インフォメーション

2022-01-21 17:43:00

「古代文字書道の会」はじめます

店主マスジマが2016年より習っている

「古代文字気功治療」

治療に使う文字もあれば

それを見ながら自分でうず気功する文字や

書くだけで整う文字もあり

簡単に自宅で

ご自身のからだを整えることが出来ます。

最近ひどい

電磁波問題も、ちょっと楽になるかもしれません。

本も出ているし

千葉県松戸市で定期的な教室もあるので

それらを活用すればいいけれど

なかなか千葉は遠いし、なんだか参加しにくいし

かといって本を見て一人でってのもなぁ。。。

という方たちの為に

小さな当店で、定員二名の書道の会を開くこととしました

 

おやつ教室のない土曜日に開催

都度申込み

ランチ付きで、当店の美味しいランチを召し上がっていただいてから

書道をおこないます。

書いた文字の使い方もご案内しますし

オプションで、体に書く治療文字のプチ体験もあり。

 

参加費、初回のみ4000円、二回目以降3000円。

初回には、お勧めの筆ペンを差し上げます(五回目にも、異なるペンを差し上げます)。

都度申込みなので、ご自身のペースで進めていただけます。

 

お申込みは店頭か、このサイトの「お問い合わせフォーム」から。

お名前

お電話番号をお知らせくださいね。

 

なお、ランチは基本

当店のパンを使ったバーガーと

野菜たっぷりスープとなりますが

小麦粉を食べたくない方は

事前申し込みで、おにぎりに変更可能です。

 

準備の都合で

お申し込みは

参加希望日の前の週の火曜日までにお願いします

(空席一名の時の追加はぎりぎりでも対応できるかも)

 

開催可能日は、カレンダーに何も書いていない土曜日ですので

ご確認くださいね

2021-10-06 16:32:00

11周年、ありがとうございます

たんたんと日々を過ごしているうちに

11周年を迎えることとなりました

ありがとうございます

 

一年前の投稿を読み返し

全く変わらない心持ちなので

日付だけ変えればいいのでは?と思ってしまいました。

 

毎年、この時期は

みなさま夏の疲れがどーっと押し寄せてくるのか

店としては、とてもさみしいことになっていますが

あまりにも毎年のことなので

もはや慣れました。

それでも真面目に手を抜かずに

もしかしたら?に備えてしまう。

そして

その後、激しくのんびりいたします。

 

割と平坦に

これからの一年、そして何年も

過ごしていければと願い

ご利用くださる皆様と

何度も元気にお会いできますように

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします

2020-10-05 14:48:00

おかげさまで、10周年を迎えることが出来ました(定休日ですけどね^^;)

2010年の今日、10月5日に

「はつたもの」は

ひっそりと、オープンいたしました。

 

当時のメニューを再現しようかと

記録していたノートを見てびっくり。

何と少ないことか!?

 

今から考えると、無謀すぎるスタート

広告を出すわけでもなく

チラシを配るわけでもなく

知人も友人も限りなくゼロに近い

ひっそり過ぎるスタートで

 

見切り発車もいいところでした。

 

そして、そのオープンから半年足らずで

あの

311が起こり

それまで足しげく通って来てくださった

小さなお子さんがいらっしゃるお客さま方が

ほとんど疎開されてしまうという事態で

先行きが不安すぎて

来月の家賃が払えるのか

必要な食材が買えるのか

いつやめるか

いつまで続けられるか

どうやったら続けられるか

明日はお客さんがいらっしゃるだろうか

そんなことばかり思う日々でした。

 

そんな感じで三年が過ぎた頃

やっと、長く続ける意味を知り

三年半経ったころ

そもそもの考え方を変え

「作りたくて作っているものを、たまたま食べたい人がいて、買ってくれる。

この店は、店ではなく 研究所のようなものであるから、お客様がいらっしゃらなかったとしても、それはそれ。

いらっしゃったらラッキーくらいに思っておこう」

そんな風に考えたら、とても楽になり

お求めくださる方に感謝しつつ

楽しむことにしました。

 

それでも、五年くらいは

意味も意義も見失って

涙を流すこともありました。

 

必要とされていない。と感じるのはつらいものです。 

 

ここ数年は、腹をくくり

店舗の更新が出来るか?ではなく

築30年経つ建物が、いつまであるのか?

立ち退きになったらどうしよう。と

悩みの方向が変わり

それも、昨年大規模改修があったことで

不安は消えました。

 

作りたいものがなくなって

アイディアが出なくなったらやめるかもしれない

そう思っていましたが

いまだ

とめどなく作りたいもの、アイディアがあふれでて

 

「同じような店がないか探したけどなかった」

いろんなお客様に言われ

存在意義を再確認しています。

 

オープン当初からかわらない

世界的に珍しい

卵も、バターなどの乳製品も

白い砂糖も

茶色い砂糖も使わない。

加工頻度の高い材料は使わない。

自家製酵母のパンと

さほど甘くないおやつを

ずーっと変わらず

でも

進化しつつ

作り続けていきたいと思っています。

 

今までの10年にありがとう

これからの10年も宜しくお願いいたします。

 

もっと柔軟に

もっと美味しく

冒険もしつつ

楽しく店を続けてまいります。

 

 

おかげさまで、10周年を迎えることが出来ました(定休日ですけどね^^;)

1