最初に体表の一部がピリピリ痛み始めますが,その段階で診断するのはなかなか難しい.数日後,痛い部分に特徴的な発疹が出ると,すぐわかります.治った後にしつこい神経痛を残すことがあり,それがいちばんの困りものです.発症早期から抗ウイルス薬を使うと軽くすむので「早く診断して早く抗ウイルス薬を開始する」が基本です.抗ウイルスウ薬を点滴で入れたほうがよい場合や,顔面の帯状疱疹(目や神経へのリスクがある)は,専門病院へ紹介します.

 予防ワクチンは当院でも接種できます 👉 pdf 帯状疱疹ワクチンの比較.pdf