著書,解説記事

著書

  1.  岩崎憲治, 大橋正隆, 廣瀬未果, 禾晃和.「創薬研究のための相互作用解析パーフェクト(津本浩平, 前仲勝美/編「2 クライオ電子顕微鏡で弱い相互作用の複合体構造を解析するための戦略」執筆担当)」, 実験医学別冊, 2021年12月7日, 羊土社, pp.296-302.
  2. 岩崎憲治(編).「構造生命科学による創薬への挑戦」, 医学のあゆみ, 医歯薬出版, 2021年8月7日, 278巻6号.

解説

  1. 高橋花南, 牧野文信, 元木創平, 難波啓一. (2021). クライオ電子顕微鏡単粒子解析の適用可能範囲. 日本薬学会構造活性相関部会, ニュースレターSAR News, No.41, pp. 1-9.
  2. 岩崎憲治, 宮崎直幸. (2020). 開閉可能な人工タンパク質ケージの構造と性質. 生物物理誌, vol.60, No.3, pp153-156.
  3. 岩崎憲治. (2019). 単粒子構造解析は創薬に役立つか. 顕微鏡, vol.54, No.3, pp.131-137. (査読有)