道商工連ニュース

宗谷管内商工会連合会が地域の課題を要望

 

宗谷管内商工会連合会(中村忠勝会長)は、稚内商工会議所(中田伸也会頭)と共に、825 日、札幌市内において、6月に宗谷商工経済懇談会で決議された「国土強靭化の着実な推進」や「道路整備の計画的な推進、地域の実情に応じた道路維持管理の実施及び道路予算の確保」など社会資本整備のほか特別提案として「新型コロナウイルス感染症に係る経済対策について」など61項目について、道開発局、道経産局、道などに要望した。

2020-08-25 14.25.33ss.jpg

 北海道教育庁において「公立高等学校における少人数学級の実現による一律的な高等学校の統廃合の回避について」要望を行う中村宗谷商工連会長 

 

 また、翌26日には、東京で国交省や財務省などに同様の要望を行った。

IMG_3928(北海道局)後藤貞二ss.jpg

右から中村宗谷商工連会長、国土交通省後藤北海道局長、中田稚内商工会議所会頭、武部代議士

 

 

佐呂間町商工会青年部がオンライン抽選会を実施

オホーツク管内佐呂間町

佐呂間町商工会青年部(佐々木理有部長)は、オンライン抽選会を企画

726日にYouTube生配信にて実施した。

佐々木部長にお話しを伺いました

 

◆何故、実施をしようと思ったのですか

 「コロナ禍の中、飲食店の経営状況が悪く、なんとか応援したい気持ちからです。コロナだからイベント開催は

 できないという、考えがとても嫌で、何か新事業で三密を避けられる、かつ町民元気になるイベントがないか探

 していたところリモート合コンやリモート会議、リモート飲み会などをヒントに誰でも見られるYouTube(動画

 配信)を利用した抽選会をやろうと決断致しました」

 

◆どのような内容ですか

 「協力店(飲食店)において、お弁当やバーガーを1,000円で購入していただきます

  弁当等を配達の時に抽選券をお渡しいたします。期間は71日から20日の20日間でした。その抽選会をオンラインで実施しました」

 

◆評判はどうでしたか

 「事前に景品の紹介をYouTubeで告知をしたり、口コミでも盛上げました。目標は100個で大成功と思っていたのですが、目標を超える多くの予約が入り、協力店(飲食店)にはオーバーワークを強いることとなってしまいました」

 

◆今回は町や親会からの助成はあったのですか

「今回は、青年部の予算で実施し、景品は佐呂間漁協青年部や佐呂間農協青年部、佐呂間町商工会女性部、親会、会員のスポンサー賞等の協力をしてくれる事業所があり、助かりました」

スクリーンショット 2020-08-28 11.33.53.png

 

◆当日のオンライン抽選会の状況はどうでしたか

「約140人が視聴してくださいました。現地には行かず、高齢者の方は「孫と一緒に見られてよかった」の声や

お弁当の配達をしてくれるから主婦の方からは感謝の声が聞こえます。コロナ禍でできた事業だと感じております」

スクリーンショット 2020-08-28 11.34.27.png

 

◆今回のイベントを通してお気持ちを聞かせてください

「新イベントを開催するにあたって、見通しが立たないなか不安もありましたが、抽選券も予想以上の売れ

行きで、買っていただいた方や協力していただいた事業者の皆さんにとっても好評でした。「もう一度、これと似た抽選会を開催してほしい」との声も聞きました。まだまだ、先が見えないなか、部員全員と知恵を出し合い町のために活動していきたいと思います」と話してくれた

予告配信準備ss.jpg

生配信の実施状況

 

「7月12日ウポポイがOPEN」その後の様子

 

 

 

712日ウポポイがオープンして、2週間が経ちました。現在の状況について地元白老町商工会熊谷威二会長にお話しをうかがいました。

 

  

      住まい「チセ」

 ちせ.jpg

『民族共生象徴空間「ウポポイ」は、新型コロナウイルスの感染から当初土日は5千人のところ2千5百人の入場制限の中で、営業をしております。

 このような中ですが、隣接するJR白老駅北の商業ゾーン「白老駅北観光インフォメーションセンター」のお土産等の販売は好調です。

  また、インフォメーションセンターに隣接した場所で白老町主催、白老町商工会、白老観光協会が協力団体で「駅北賑わい」としてロングランイベントが企画実施されております。

センター.jpg 

「JR白老駅北口「白老駅北観光インフォメーションセンター」

さらに、「いぶり✧ウポポイウエルカムキャンペーン」を9月末までの期間限定で胆振総合振興局主催より胆振管内4市7町128店舗が参加し開催しています。

今後、600校以上の修学旅行が予定されてはいますが、商店街の売上を高めるためには、一般の入場者を増やす必要があり、商工会としても魅力のあるイベントを開催し、のぼり・店舗紹介パンフレット・駐車場表示や交流促進バスの活用方法などの周知により、回遊性を高めて商店街への誘導を図っていくことが求められており、購買力の向上に繋がる取組をさらに協議し進めて行きます。

    「開業に向け新調された店舗看板」

看板1.jpg看板2.jpg 

最後に、皆様も是非白老町の民族共生象徴空間「ウポポイ」にお越し下さい。お待ちしております』と話してくれた。

ウポポイは開業から10日目(722)に入場者が1万人を超えた。休日は平均1,800人、平日は平均1,000人の入場者数となっている。

コロナの影響により、感染対策に万全を期しての営業となっているので、当初目標からは少ない入場者数となっているが、商工会が中心となって、商店街等への来客誘導に向けて、さらなる取組みが期待されている。

 

根室管内商工連、釧路管内商工連が地域の課題を要望

 

根室管内商工連(橋本淳一会長)と釧路管内商工連(田中進会長)は、7月14 日に札幌市内で根室商工会議所(山本連治郎会頭)、釧路商工会議所(栗林定正会頭)と共に、根釧圏発展推進機構総会で決議された「北海道横断自動車道〔阿寒―釧路西間〕の早期完成」など40項目について、道、道開発局、道経産局、などに要望した。

 

また緊急要望として「新型コロナウイルス感染症の影響長期化に伴う中小・小規模事業者への事業継続支援」を要望した。

 

翌15日は、東京で国交省や経産省などに同様の要望を行った。

2道路局長.JPG

 

左から根室商工会議所山本会頭、釧路商工会議所栗林会頭、池田道路局長

 

伊東議員、釧路管内商工会連合会田中会長

 

女性部③.jpg

 

胆振管内 白老町

 白老町商工会女性部(熊谷あき子部長)は、12日に開業したウポポイの見学でこれから白老町に訪れる人たちに、きれいな町でおもてなしをしょうと部員13人が集まり、JR白老駅前やウポポイ周辺のゴミ拾いを行った。

 

 お揃いで商工会女性部の赤いエプロンを着け、JR白老駅からメイン通り、道道白老大滝線沿いのウポポイまで、約1.5Kmの区間の空き缶や吸い殻、ゴミを拾い清掃した。

ごみ拾いを行う女性部のメンバー.jpg

 

 熊谷部長は「白老町を訪れるお客さんに、きれいな町を見てもらおうとおもてなしの気持ちで実施しました。イランカラプッテと言って、是非町内の商店街にも足を伸ばしてください」と話してくれた。

 

1 2
トップへ戻る
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる