お知らせ

2019-03-26 10:51:00

平成31年3月21日(木)、大阪市中央体育館(柔道場)にて第22回西大阪大会が開催されました。

 

総エントリー約150名。兵庫西からは早川君、武市君、新﨑君の3名が出場。

 

新﨑君が幼年の部(上級)で準優勝。

シードだったので準決勝から登場、得意の上段廻し蹴りで合わせ1本勝ち。

決勝では1回り大きい相手に終始間合いを潰され得意の上段が出せませんでした。

相当強い子と国際前にやれて良かった。最後まで諦めず向かって行ったので強くなったと思いました。

最近道場で猛威をふるっている上段前蹴りが入り際に出せてたら、また面白い展開になったと思います。

 

武市君が小学2年の部(初級)で4位。

試合前の追い込み稽古で1番声を出し、ビッグミットは去年と別人の動きをしていました。

絶対大丈夫と言ったのがプレッシャーになったのか、経験の差が出たのか緊張で本来の半分も動けませんでした。

上段に過敏に反応して入って行けなかったり、効かせて止まっているのに対して同じ様に止まってしまい、終始相手がコントロールしてる印象が付いてしまいました。

3決では少し落ち着いたのかセコンドの指示通り、下段を蹴り始めたので、やっぱり下段は強いなと大きな武器も見つかりました。

 

早川君が小学5年の部(上級)で優勝。

膝とラッシュに加え、ある道具を使った蹴りの稽古でキレの出てきた上段での技有りも増えてきました。

選手会で見てるとかなり打たれ強くなっているので、ラッシュ勝負になると抜群の安定感が有ります。

去年の南大阪から広島、岡山、西大阪と4場所チャンピオンおめでとう。

 

皆さん国際大会に弾みの付く素晴らしい内容でした。

1553153896430.jpg