山梨県都留市は、江戸時代徳川家光の重心秋元氏が納めた谷村城、勝山城の城下町でした。秋元氏は、3代に渡り、郡内縞(正絹の縞模様の郡内織)を郡内地域(山梨県東部地区)の大切な財源として、江戸や京都、大阪まで広めました。

郡内織物問屋森島商店は、かつては都留市の一大産業であった郡内織を、郡内地区の腕のいい機屋(はたや)さん達と、今も守り続け、今に活かしています。

4A56017B-AB52-49C5-991F-F9B67E01E685.jpeg     ふるさと納税のお礼の品

 

 

 

gunnaiori-qr.png

 

 

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる