NEW!~気功座学~

気功を分類すると

武術気功・・・太極拳

医療気功

★外気功

 第三者に向けて気をあてる

★内気功       

 自分自身で行う気功法

 静功

 ★站椿功

 ★三線松放功

 ★六字訣

 ★沐浴

   ★按功

  動功 

  ★八段錦

  ★五禽戯

  ★易筋経(一部静功)

  ★導引保健功

  ★大舞   

 

動く気功と静かな気功↓           

 https://ameblo.jp/flowinghope/entry-12578706086.html?frm=theme  

  

気の分類

気は視点を変えると色々な名前が付く

 

先天の気 

生まれた時 天から、両親から授かるエネルギー

有限のもの 自らの意志ではどうにもならない

後天の気 

自ら養い育てる事の出来るエネルギー

 

先天の気+後天の気=真気(生命エネルギー)

生きていくのに必要なエネルギー

活力の元 自ら治ろうとする力

邪気に対しては正気(自然治癒力) 

 

気功は真気を鍛え、養い、

正気を育て免疫力を高め

病気を予防し、自らの力で改善に導く鍛錬

      

気の種類

営気 血の中を流れる気 栄養が豊富

衛気 全身に分布し身体を

       (ウィルス、細菌、邪気から)守る 

   汗腺により体温調節も行う

宗気  肺の呼吸と心の血を循環させる

原気(元気) 生命エネルギー

 

 気の働き

*体内の物質を動かす

*体を守る

*温める

*物質を変化させる

*体内の物質が外に漏れ出ないようにする

 

知ると便利な気功用語

精・気・神

精 (下丹田)

人体にある栄養物質

人体を成長させ身体を作る

気(中丹田)

身体を動かすエネルギー

(元気、宗気、衛気、営気など)

神 (上丹田)

意識、精神、感情など精神活動を司るモノ

 

「精中に気を生じ 気中に神を生ずる」

「精に欠けるところがなければ気が完全に機能し

 気に欠けるところがなければ

 神も完全な状態で機能している」

 素問、類経より

 

気功のテクニック

調身・調息・調心

調身 ~気功の姿勢~

気が~巡りやすいように体勢を整えること

リラックスさせ姿勢を正す

足は肩幅 両脚は平行に置く

膝は軽くたわめる(痛い人はまっすぐでOK)

胸を張らない、背を張らない

背骨が緩やかな弧を描くように

(命門を開く)

力みを抜く(特に腰、股関節)

顎ひいて頭は天につられるよう

舌先は上あご

肩の力を抜く

表情は柔らかく

 

調息 ~気功の呼吸法~

自然呼吸法 長さ、深さにとらわれない日常の呼吸を丁寧に行う

 

自然腹式呼吸法 おなか(丹田)をやや意識的に使う(無理しない程度)

気功独自のやり方で行います  ↓

 https://ameblo.jp/flowinghope/entry-12584944925.html

副交感神経が優位

 

胸式呼吸法   通常の呼吸

(良い香りを胸いっぱい吸い込むイメージ)

 交感神経が優位

 呼吸法は様々です。教室の中ではすべての呼吸法を大切にします

呼吸によって実は目には見えない”気”は動くのです。そしてまた呼吸によって 私たちの心や体は変化します(自律神経)

皆さんの状態、課題によって練習順序、内容を変えています

 

調心 ~気功の心~

入静

心身をリラックスさせ雑念がなく

心静かな状態に導くこと

意守

意識を集中させること

意念

意識(イメージ)を念ずるように持つ

イメージを使う↓

https://ameblo.jp/flowinghope/entry-12565563665.html?frm=theme

放松

ぎゅっと握っていたものを手放す

余分な力が抜けてリラックスした状態

 

 心を解放する↓

https://ameblo.jp/flowinghope/entry-12586398142.html

 

 気功練習時の注意点

*空腹、満腹の状態で行わない

*感情が極端に乱れているときは行わない

*静かで快適な温度、湿度で行う

 新鮮な空気の下で

*洋服は締め付けの少ないゆったりしたもので行う

*静かな環境で行う(スマホはオフか無音にしておく)

*出来るだけ午前中、陽のあるうちに行う

*八触に翻弄されないように

動触 筋肉が勝手に動く 

痒触 体がかゆくなる 

軽触 体が軽くなる 

重触 体が重くなる 

爽触 涼しくなる 

暖触 温かくなる 

渋触 皮膚が固く、皮のようになる 

滑触 皮膚がつるつるしたようになる

*必ず収功を行う