白老町商工会

Shiraoi town Society of Commerce and Industry
 0144-82-2775
お問い合わせ

商工会からのお知らせ

2020 / 07 / 02  13:31

~白老町~ 新型コロナ対策 小規模事業者等経営支援事業給付金

 

小規模事業者等経営支援事業給付金

経営支援給付金とは

 新型コロナウイルス感染症の拡大による一時的な業況悪化から、資金繰りに支障をきたしている本町の商工業者を支援するため、白老町商工会が白老町からの補助を受けて、町内商工業者に対し給付金を交付する事業です。ただし、新型コロナウイルス感染症対策中小企業等緊急経営支援事業給付金を受給した事業者は該当となりません。

◯給付の対象となる事業者は次のとおりです。

  町内事業者のうち、新型コロナウイルス感染症の拡大に起因して深刻な影響を受けた者 

 (1) 令和2年2月~6月のいずれかの月の事業収入が前年同月比20%以上の減収となった小規模事業者(個人事業者含む)

 (1)規模を問わず、北海道による休業要請の対象となっている事業者

給付額は

事業収入の最大減少率20%以上~50%未満  :10万円

事業収入の最大減少率50%以上        : 5万円

北海道の休業要請対象事業者(事業規模問わず): 5万円

給付対象は…以下のすべてを満たすことが条件

1 白老町内に事業所を有していること。

2 令和2年1月末以前に創業した事業者であり、かつ、今後も事業を継続する意思があること。

3 この事業がスタートした時点において、営利を目的として事業を現に継続的に営む者であって、かつ、事業収入が総収入(給与所得を含み、公的年金を除く)50%以上であること。

4 小規模事業者であって、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、令和2年2月から6月までのいずれかの月における事業収入が前年同月比で20パーセント以上減少していること。又は休業要請対象事業者であること。(※平成31年2月から令和元年6月の全期間において、傷病や不可抗力によりやむを得ず休業した事業者については、「前年」を「前々年」に、令和元年7月以降に創業した事業者にあっては、「前年同月」を「創業月から令和2年1月までのいずれかの月」と読み替えるこことができます)

5 代表者等が「暴力団による不当な行為の防止等に関する法律」に掲げる暴力団の構成員その他の反社会的団体である者又はこれらの構成員が行う活動への関与が認められる者でないこと。

申請先と受付期間

(1)申 請 先:白老町商工会

(2)申請期間:令和2年7月1日(水)~同年11月30日(月)

(3)受付時間:午前10時から午後4時まで【最終受付午後3時】土日祝日を除く

 ※来館の際は、マスクの着用、前後の方と適度な距離を保つなど、ご協力をお願いいたします。

給付金交付申請・請求書(様式第1号)に添付する書類

(1)暴力団対策法に接触しない旨を記した誓約書(様式第2号)※商工会にあります。

(2)法人の場合は、定款の写し

(3)直近の確定申告の写し(1期目の決算前である場合は、開業届の写し)

(4)帳簿の写し(日々の取引を記したものであって、令和2年2月から6月と前年同期間の全ての事業収入
   が確認できるもの)

(5)事業に係る預貯金通帳の表紙と表紙の裏のコピー

 ※白老町商工会員は(1)~(2)を省略できる場合があります。

支給の対象とならない新型コロナウイルス感染症対策中小企業等緊急経営支援事業給付金とは?

 6月末まで商工会で新型コロナウイルス感染症対策中小企業等緊急経営支援事業給付金給付金事業を実施し

ておりました、本町の飲食業、宿泊業、旅客自動車運送業者を支援するための給付金事業の事です。

交付申請・請求書、誓約書について

必要な添付書類の確定申告書の写しとは?

 交付申請書・請求書・誓約書は商工会にも備え付けられております。印鑑をご持参ください。

 確定申告書の写しは、法人は直近前期の分、個人事業主は令和元年分をご用意ください。

 いずれの場合も、税務署の収受印が押されているか、電子申告の場合は申告データ受付メールのコピーを添付してください。

交付申請・請求書に添付する帳簿の写しとは?

