お知らせ・ご案内

毎年「習し」から踊に学術研究のため来鹿される成城大学の俵木悟先生から「喜多文庫」に昭和43年の七夕踊の写真が掲載されている旨の情報をご提供いただきました。

この資料は、日本各地で民俗芸能の詳細なフィールドワークをおこなった喜多慶治氏による写真データが公開されています。

喜多慶治氏の民俗学関係資料は、1992年に本学(神戸女子大学)図書館に寄贈され、喜多文庫と名づけられました。その内容は、全国各地の芸能を撮影したスライド9,381点、カラーネガ11,939点と白黒ネガ28,700点、現像された写真、喜多氏による調査記録のノート等から成っています。そのうちスライド全点について、撮影日時、撮影場所を付して、このデータベースで公開されており、七夕踊については、昭和43年8月7日の奉納の模様が掲載されています。その中には、今は伝説?となっている「カット」や「カネゴン」もあります。

貴重な写真が豊富に掲載されており、今後の踊継承に向けて大いに参考になることとおもいます。

トップページ左の「喜多文庫民俗芸能資料」のバナーをクリックすると、喜多文庫の七夕踊のページにリンクします。