鼻涙管閉塞症

 ふだん涙を流しても目からこぼれないのは、涙が目を潤したあとの余分な涙が、まぶたの内側にある穴から涙の道(涙道)をとおって、鼻の中に流れ出るからです。その涙道が先天的または後天的に狭くなったり、閉塞したりすると,涙の流れが悪くなり目から涙がこぼれてきます。これが涙目です。

 

 涙道

 

 

 目に涙があふれてしまうため、見えにくくなったり、目から涙がこぼれてまぶたがただれたりします。この涙の道に感染がおきると、目やにが出てきます。さらに悪化して目頭の部分にある涙のうが化膿すると、腫れきて痛みがでます。これが涙のう炎です。

 

 

治療

 目やになどに対して抗生剤の点眼剤などを使いますが、あくまでも対症療法です。根本的な治療閉塞を開放することです。

 

 元々の涙の道を再利用するのが、涙管チューブ挿入術です。まず閉塞部を開放しますが、ただ開放するだけでそのままにしておくと、すぐに再閉塞してしまいます。再閉塞を予防のために開放後には専用のチューブを開放した涙の道に挿入します。

56fd94e013c23.jpg

 以前はこの閉塞の開放には、金属のブジーを使って盲目的に開放しておりました。そのため、元々の涙の道に開けることが出来ず、誤った道に開いてしまい、再閉塞の原因となることがありました。当院では涙道専用の内視鏡を使用し、直視下に鼻涙管の閉塞部を確認し、閉塞を開放して、専用のチューブを挿入します。また、鼻腔内専用の内視鏡を用いて、チューブがきちんと鼻の中の正常に位置にでているか、鼻腔内に閉塞をするような病変がないか等を、直接に確認します。昨年は他施設での施行を合わせて111側施行しております。


IMG_3623.jpg   lac-06fy.jpg

 手術は局所麻酔で行い、通常15分前後かかります。術後チューブを入れている間は、定期的に通院していただき、涙管の洗浄が必要となります。挿入したチューブは2〜3ヶ月間留置したのちに抜去します。

 

 

 しかし、内視鏡では閉塞を開放できなかったときや再発を繰り返すとき、また病状・病態によっては新しい涙の道を作る手術(涙のう鼻腔吻合術)をおこなう場合もあります。

 

 

赤ちゃんの先天性鼻涙管閉塞』は、生まれて間もなくから泣いてもいないのに涙をながし、目やにが多くでます。決して珍しいものではありません。成長にともなって自然と治ることも多く、涙のう炎をおこさなければ、8か月から1歳まで点眼やマッサージなどで様子を見ることもあります。しかし、残念ながら自然に治らないときはブジー(細い針金のようなもの)で閉塞を開放します。昨年は他施設での施行を合わせて36側施行しております。
しかし、開放できないときは上記のチューブ挿入などの治療を追加しなければならないこともあります。

 

ご相談ください。

 

関連サイト:流涙って

 

 

〒330-0804

埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-330

ハートフル大宮 202 さいき眼科

  TEL:048-783-5815