五月山Y・B ペールエールのこと〜うどん屋でご機嫌なクラフトビールを

https://r.goope.jp/kinuuken/info/5273798

 

「五月山Y・Bペールエール」生樽開栓しました。

箕面ビールペールエールのご愛飲ありがとうございました。

引き続き絹う研では、新しいクラフトビールの生樽を開栓しました。

 

今回、皆さんにお届けするクラフトビールは、

鳥取県米子のジャッププルワリーが醸造した、

「五月山Y・Bペールエール」です。

 

五月山YBポップ (1).jpeg

 

 絹う研開設当時の13年前。

ビール好きの副所長と娘のために

ウチのうどんに合うビールを是非見つけて、

どうせなら生樽を置きたいと、

いろんなビールを買い込み飲みまくり、

生樽置いてる店に飲みに行ったりしました。

 

所長は下戸で、横でカルピス飲んでましたが、

まぁ、舐めれば味はわかる・・・

 

そしてあるカフェで出会ったビールが

バスペールエールでした。

 

  DSCF0063.jpeg

 

これや、これしかないで。

そして、絹う研の生ビールは、

アサヒが輸入している「バス・ペールエール」決まりました。

 

RIMG2540.jpeg

 

コクがあるのに飲みやすい、

絹う研のうどんとおかずになぜかよく合う、

歴史ある英国のビール。

週末の絹う研はご機嫌な居酒屋と化していました。

 

ところがアサヒがこの「バス・ペールエール」の取り扱いを止めてしまい、

生樽はもちろん瓶も日本では飲めなくなってしまいました。

 

うどん屋なので、ビールがなくても何の問題もないのですが、

うどんやおかずが美味しくなるビールがあるならと始めた生ビール、

思いあまって初めてバスを飲んだカフェに相談したところ・・・

元いたスタッフが鳥取の米子でビールを造っていて、

バスのようなビールを頼んで作って貰った。

いや、「バスのようなビール」だけだとバスを超えることは出来ないから、

バスを超えるビールを目指して作ったとのこと。

 

これは大変! 

慌てて飲ませて貰いに行ったら、これがまた美味い美味い。

下戸の私でも、あの、バスを初めて飲んだときの感覚がよみがえる。

 

もしかしてこれを絹う研でも出せないかな・・・

ご検討頂いていたら

コロナ禍が訪れ、所長が病に倒れ、

ビールどころではなくなってしまいました。

 

所長も退院して一年が経ち、

コロナも少し落ち着いてきました。(油断は出来ませんが)

もう一度そのカフェに連絡を取り、ブルワリーへも相談させて頂き、

このビールを分けて頂くことが出来ました。

 

そして、四年ぶり?に舐めてみたこのビール、

ああ、美味し。

 

絹う研のうどんとおかずに合う生ビール。

だからこそ、空冷式のビールサーバーも用意して、

飲んでもらえるように出来ました。

 

美味しいビールとうどん。

絹う研で美味しいひとときを是非。

 

IMG_9902.jpeg