 令和2年2月~6月の全ての月の売上帳と、前年同月の売上帳をご用意ください。(日々の売上が記入されていること)

  傷病や不可抗力による休業などにより、前年同月は休業していた場合には、前々年同月の売上帳をご用意ください。

 令和元年度7月~令和2年1月末までの創業事業者には、創業月から令和2年1月までのいずれかの月と比較します。

 帳簿の様式は、元帳用紙に限らず会計事務所のもの、表計算ソフトによるもの、ノートに手書きしたもの、いずれでも    構いません。

 なお、複数の収入がある場合は、事業収入が総収入(給与所得と含み、公的年金を除く)の50%以上となっていることが要件の一つとなっています。

事業に係る預貯金通帳の表紙とその裏のコピーとは?

 申請者名義の通帳の写しをご用意ください。

 金融機関名・店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人を確認します。

 通帳のオモテ面と開いた1・2ページ目両方のコピーをご用意ください。

 当座預金の場合は、当座勘定入金帳など通帳に代わるものを同様にコピーして写しを添付してください。

申請から給付金支給までの流れは?

  申請書類を提出→商工会が書類を点検→交付決定通知→給付金を口座へ振込

         →不備あれば修正→交付決定通知→給付金を口座へ振込

         →条件を満たさない場合→不交付を通知

申請書様式

 

 pdf 様式一式(申請書・誓約書).pdf (0.1MB)

 pdf 様式一式 記入例.pdf (0.11MB)

 pdf 小規模事業者等経営支援事業給付金 チラシ.pdf (0.29MB)

 








2020 / 05 / 29  09:50

商工会がお手伝いします!(予約必要)国の持続化給付金 支給申請サポート

国の持続化給付金 支給申請サポート

持続化給付金とは

 新型コロナウイルス感染症拡大により、営業自粛などによって特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金で、国から給付されます。

   ダウンロード(PDF)→ 中小法人向け申請要領  個人事業主向け申請要領

給付額は

個人事業主等は100万円まで、法人は200万円まで(1回のみ)

 ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限です。
 ■給付額の算定方法

前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)

 ※(個人の場合は1月~12月。法人の場合は前事業年度。)

給付対象は

 フリーランスを含む個人事業主、中小法人を対象とし、医療法人、農業法人、NPO法人など

会社以外の法人も幅広く対象となっています。(資本金10億円以上の大企業を除く)

※法人成、新規開業、事業承継された方の特例がありますので、申請要領をご確認ください。

 申請サポートとは

 白老町商工会が、持続化給付金の電子申請を困難に感じている方の入力のお手伝いをします。
申請に必要なメールアドレスの取得も支援します。

 ご自身が給付対象となるかどうか、メールアドレスの有無などをあらかじめご確認し、下記の必要書類をご持参の上、必ず事前予約してから会場にお越しいただきますようお願いいたします。

   予約電話 82-2775 (予約開始:6月1日(月)午前10時~)
   開始日時 令和2年6月8日(月)~当面の間、午前10時~午後4時まで
   会 場 白老町商工会(白老町大町2-3-4しらおい経済センター)
※来館の際は、マスクの着用、前後の方と適度な距離を保つなど、ご協力をお願いいたします。

申請手続きに必要な書類(コピーではなく現物をご持参ください)

法人

個人事業主

1.法人番号

2.直近前期の法人税確定申告書第1表、法人事業概況説明書

 (注釈1)

3.減収月の日々の収入額の売上帳簿(様式不問)

4.預金通帳:申請する法人名義または代表者名義

1.本人確認書類(免許証・個人番号カード・健康保険証)

2.2019年の所得税確定申告書・決算書の控え(注釈1)

3.減収月の日々の収入額の売上帳簿(様式不問)

4.開業年月日がわかるもの

5.預金通帳:申請者本人名義

 (注釈1)税務署の収受スタンプが押印されていること。
     
e-taxで税務申告をされている場合は、受付完了メールの写しが必須となります。

 

申請補助用紙をダウンロードし、全ての項目を事前に記入してから予約日に持参下さい。

 

pdf 法人向け申請補助用紙.pdf (0.22MB)  pdf 個人向け申請補助用紙.pdf (0.2MB)

 

必要書類2.直近前期の法人税確定申告書第1表など

【法人の方は必ず読んでください】
 ・3月決算の法人が対象月を2020年2月とした場合、前の事業年度は2018年4月~2019年3月です。
 ・12月決算の法人が対象月を2020年2月とした場合、前の事業年度は2019年1月~2019年12月です。

