ごあいさつ

治療方針

北京堂では、凝り固まった筋肉が血管神経を圧迫することにより痛みが出ていると考えています。鍼治療はツボなどにとらわれず、血流不足になり凝り固まっている筋肉に直接鍼を刺し、筋肉を緩めます。

 

凝り固まっている筋肉は硬くなっていて、血流が悪くなっています。その固まっている筋肉に鍼を刺すことで軸策反射(※参照)が起き、筋肉内を通っている血管が拡張します。それにより酸素を含んでいない鬱血していた血液が流れ出します。そしてそのあとたっぷりと酸素を含んだ血液が筋肉に運ばれ筋肉が栄養されるようになります。筋肉内の溜まっていた疲労物質が流れ、十分な血液と酸素が得られると、筋肉は緩みます。また、筋肉が緩むことにより神経も圧迫されなくなるので痛みが消えます。

 

※軸策反射は回復で必要な栄養や酸素を取り入れようとする反射で、外部からの刺激(鍼)により、その情報を中枢に伝え、狭くなった血管を元の太さに回復させる成分を放出します。

鍼治療では睡眠薬や抗うつ薬などを長年服用されている方は、あまり効き目が感じられない場合があります。

 

 

凝りや痛みは、不良姿勢、ストレス、オーバーユーズ(使いすぎ)、運動不足などによって起こります。凝っている筋肉は縮んで固まっているので、その筋肉を伸ばす動作をすると痛いのが特徴です。凝っている筋肉は血管が筋肉に圧迫され鬱血しています。この鬱血を東洋医学では瘀血(おけつ)と呼び、酸素を含んでいません。血流が悪くなると、酸素を運ぶ赤血球が筋肉内を走行できなくなるため、血液が酸素不足になります。酸素不足になると発痛物質が出るため徐々に痛みを感じるようになります。さらに血流の悪い状態が続くと体性運動神経が興奮し、筋肉はますます収縮するため、神経を締めつけるようになるため痛みが強くなります。

 

 

 

ストレス

ストレスがかかっているときは自律神経が交感神経優位になっているため、筋肉を収縮させる指示が中枢から出ています。緊張しているとき体が固まるのは交感神経優位だからです。筋肉が収縮すると血管を圧迫し血流が悪くなるため、ストレスを感じているときは血流が悪いと思ってください。ストレスがかかっているなと思ったら深呼吸をゆっくり3回すると一時的ですが血流が良くなります。ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、好きな香りで横になったりなど、リラックスできる時間を作るようにしましょう。

 

 

筋肉の使いすぎ

筋肉の使いすぎによって悪くする原因は大きくわけて2つです。

1つは自分の筋肉の状態が悪いのを知らずに運動をたくさんしてしまうことです。全く運動をしていなかった人がいきなり運動を始めて痛めるパターンもこれに当てはまる場合が多いです。筋肉は凝っている部分は血流が悪くなっています。悪くなっている状態で運動をするのですから、凝っている部分には血流が行き届かず疲労物質がたまる一方で排出されなくなります。ですので筋肉はますます凝ってしまい神経を圧迫するまでになると痛みが出てしまいます。気づいた頃には重症化していて凝りも深くなっており、完治までに時間がかかるのがこのパターンです。

もう1つは筋肉の修復が間に合わなくなるくらい使いすぎてしまい痛みが出る場合です。筋肉は運動することにより一度壊され、修復されて新しい筋肉になっています。きちんと修復されていないまま再びたくさん運動してしまうと筋肉の壊れる量がさらに増え、修復が追いつかなくなります。自分の筋肉量を把握し、負荷をかけ過ぎないこと、運動の後は十分な休息とケアをすることの2点を守っていればオーバーユースは起きません。

 

 

 

日頃から運動不足の人は、筋肉内の血管量が少ないため、筋肉に供給される酸素量が不足し、エネルギーが不完全燃焼して、すぐに疲労物質が溜まってしまいます。そこで鍼治療して筋肉を緩め、血管の圧迫を除いて血流が改善したのちに、運動量を少しずつ増やして血管量を増やすようにします。

 

 

 

不良姿勢を続けていると、同じ筋肉を常に縮めていることになり、その筋肉が収縮しっぱなしになるため血流が悪くなり、筋肉が凝ってしまいます。女性に多い肩凝りは、下を向いて携帯やパソコンを使用する人に起こりやすいです。携帯やパソコンをするときは、下を向かないように気をつけましょう。また、料理をするときも下を向きっぱなしにならず、時々顔を真っ直ぐして首の筋肉を休憩させるようにしましょう。

 

 

 

 

生理中であっても治療ができます。

ただし、生理は個人差がとても大きいため、出血量が多く、生理中に不調を感じやすい方はお休みください。キャンセル料は頂いておりませんので、どうぞご安心ください。