お知らせや日々のこと

2019/04/19

素敵なご縁

IMG_20190419_104127_049.jpg

素敵なご縁をいただきました。

 

小豆島にあります

オリーブ染め工房木の花

さんに

 

らくよう舎のブローチと、

wireJiyu×らくよう舎

コラボピアスとイヤリングを

置かせていただけることになりました。

IMG_20190419_104127_046.jpg

 

オリーブ染めのとてもきれいな糸を使わせていただいておりますので、

木の花さんでしか手に入らない

ひと品。

 

小豆島の皆様に可愛がってもらえますようにと送り出した日は、なんだかそわそわ。 

 

無事にお届けできてよかったです。

よろしくお願いいたします。

2019/04/12

ひめじアーティストフェスティバル

FB_IMG_1555040069836.jpg

早いものでもう桜が散りはじめています。

我が家の周りは山がたくさんあるので、

枝葉を伸ばす木々たちの深い緑が

息を呑むくらいぐっと迫ってきます。

 

そんな素敵な季節、

今年も

ひめじアーティストフェスティバル

に出店させていただけることになりました。

 

去年は初めてで、クラフトとして受け入れられるのかドキドキしっぱなしでしたが、

終わったときにたくさん成長と自信を感じられた大切な市。

 

今年はらくよう舎の世界観を存分に見ていただけるよう新しいもの作っていきます。

新緑に映える姫路城の景色も楽しみに。

がんばります。

2019/04/01

4月らくよう舎

IMG_20190401_151125_860.jpg

4月になりました。

生まれたての新元号はとても綺麗で

穏やかで平和で未来に向かえる時代であればいいなと思います。

 

らくよう舎も新しいご縁、

ずっと育んできたご縁、

たくさんの方々とのつながりが

どんどん枝葉を広げ、

見上げるほどの大きな木になって

木陰や木漏れ日の心地よさを

与えてもらえていること。

 

それは作品作りだけでなく、

北の椅子とでのお仕事だったり、

子どもたちを通じてだったり、

それぞれの大きな木が集まって

とてつもない実りと潤いをもらえていること。

 

この環境に感謝して

芯はぶれず、

自分におごらず、

常にチャレンジし、

理不尽な事には立ち向かい、

心地よく、

ゆるりと、

 

やりたいことをやる

2019/03/23

山桜とハーブ

_20190323_221257.JPG

寒くなったり暖かくなったりを繰り返しながら

少しずつ春が近づいてきます。

4月は

wireJiyuさんと、marucoさん、らくよう舎の

気ままな3人で

神戸布引ハーブ園

『山桜カフェ ハーブ園クラフトフェア』

に出店させていただきます。

 

新神戸からロープウェイに乗ってお山の上がると広がるハーブ園と神戸の景色。

山桜がきれいな季節に出店させていただけるのは

楽しみです。

 

ハーブは好きで、刺繍のモチーフによく選びます。

ハーブコーディネーターなんて資格も実は持ってたりするくらい(笑) 

作品見ていただけましたら嬉しいです!


期間:4/6(土)

時間:11:00~15:00
場所:風の丘芝生広場
※雨天時中止 

 

2019/03/18

旅で得たもの

_20190318_075602.JPG

豆まめ市場

ほんとに楽しい小豆島への旅出店でした!

 IMG_20190318_075515.jpg

突然の雨、風とだいぶお天気に振り回されましたけど、

小豆島の皆さんがほんとに優しく声をかけてくださって、

気持ち穏やかに過ごせました。

 

島の風景、生活の匂い、

そこに住む人の往来、

ゆっくりとした時間、

そのどれもが心地よくて。

 

そして食べ物がおいしい♪

(オリーブばっかり食べてました(笑))

 

ゆっくりとした時間の中、

お立ち寄りくださった方々と

たくさんたくさんお話をしました。

興味深く見ていただけたことが

嬉しかったです。

 

豆まめ市場のスタッフの皆様も

優しく、皆さん小豆島を愛しておられて、

常にお声かけてくださったり、

手伝っていただいたりお世話になりっぱなしでした。

出店者の皆様とも仲良くさせてもらって、

思いきって船旅をしてよかったなあと

心から思っています。

 

wireJiyuさんともこんなに深く深く話したのは初めて。

やっぱり刺激と道筋のヒントをくれる大切な友。

 

この旅を通じて感じた事、やりたいこと、

作りたいもの、見せ方、

得たものがたくさん!

 

お立ち寄りくださった皆様、

豆まめ市場の皆様、

wireJiyuさん、

家族、

ほんとにありがとうございました。

 

刺繍道、まだまだ。