【対象月とは】
 月間の事業収入等が、前年同月比50%以下となる月で任意に選択した月を【対象月】と呼びます。
 対象月は、2020年1月~12月までの間で各事業者さんが選択した月とします。

必要書類3.減収月の売上帳簿

 令和2年1月~12月のいずれか一月の売上帳簿(日々の売上を記入したもの)をご用意ください。

 帳簿の様式は元帳用紙に限らず、会計事務所のもの、表計算・会計ソフトによるもの、ノートに手書きしたもの、いずれでも構いません。

 

2020 / 05 / 17  18:44

北海道による追加休業要請が発表されました ~ 臨時特別支援金について

対象施設<5月16日から5月31日まで>
  基本的に休止を要請する施設<新規ウィンドウ>

対象外施設
  基本的に休業要請を行わない施設(適切な感染防止対策の協力を要請)<新規ウィンドウ>

 

NEW!経営持続化臨時特別支援金について

北海道は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続に取り組んでいる事業者の皆様をご支援する、新たな2つの制度を創設しました。

・【支援金A】今回の道の休業要請にご協力いただいた事業者の皆様が対象【10万円】
主な要件
 ①道の休業要請にご協力いただいた事業者(スナック・バー等)であること
   ※遅くとも令和2年5月19日(火)から5月31日(日)まで、休業等にご協力いただくことが必要です。
    なお、飲食店等は、「酒類提供時間の短縮(19時以降)」の要請が石狩管内以外解除されたので、対象外となります。

 ②国の提唱する「新しい生活様式」を実践すること
  ★別添資料2-1:「新しい生活様式」の実践例
  ★別添資料2-2:「新北海道スタイル」安心宣言
 ③道の休業協力・感染リスク低減支援金を既に受給している方
   ※4/25~5/15までの休業要請に対する支援金を申込んで交付決定された事業者以外は、この支援金Aを申請できないようなのでご注意ください。

 

・【支援金B】今回の道の休業要請(支援金A)の対象外の事業者の皆様が対象【5万円】
主な要件
 ①休業要請の対象外だが、長期間の外出自粛や自主的な休業により、月の売上が前年から、1/2以下になった事業者
   ※基本的に国の持続化給付金の対象者が、対象となります。
 ②国の提唱する「新しい生活様式」を実践すること
  ★別添資料2-1:「新しい生活様式」の実践例
  ★別添資料2-2:「新北海道スタイル」安心宣言

 

★パンフレット【2020年5月15日20:00】

 受付の開始日や期限等、制度の詳細は公表され次第お知らせします。

 

2020 / 05 / 14  18:00

~北海道~ 休業協力・感染リスク低減支援金の申請方法について

5月15日13時から電子申請がスタートします

・北海道による支援金の電子申請受付が開始されることとなりましたので、ご案内いたします。
  印刷・郵送不要!スマホでお手続きできます!

・同日付で、郵送申請先が変更されました。
  〒060-8791 (住所は記入しなくても届きます)
  (あて名)北海道休業協力・感染リスク低減支援金事業運営事務局

・同日付で、支援金コールセンターが設置されました。
  でんわ 011-351-6469

・なお、申請に関するお問い合わせは、今までどおりです。
  北海道休業要請専用ダイヤル
      011-206-0104 または 011-206-0216

ご案内のチラシはこちら pdf 申請方法.pdf (0.08MB)

 

2020 / 05 / 05  15:15

休業等の要請期間の延長について ~北海道~

 令和2年5月4日、政府において、5月6日で期限を迎える緊急事態宣言の5月31日までの延長が決定しました。

 北海道においても、「新型コロナウイルス感染症」感染拡大防止のための「緊急事態措置」が5月31日まで、休業等の要請期間は、当面5月15日まで延長されました。

 

「休業協力・感染リスク低減支援金」の支給要件は、下記のとおり変更されましたので、お知らせいたします。

「休業協力・感染リスク低減支援金」については、予めお知らせしたとおり、
休業要請の期間延長に伴い、休業のご協力をいただく必要がありますが、
今回の期間延長に伴う支援金の取扱
いについては、再延長の如何に関わらず、
休業、酒類提供時間 の短縮を5月15日(金)まで継続
していただくこ
とが支援金の支給要件となります。

1 2 3 4
2020.07.05 Sunday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる