郡内織の特徴

細番手の経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を予め染色し、整経(経糸を織りだしのできるように経一列に並べる)を行い、紋紙という柄の出し方を指示するパンチカードにしたがって、織りながら、繊細な色や柄を表現していくところです。
伝統ある織物でありながら、時代に合わせて実用性も兼ね備える織物も多数生み出しているところも、郡内織の特徴です。
一枚の布が出来るまで、機屋さん(はたやさんと読みます。機織さん)、糸屋さん、染色屋さん、整理屋さん(生地の仕上げの撥水加工等)など、沢山の職人さんの力をかりて、弊店がオーケストラの指揮をするようにオリジナルの生地を作り上げています。

C34713A8-F18C-4288-9C18-D08EEC5156AF.jpegEB6B6FCE-B880-4C22-AD0B-49BAE94ACA29.jpeg79E40AC9-973E-463B-B185-B4A2D44EA39F.jpeg

トップへ戻る
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる