お知らせ・ご案内

2013年からから開催してきた「七夕踊写真コンテスト」を衣替えし、いちき串木野市の旧「市来」町内にある4つの祭・踊を対象として、「第一回市来の祭り写真コンテスト」を今年から開催したところ、53名の方々から240作品もの応募がありました。主催者として、応募者に対して感謝の言葉も見つかりません。ありがとうございました。

応募作品の審査については、10月15日、鹿児島県写真協会の村上光明会長を審査委員長に審査した結果、栄えある初代「市来の祭り総合大賞」には、薩摩川内市在住の久保政行さんが祇園祭の風景を撮影し応募された「晴れ舞台」が選ばれました。おめでとうございます。

 

大賞作品講評:村上光明 (公益社団法人JPS日本写真家協会会員)

「日没後のブルーモーメント(白夜)にタングステンの暖かい山車の灯が相まって祭りの宵を演出しています。魚眼レンズを使用することでデフォルメを利用して迫力満点に仕上げました。地域の輪と暑い夏の夜風が見る側にも涼しく映ります。」

 

また、各祭・踊の大賞は次の通りです。

祇園祭大賞:「ぎおんの華」坂本恵美子(いちき串木野市)

七夕踊大賞:「ウシの出番は」濱田俊浩(いちき串木野市)

川上踊大賞:「陶酔」前野淳子(鹿児島市)

虫追踊大賞:「稲穂垂れる秋」大社正照(鹿児島市)

なお、保存会長賞等各賞については、添付のPDFファイルの通りです。

優秀作品については、10月31日から11月5日迄、いちき串木野市「アクアホール」で開催される市民文化祭で展示します。

(優秀作品は、受賞者から原版が届き次第随時、ホームページに掲載します)

 

 

pdf コンテスト入選者名.pdf (0.07MB)