胸・お腹の不調

胸が痛い 狭心症? 心筋梗塞?
 急に胸が痛くなったら誰でも心配になります.ただ,数秒で痛みが弱くなり消えてしまうような(ほとんど電撃的な)ものは心配いりません.むしろ,じわっと始まってすぐピークに達し,つらい痛みが1分間以上続く場合は要注意です.とくに5分間以上続いてまったく改善しなかったら,救急車も考慮です.急性冠症候群(心筋梗塞、その前段階)や大動脈解離のような「死に至る病」の疑いがあるからです.
 さほどつらくなくても,数時間~数日続く場合は受診をお勧めします.さまざまな原因が考えられます.たとえば,内臓の病気以外に,胸の筋肉や肋骨,皮膚や乳腺に原因が見つかることもあります.打撲した覚えはなくても,ゴルフのスイングなどで肋骨を痛めることは中年以降にはよくあります.胸の痛みには身体の診察が一番重要ですが,エコー検査,X線,心電図,血液検査などが必要になることもあります.

息苦しい 危険?
 呼吸の主たる働きは,空気中の酸素を体内へ取り込むことです.これが阻害されると息が苦しくなります(呼吸困難と呼ぶ).したがって,息苦しさを感じたら何かしら病気が疑われるので,すぐ受診することをお勧めします.ただし,原因が呼吸器系にあるとは限りません.緊急性があるとも限りません.たとえば,精神的なストレスだけでも息苦しさを感じる人は少なくないからです.
 呼吸困難には身体の診察が欠かせません.つぎに,指にパルスオキシメータをつけて酸素飽和度を測ります.ここまでで緊急性があるかないか,おおよそ判断できますが,エコー検査,X線,心電図,血液検査などが必要になることもあります(当院でもここまでは可能)私たちがときどき見かける緊急的な病気は,喘息発作,肺炎,自然気胸,突発性の不整脈などです.すぐ病院へ紹介することになります

お腹にはたくさんの臓器があり 病気もさまざま
 お腹の具合が悪くなるのは   の病気,という想定はおおむね当たっています.ウイルスや細菌が起こす感染性胃腸炎が代表例です.子どもでも大人でも,当院でみている急性の腹部疾患の 80% ほどはこれです.
 しかし,それ以外の臓器が原因のことも珍しくありません.たとえば 肝臓 胆嚢 膵臓 といった消化器系の臓器 --- これらは胃腸と同じく消化器内科/外科の守備範囲です腎臓 尿管 膀胱 のような泌尿器系の臓器 --- 泌尿器科の守備範囲です.女性であれば 子宮 卵巣 --- 婦人科の守備範囲です.まれには動脈や静の病気もあります --- 血管外科の守備範囲ですこのように,お腹の臓器はたくさんあり,専門とする診療科もいろいろです.胃腸が悪いと思って受診した患者さんが,じつは腎臓とか卵巣の病気だった,というケースは珍しくありません.したがって,最初の入り口を担当するのは私たちのような総合診療医がよいと思います.

腹部エコー検査はスクリーニングに適した画像診断法
 お腹の病気は多種多彩なので,間口を広げたスクリーニングが必要です.腹部のエコー検査はそうした目的に最適です.ガスの多い胃腸はエコー画像にしにくいのですが,それ以外ならほとんどすべての腹部臓器を見ることができます.また,検査にともなう痛みや放射線被曝がなく,当院の外来診察室でも簡単に実施できます(ついでに言うと,懐の財布にもやさしい).これによってターゲットの臓器が推定され,さらに精密な検査が必要になるのは 10% 未満ですが,それぞれの臓器の専門医へ紹介します.