NPO法人
アイパートナー

主に三重県内の視覚障害者・児を対象に、歩行訓練、生活訓練を実施しているNPO法人です。

ホームページのメニューは、ぜんぶで10項目くらいあります。
音声読み上げで閲覧していただく場合は、メニュー内容のあとに、リンクと読み上げします。

リンクと読み上げたところをクリックすると、その項目の詳細なページに移動します。
 090-5034-3691
お問い合わせ

インフォメーション

2023 / 06 / 30  08:30

令和5年7月の休業日

7月の休業日は

1日(土)

2日(日)

6日(木)

8日(土)

16日(日)から18日(火)

22日(土)

23日(日)

28日(金)

30日(日)

の予定です。

2023 / 06 / 24  22:00

受講者募集中です! 同行援護従業者養成講座 多気会場(8月)開催します。

【予告】同行援護講習会 多気会場(8月開催予定)を開催します

 pdf 同行援護多気会場開催ご案内 令和5 2023.8月 多気会場.pdf (0.54MB)

8月、同行援護従業者養成講座(多気会場)を開催します。

 視覚障害児・者に対する外出支援技術の基礎から応用までを学んでいただけます。

講師は、視覚障害者生活訓練等指導員として25年以上、視覚障害児・者の歩行・生活訓練に従事し、後進を育成しつつ、数多くのガイドヘルパー(現制度で同行援護従業者のこと)を養成するなどの実績を持っています。資料豊富、実技も丁寧に積み上げることを心がけています。

同行援護従業者として従事する以外にも、視覚障害について基礎を知りたい方には最適な講習内容になっています。幅広く、ご参加をお待ちしています。

受講申し込みの方はこちらをクリック

●講習会に関するお問合せ先

 NPO法人アイパートナー(電話:090-5034-3691、メール:2000eyepartner@gmail.com 

 

同行援護従業者とは、視覚障害者の外出を支援するための知識と技術を有する専門職です。ガイドヘルパーとも呼ばれ、同行援護サービスを実施する事業所の人的な担い手になります。基本的に、同行援護をするには同行援護従業者になっていただく必要があります(いくつかの他専門職でも実施できるようにはなっているものの、報酬減算されます)。 講習修了者には修了証が発行されます。修了証は、全国でご活用いただける証書になります。

講習会のカリキュラムには、一般課程(全3日間)と応用課程(全2日間)があります。

(A)一般課程+応用課程の両方を受講 25,000円(税込)

(B)一般課程のみを受講 19,000円(税込)

(C)応用課程のみを受講する方法 11,000円(税込) (注)応用課程を受講するためには、一般課程を修了していることが条件になります。 

(応用課程は、サービス提供責任者になる要件のひとつに数えられています。)

※一般課程から受講の方は、スケジュールの許す限り、応用課程も合わせて受講することをご検討ください。応用課程は、より深い学習内容が用意されていて、応用的支援技術のほか、重複障害についても学びます。

 

●講習会日時について

 一般課程(全3日間): 令和5年 8月21日(月曜日)、8月22日(火曜日)、8月23日(水曜日)

 応用課程(全2日間): 令和5年 8月25日(金曜日)、8月26日(土曜日)

講習時間は、各日とも9時00分から17時10分までの予定です。

 

●講習会場について

 特定非営利活動法人多気優心(住所:三重県多気郡多気町相可364番地1

 

●講師について

 講師氏名 前川賢ー

 略歴

  平成9年3月 視覚障害者生活訓練等指導者養成課程前期課程(歩行訓練士)修了

  平成17年3月 視覚障害者生活訓練等指導者養成課程2年課程(歩行訓練士)修了

  平成27年3月 国立大学法人三重大学 大学院教育学研究科 教育学専攻(特別支援教育領域)修士課程修了

  平成12年7月〜現在 特定非営利活動法人アイパートナーを設立。自らも視覚障害者生活訓練等指導員として、
  後進を育成しながら視覚障害者の各種自立生活訓練に従事。現在至る

  平成20年4月〜現在 三重大学教育学部講師 視覚障害者概論・障害者支援実践を担当 現在至る

  平成29年4月〜現在 日本福祉大学講師 生活支援技術・視覚障害者支援論を担当 現在至る

  令和3年4月〜現在 神戸大学人間科学部講師 障害とリハビリテーションを担当 現在至る

IMG_1448.jpeg

1
2024.03.01 Friday