白内障手術

白内障とは
 目の中にあるカメラのレンズに当たる水晶体が濁ってくる病気です。昔から俗に「しろそこひ」と呼ばれています。白内障になると目がかすみ、ぼやけてまぶしくなり,進行すれば視力の低下が起こります。白内障の原因には外傷、ステロイドなどの薬剤性、アトピー性皮膚炎などの全身疾患などさまざまありますが、多くは加齢が挙げられます。

 

       初発白内障

 

       過熟白内障 

 

治療について
 初期には点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。症状が進行し、日常生活に支障がみられましたら、手術による治療を行います。濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われます。

 

 

 

手術方法
 以前は入院で行っておりました白内障手術は、手術や器械の進歩によって日帰りでの手術が可能となり、当院では白内障手術を日帰りで行っております。全例院長が執刀します。

 
 手術は局所麻酔で行います。器具などが触れるような、また目を押されるような感覚は残りますが、痛みはほとんど感じません。手術時間は10分前後ですが、手術が難しい症例ではそれなりに時間がかかることはあります。
 手術後はしばらく安静にしていただき、目や全身状態に異変がないことを確認した後に帰宅していただきます。
 手術当日は眼帯をしますが、翌日には取れます。術後は感染等に気をつける必要がありますので,洗眼・洗髪等の生活事項の制限があります。また、指示された内服薬と点眼剤をきちんと使用し、診察を受けていただくことが大切です。詳しくは術前に説明があります。 

 

 

 〒330-0804

埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-330

ハートフル大宮 202 さいき眼科

  TEL:048-783-5815