大月市商工会|経営に関するよろず相談所

経営に関する様々なお悩み解決のお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。
 0554-22-1648
お問い合わせ

商工会からのお知らせ

2022 / 07 / 21  10:40

小規模事業者 持続化補助金

20220721112449-0001.jpg20220721112449-0002.jpg

持続化補助金は、小規模事業者が経営計画を作成し、その計画に沿った販路開拓の取り組みの

費用を補助するもので、本年度計4回募集されることになっています。補助を受けるためには、自企業を分析から販路開拓の計画書を作成し、審査を受け、採択されなければなりません。

商工会は、職員が、事業所計画書の作成などを支援するほか、必要に応じて専門家を招き無料で指導を受けることができます。

申請をお考えの方はお早めに商工会にご相談ください。

補助金ですので原則としては返す必要はありません。販路開拓を計画されている方は、ぜひ、ご利用ください。

 

対象者 国内で事業を営む小規模事業者

   ※小規模事業者:常時使用する従業員数が次の商工業者

    〇卸売業者・小売業者、サービス業(宿泊・娯楽業以外)…5人以下

    〇宿泊・娯楽業、製造業・建設業等上記以外の業種…20人以下

 

対象事業

経営計画に基づき実施する販売開拓事業

補助金交付決定日以降に実施し、事業実施期限までに完了する事業

〇販売用チラシの制作配付、ホームページの作成・リニューアル、店舗改装

〇商談会・展示会への出展、ネット販売システムの構築

〇新商品開発、商品パッケージの改良 等

提出先

①大月市商工会または山梨県商工会連合会

②Jグランツでの電子申請

 

提出期限

令和4年9月20日(月)

(今後は令和4年12月上旬・令和5年2月下旬締切で募集予定)

※申請には、商工会の支援計画書添付が必須となっていますので、お早めにご相談ください。

 

申請書類

・申請書 申請者の住所・事業者名等を記載する簡単なものです。

・経営計画書 企業の概要、顧客ニーズと市場の動向、自社や自社の提供する商品・サービスの強み、経営方針・目標と今後のプランを記載します。

・事業計画書 補助対象となる事業主名、取組内容、事業の効果、事業費用を記載します。

 

審査

事業所計画書の経営計画の妥当性・適切性、事業計画の有効性(売上増につながるか)・事業費の透明性・適切性を審査、得点化し、上位者から採択(補助決定)されます。

 

その他

①採択は、応募締め切りから2か月程度で発表されます。

②補助金は、事業完了後に提出する事業報告書により金額が決定され、交付されます。

③地域資源の活用・地域の課題解決や暮らしの需要にこたえるための事業・経営力向上計画の認定・Jグランツによる電子申請・後継者による事業実施などは、政策加点が付与され、採択されやすくなります。

④以前日本補助金を利用した事業者も申請することができますが、同じ内容での申請は出来ません。

⑤詳細は、山梨県商工会連合会ホームページの公募要領をご覧いただくか、商工会にお問い合わせください。

 

大月市商工会

大月市御太刀1-14-24 TEL22-1648

2022.08.17 Wednesday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる