カトー 金物総合商社

Welcome to our homepage
 0146-42-1235
お問い合わせ

お知らせ

2020 / 04 / 13  08:32

4月13日 喫茶店の日

週末は変わらずまうた元気の森を歩いています。

今回はエゾノリュウキンカが見られました。まだつぼみですが1~2週間で力強い花を咲かせるでしょう。毎年自然の力に元気をもらっています。

さて先週私の大嫌いな年金機構からの返信が遅いので確認の電話をしました。事の経緯は、4月から国民健康保険にしなければならないので3月中にその旨伝えて資格喪失届を4月1日に郵送しました。1週間待っても返信がないので電話をすると音声ガイドで混んでいますので待つかかけ直してと言ったので待ちました。苫小牧ではなくコールセンターのようなところにつながりことの経緯を伝えましたがそこでは受け付けたかは確認出来るが返信したかはわからないので答えられないと言われました。それはそうかもと受付確認をしてもらい受け付けてあると教えてもらい電話を切りました。次の日とまた次の日電話をしましたが音声ガイドで混んでいるとの返事しかなく待ってもまたコールセンターにつながると思い電話を切ることが何度かありました。そこで思い出したのが会社が資格喪失を認める書類があれば国民健康保険の申請が出来るはず。10日午後自分の会社から自分に対して認めた申請書類をもって行ったところ即日発行してもらいました。通院中で薬をもらわなければならない身なので(先月少し多く薬はもらっていた)大きく一安心しました。たぶん年金機構からは書類は届かないと思います。もう必要ないので催促もしませんが、制度として従業員は喪失届で資格失効の書類はもらえるが経営者に対しての対応が十分ではなく、そういう事例が認知されていないのではないかと思います。お役所仕事の人達の思考に経営者対応は入っていないものと思われます。だから3月に電話確認したのに結果なにもしてくれないのです。事実を事実として書き残したかったのでここに書き留めます。3月31日をもって年金機構にかかわる必要がなくなったことが私の喜びです。3月分の支払いと64歳になったら受け取りの申告をしなければなりませんが。約4年間年金機構と接触がなくなることは私の喜びです。

今週の1曲は、薬師丸ひろ子さんで「セーラー服と機関銃」200411_ヤチブキ.jpg

2021.01.27 Wednesday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる