教行信証 (真宗の基本聖典)

ご門徒に馴染み深い正信偈は、親鸞聖人の著述「顕浄土真実教行証文類」(「教行信証」)の行巻の末尾にありますが、その理由も含めて先ず、この著作の略説をいたします。

IMG_0358.JPG   「顕浄土真実教行証文類序」

IMG_0359.JPG

「教行信証」は、教巻・行巻・信巻・証巻・真仏土巻・化身土巻の順に六巻より成ります。皆さんは、この《教行信証》という巻の並び順を不思議に思われませんか。

従来、「教行証」、すなわち、教(仏の教えを受け)、行(修行を実践し)、証(悟りに至る)、という言葉はありました。これは私たちの人生経験と同じく、先生・先輩に勉強・仕事を習い(教)、実行・実践し(行)、結果を出す・成績を残す(証)、ということになります。

もしこの過程に「信」が入るとすれば、どこが相応しいか、と考えた場合、それはおそらく、「教」と「行」の間ではないでしょうか。

人は教えられた事を鵜呑みにはしません。この方法で本当に成績は上がるのか、この手段で結果を出せるのか。信じられなければ、あえて時間や資本を投入しません。信じる時にはじめて実行・実践に移ります。このようにして、教と行の間に信が入る経験をするのが普通ですが、この信はあくまでも疑を前提とした各自の個別判断に基づくもので、その順は〈教信行証〉です。また、伝統的な仏教(聖道門:聖者の道)における「教行証」も、教えを信じた後、個人の行により悟りへの経験を積む道、即ち〈教信行証〉でした。
しかし、このような過程は、仏道本来の「教行証」にあらず、と聖人はいわれます。

聖人の説かれる念仏の道は、

「真実の教を顕さば大無量寿経これなり(法事のお経:浄土三部経参照)」(教巻)
一切衆生を必ず救わんという弥陀の本願(親心)を説く「大無量寿経」の教え。

「大行とは、すなはち無碍光如来(阿弥陀如来)の名を称するなり。この行は、・・・大悲の願より出でたり」(行巻)  
(大経にある)本願に至る法蔵菩薩の永劫の思惟と修行、その教えを伝えた釈尊・善知識の歩み、そ
して本願念仏を称えた人々の歴史、すなわち弥陀(他力)の大行。

「信楽(信心)を獲得することは、如来選択の願心より発起す」(信巻序) 
 如来より授かる信心。すなはち他力の信心。

「即の時に大乗正定聚の数に入るなり」(証巻) 
 念仏申す身と
なること。

という順になります。

信について、

「信は、すなはちこれ至心発願欲生心(浄土を願う、如来より賜る故の真実の衆生の心)なり」(化身土巻、本)

「衆生が理解し易きように、弥陀如来、至心(真実誠種の心)・信楽(真実誠満の心)・欲生(衆生の心)の三心を発したまうといえども、これら等しく疑心なく、真実信心(他力の信心)に帰一するがゆえに一心と言うべし。三心の一をなす欲生は、願楽覚知(弥陀の本願に気付かされ目覚めて、浄土を楽〈ねが〉うこと)のこころなり。」(信巻)

という旨を述べられます。つまり、「信」 は覚知すなわち、如來により気付かされ目覚めることだ、とされます。また、

「横超は、これすなはち願力回向の信楽」(信巻)とされ、仏の力(はたらき)により信に目覚める時は、一瞬にしてのこと(横超)だとも云われます。

一切衆生を救わんという本願念仏を説く大無量寿経があり(教)、本願成就のための法蔵菩薩(=いのち)の苦難の歩みがあり(行)、そのねがいに気付かされ、はっと目覚めたとき(信)、はじめて念仏申す身(正定聚)となる(証)、と。ゆえに、《教行信証》の順となるのです。

ところで、お念仏を称えると何か良いことがあるのですか、というご質問を受けることがありますが、お念仏は、何かを得るための手段ではなく、証(結論、終着)そのものなのです。

私たちが念仏申す身となることが、聖人の教え、七高僧の論釈、釈尊の教説、弥陀の本願の真実を証することに なるのです。一切衆生を救わん、という永劫にわたる弥陀の本願が、南無と合掌する凡夫の身の上に、その時、成就するのです。かつてよく、祖母が自らに、「お念仏申せ、お念仏一つや」と言い聞かせていた姿が思い出されます。まさにその通りであったのです。

「行」とは「弥陀の大行」のことですから、正信偈を唱えることは、弥陀の大行を讃え、微力ながらお手伝いすることを意味します。つまり、本願の教えを聴聞し、お念仏を世に伝える使命を果たしていくことになります。それで、正信偈は「教行信証」の「行」巻末に置かれているわけです。そして、この正信偈を踏まえて信巻が続くのですが、このような重層的な構成からも、聖人がいかに信を重んじられていたか、ということがわかります。

そして証巻初めに

 「謹んで真実証を顕さば、・・・煩悩成就の凡夫、生死罪濁の群萌、往相回向の心行を獲れば、即の時に大乗正定聚の数に入るなり。正定聚に住するがゆえに、必ず滅度に至る。」

 と説かれ、一切衆生が念仏申す身となる(往相回向の心行を獲た)時、大悲の誓願のはたらきを示現する真仏土が開かれる(必ず滅度に至る)といわれます。


つづけて聖人は真仏土巻頭に

 「謹んで真仏土を案ずれば、仏はすなはちこれ不可思議光如来なり、土はまたこれ無量光明土なり。しかればすなはち大悲の誓願に酬報する(一切衆生を救わんという仏の願にむくいこたえる=衆生を救うはたらきをする)がゆえに、真の報仏土と曰うなり。すでにして願います、すなはち光明・寿命の願これなり。」

と述べられます。

光の仏と光の国土、すなはち、自らは色や形を持たず、他を照らし出すときその存在が明らかとなる光、の世界です。光はそれ自体を見る事ができない、はたらきそのものです。弥陀の誓願が成就した(一切衆生が救われた)浄土も、考え及ばぬ仏のはたらきの世界であるゆえ不可思議光といわれ、真仏土(報仏土)と名付けられます。先の「滅度に至る」とは、この国土にて衆生のいのちが、無量光のいのちに摂取され不可思議光となり、無量寿のいのちとしてはたらき始める(南無阿弥陀仏になる)ということです。

つぎに化身土巻が説かれます。正式な標題は「顕浄土方便化身土文類」です。化身は釈尊のことですから、化身土(化土)とは釈尊が教化された私たちのこの世界を表します。浄土方便とは、浄土の教えが方便のまま終わってしまったことを意味します。未完の教化は誠に不本意なことで、もういちど教化されなおされなければならないという意味で、「浄土方便」と冠されていると思われます。

「教行信証」撰述のご真意は、「雑行を棄てて本願に帰す」(化身土巻後序)ことです。雑行とは日々の修行のことですが、従来の伝統仏教が説くところの聖道のみならず、自らの価値観でこれでよしとする私たちの生活をも指します。なぜ雑行ではいけないのか。釈尊の教化が不本意に終わっているからです。ゆえに、雑行を離れて弥陀の本願に帰さねばならない、と。今その道筋が明らかとなったからこそ、ご自身のみならず、人々が「本願に帰す」(浄土真宗に帰す)ことを願って、この書を撰述されたといえます。

このように考えますと、「教行信証」の最後に置かれた「化身土巻」は、実は最初の巻ともいえます。雑行に惑い化土を生きている衆生に、弥陀の本願を説いて、真実の教・真実の行・真実の信・真実の証・真仏土を示されているからです。したがって、「教行信証」は最後の「化身土巻」を新たなる始まりとして最初の「教巻」へと還り戻る円環構造をなしている、と言い得ます。

そこで最初の「教巻」に戻りますと、こう始まります。

「謹んで浄土真宗を案ずるに、二種の回向あり。一つには往相、二つには還相なり。往相の回向について、真実の教行信証あり。それ、真実の教を顕さば、すなわち『大無量寿経』これなり。・・・」

往相回向とは、自己の功徳を衆生に回向(施)して共に往生を願うことだ、と「往生論註 解義分」に曇鸞大師はいわれます。

聖人のいわれる往相回向は、浄土への往生は同じですが、自己の功徳ではなく如来の功徳によるものだ、ということなのです。「真実の」とあるのは、如来の教、如来の行、如来の信、如来の証、つまり、他力の教行信証であるからです。

如来による、他力の、真実の教行信証により、念仏申す身となって浄土へ往生する(正定聚となり滅度に至る)仏道を、往相回向すなわち「浄土真宗」とされるのです。

還相回向は、「教巻」「行巻」「信巻」の後の「証巻」で述べられます。「教巻」にある「一つには往相、二つには還相なり。」の後段を受けて、「二つに還相の回向と言うは、すなわちこれ利他教化地の益なり。」とあります。

如来の回向により浄土へ往生を遂げたとしても、それで終わりということにはならないのです。真仏土は衆生救済の「はたらき」の世界だと申しました。往生した衆生は、弥陀の誓願他力のもと、また化土に「はたらき」として還り、利他教化しなければなりません。浄土より還り来たって衆生救済の「はたらき」となること、これが還相回向なのです。そして続けて聖人は

「もしは往、もしは還、みな衆生を抜いて、生死海を渡せんがためなり。」(往生論註 解義分 起観生信章)と引用されています。

故人は成仏したのでしょうか、とよく尋ねられることがあります。

浄土に往生された故人が、衆生を利他教化して救済する「はたらき」となられたことを成仏といいます。つまり、往生は弥陀の誓願により必定ですから、浄土への往生が成仏なのではなく、往生の後ふたたび化土に還り、有縁の人々を導く還相回向の「はたらき=不可思議光」となること、そのことを成仏(いのちの完成=南無阿弥陀仏)と聖人はいわれるのです。

如来の回向により教→行→信→証と歩んで真仏土へ至り(往相)、また如来の回向により化土に還って衆生救済の「はたらき」となる(還相)、これを聖人は浄土真宗といわれます。ですから、ふたたび、→教→行→信→証→が繰り返されることになります。それは無限の円環ですが、「教行信証」は以下の言を以て閉じられます。

「『安楽集』に云わく、・・・前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え、連続無窮にして、願わくは休止せざらしめんと欲す。無辺の生死海を尽くさんがためのゆえなり、と。」(化身土巻後序)