郵送での*御朱印・御朱印帳*

新型コロナウィルスの感染拡大防止、

ご参拝の皆様の健康と安全を考慮いたしまして

8月も御朱印・御朱印帳・授与品(お札・お守)の郵送対応を承ります。

 

 ※9月以降の郵送対応は状況をみてまたお知らせいたします。

 

【郵送御朱印・御朱印帳】

※※注意事項※※

メールでの受付のみとさせていただきます

 

※神社から『確認メール』がお送りできない方がいらっしゃいます

(エラーで戻ってきてしまいます)

その際お電話にて確認させていただきますので、必ずお申込み時にお電話番号を記載ください

 

 

*御朱印は書置きをご郵送させていただきます

※お手持ちの御朱印帳を当社へ郵送しての書入れは行いません

 

御朱印帳も郵送でお頒かちいたします

御朱印帳をお受けになる方には御朱印帳へ浄書してご郵送いたします

 

※御朱印帳へ書入れができないもの

・『端午祭(真鯉・緋鯉・子鯉)』御朱印

・『夏越大祓(梅・紫陽花)』御朱印

・『雨傘(青傘・赤傘・緑傘)』御朱印

・『七夕祭(織姫・彦星)』御朱印

和紙でのお頒かちとなりますのでご注意ください 

 

 

 

 【お申込み方法】

お申込み

下記の内容をメールでお送りください

神社メールアドレス:turumine0307@yahoo.co.jp

 

*お名前・フリガナ

*郵便番号・ご住所

*お電話番号

*ご希望の御朱印(≪御朱印一覧≫よりお選びください)

*ご希望の御朱印帳(≪御朱印帳一覧≫よりお選びください)

*お支払方法(現金書留・銀行振込のどちらかをお知らせください)

 

内容が確認出来次第、必ず返信いたします

お申込みから1週間以内に当社からの確認メールが届かない場合は

お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。お電話で受付をさせていただきます。

 

※申し込みの内容等について当社よりお問合せをする場合がございますので

ご連絡先(電話番号)を明記願います。

 

 

 

初穂料(御朱印料)のお支払い

当社より返信が届きましたら初穂料をお納めください

 

≪お支払方法≫

現金書留

〒290-0242 

千葉県市原市中高根1223

鶴峯八幡宮
電話:0436-95-3595

 

 

ゆうちょ銀行 からのお振込の場合

ゆうちょ銀行 

宗教法人 鶴峯八幡宮

*店名・店番

058

*記号

10590
*貯金種目

普通貯金

口座番号

83497431

 

 

銀行 からのお振込の場合

ゆうちょ銀行 

宗教法人 鶴峯八幡宮

*店名・店番

058

*記号

10590
*貯金種目

普通貯金

口座番号

8349743

 

 

 

≪ご郵送料≫

*1冊300円

*2冊500円(2冊までまとめてお送りできます) 

3冊目以上お受けになる場合

1冊につき+300円頂戴いたします

 

 

スマートレターにてお送りいたします

 

ご朱印・御朱印帳・授与品のご郵送

入金が確認でき次第、ご郵送させていただきます

 

 

≪御朱印一覧≫

希望の御朱印をメールに記載してください

※日付は『(令和二年八月吉日)で浄書いたします 

 

1.通常御朱印『鶴』 500円 gosyuin_tsuru.JPG

2.境内末社御朱印

『若竹之宮』

1000円

gosyuin_wakatake.JPG

3.境内末社御朱印

『弁財社』

500円

gosyuin_benzaiten.JPG

4.3月月替御朱印

『夢見月』

500円 R2_3_tsuki.JPG

5.4月月替御朱印

『清和月』

500円 R2_4_tuki.JPG

6.4月御朱印

『春うらら』

1000

R2_4_haruurara.JPG

※2面見開きサイズとなります

 7.月替御朱印5月

『田草月』

500円

R2_5_tuki.JPG

8.『端午祭』御朱印~真鯉∼

【書置き】

1000

 ※日付は祭典日の『5月5日』となります

※2面見開きサイズとなります

R2_5_tango1.JPG

【真鯉】

 

お父さんを表す真鯉は『黒』

 

黒は、五行説で冬と水を表します

 

五行説の冬は、固く閉ざされた季節であり、

 

水は全ての生き物の命の源です

 

必要不可欠な存在を表しています

9.『端午祭』御朱印~緋鯉∼

【書置き】

1000

 ※日付は祭典日の『5月5日』となります

※2面見開きサイズとなります

R2_5_tango3.JPG

【緋鯉】

 

お母さんを表す緋鯉は『赤』

 

赤は夏と火を表します

 

夏はたくさんの命をはぐくむ季節であり

 

火は万物を生み出す源で知恵を象徴します

 

 子供をたくましく産み育てる温かいお母さんを表します

 

10.『端午祭』御朱印~子鯉∼

【書置き】

1000

※日付は祭典日の『5月5日』となります

※2面見開きサイズとなりますR2_5_tango2.JPG

【子鯉】

 

子供を表す子鯉は『青』

青は春で木を表します

 

 

春は生命が生まれ、のびのびと活動を始める季節であり

 

草木がすくすく真っすぐに伸びていく様は

 

子供の成長を表しています 

 

 

11.月替御朱印6月

『水月』

500円 R2_6_tuki.JPG

12.6月特別

『雨傘御朱印』

~青傘∼

【書置き】

1000

R2_6_ame_blue.JPG

※2面見開きサイズとなります

13.6月特別

『雨傘御朱印』

~赤傘∼

【書置き】

1000

R2_6_ame_red.JPG

※2面見開きサイズとなります

14.6月特別

『雨傘御朱印』

~緑傘∼

【書置き】

1000

R2_6_ame_e.JPG

※2面見開きサイズとなります

⑮・⑯『夏越大祓』祭典御朱印(2種 梅・紫陽花)

≪『蘇民将来子孫家門』のいわれ

 

昔、ある村に蘇民将来そみんしょうらい巨旦将来こたんしょうらいという名の兄弟がいました。

ある晩スサノオノミコトという神様が、旅の途中一夜の宿を求めてきました。

弟の巨旦は裕福にも拘らず断りました。

一方、兄の蘇民は貧しいにも拘らずミコトをお泊めして、厚いおもてなしをしました。

お喜びになったミコトは蘇民に

「今後悪い病気が流行った時は、蘇民将来の子孫と言い、茅で作った輪を腰に着ければ免れるだろう

と言いました。

その後、村では疫病が大流行しましたが、

茅の輪を着けていた蘇民は疫病から逃れる事ができました。

 

 

こうした言い伝えから 茅の輪くぐり神事が行われ

茅の輪ををくぐる事で、邪気を祓い、無病息災のご利益があるとされています

世界中でコロナウィルスの感染拡大が深刻となっている今

一日でも早い収束を祈り、『蘇民将来子孫家門』の御朱印を浄書いたしました

15.『夏越大祓』御朱印

~梅∼

【書置き】

1000

R2_6_oharae_2.JPG

 ※日付は祭典日の『6月30日』となります

※2面見開きサイズとなります

「梅はその日の難逃れ」

梅を食べればその日一日災難から逃れることが出来る

ということわざがあったり、

「梅は3つの毒を断つ」とも言われています

毎年6月「梅雨」の時期に

当社の梅も実を実らせご神前に奉納しております 

 

16.『夏越大祓』御朱印

~紫陽花∼

【書置き】

1000

R2_6_oharae_1.JPG

※日付は祭典日の『6月30日』となります

※2面見開きサイズとなります

17.月替御朱印7月

『七夜月』

500円

 R2_7_tuki.JPG

⑱、⑲『七夕祭』祭典御朱印2種(織姫・彦星)

P7010781.JPG

*七夕祭とは*

7月7日は織姫様と彦星様が年に一度「再会」という願いを叶えます

2人のように『ご縁を結び、願いが叶うように』と神様に祈念する祭典です

18.『七夕祭』御朱印

~織姫∼

【書置き】

1000円

R2_7_tanabata_ori.JPG

※日付は祭典日の『7月7日』となります

※2面見開きサイズとなります

 

19.『七夕祭』御朱印

~彦星∼

【書置き】

1000円

R2_7_tanabata_hiko.JPG

※日付は祭典日の『7月7日』となります

※2面見開きサイズとなります

20.月替御朱印8月

『穂張月』

500円

R2_8_tuki.JPG

21.『夏詣』御朱印

~向日葵・上の句~

【書置き】

1000円

R2_8_natumoude1.jpg

※2面見開きサイズとなります

22.『夏詣』御朱印

~夏雲・下の句~

【書置き】

1000円

R2_8_natumoude2.jpg

※2面見開きサイズとなります

*夏詣御朱印を2種類お申込みで、御朱印帳に直書きの場合

上の句・下の句を繋げて(4面)浄書いたします

R2_8_natumoude3.JPG

 

 

 ≪御朱印帳一覧≫

*詳細は『御朱印・御朱印帳』ページをご参照ください

 ※当社よりお気持ちでプレゼントしております『梅結帯(御朱印バンド)』は

こちらで似合うお色を選定し御朱印帳と一緒にお送りいたします

御朱印帳『めでた尽くし』 各色2000円

A.赤色 gosyuin_obi_7.JPG gosyuin_red_1.JPG
B.青色 gosyuin_obi_5.JPG gosyuin_blue_1.JPG
C.紫色 gosyuin_obi_6.JPG gosyuin_yello_1.JPG
D.桜色 gosyuin_obi_15.JPG gosyuintyou_p_3.JPG
E.若草色 gosyuin_obi_16.JPG gosyuintyou_g_1.JPG
*『梅結帯』(御朱印バンドについて)*

 

*郵送で御朱印帳をお申込みの方はこちらで似合う色を選定してお送りいたします

57C59448-E938-450A-A725-6BB60D5FC187.jpeg

『鶴峯八幡宮から御朱印帳をお受けになった皆様と

 そこからたくさんの神社様との良きご縁が結ばれるように

 水引を『梅結び』で結んだ御朱印バンドです

当社の御朱印帳を受けて下さった方に

神社からのお気持ちでお渡しいたします

 

 gosyuintyou_p_g_2.JPG

当社の巫女が一つ一つ手作りで奉製している為

数に限りが出てきてしまいますが

出来るだけ、受けてくださった方全員にお渡しできるよう奉製しております

(※バンドのみのお頒かちはしておりません)

 

 

御朱印はご参拝し、大神様とのご縁のお印です

御朱印がご自宅に届きましたら、神社の方角を向き遥拝(ようはい)をもちまして

お参りとさせていただきます

 

事態の収束、お時間の都合が叶いましたら是非神社にご参拝下さい

心よりお待ち申し上げます