行政書士小野和男事務所

Welcome to our homepage
 090-5872-0705
お問い合わせ

飲食店営業許可

飲食店営業許可申請

◇飲食店を営業するためには保健所に飲食店営業許可申請を行い、許可を受ける必要があります(店舗毎)。
◇申請方法:保健所に行けば申請手続きについて教えていただけます。申請用紙もくれます。
 だからご自身で飲食店営業許可手続きをしなさい(本人申請)。という事でしょう。もっともな事です。
 でも自分自身で慣れない申請をするのは気が重いし相当の時間も必要です。保健所に何度か通う手間暇も考えまいと・・・。
 調理の専門家は職人ですから門外漢の許認可申請は避けて通るのも良いではありませんか。外注しちゃいましょう。

 加えて、店内および調理室の平面図を添付する必要もありますから、居抜き物件の場合で図面が無いと困りますよね。

 このような時は、行政書士に「申請書類作成」から「許可申請用平面図作成」および「代理申請(行政書士が保健所に行く)」を
 依頼してはどうでしょうか。

◇申請代行のメリット:当事務所ではお客様の要望を聞き、必要な作業をさせていただきます。
 ①申請書類の作成  ②証明書等の取得  ③平面図等の作成(計測含む)  ④保健所への提出受領代行  等々です。
 ・お客さまが保健所に出向く手間暇が省けます。慣れない申請作業、心労から開放され、本来の業務に集中する事ができます。
  費用対効果が大きいと感じていただけるでしょう。

◇料金 当事務所の料金目安:上記一連の行為を行い、税込みで25,000円。
  (平面図不要の場合は20,000円、図面のみの作成は10,000円)
  ・非常にお値打ちです。自分で走り回る事を思えばことを思えば。

◇三重県津市香良洲町の行政書士です。松阪市との境目近くです。
ご連絡いただきましたらお客さまのところにおうかがいします。土日休日でもOKです。
◇お問い合わせ: 
電話090-5872-0705  メール

店内.JPG   飲食店舗図面
                                                                                                                                                                                                              
◇参考1
《飲食店営業許可(新規)と保健所の調査》

・飲食店営業許可申請(新規)を行うと後日保健所による店舗の調査があります。
許可が下りる前に実施されますから店は新規開店前ですが、店舗は内外共に完成している必要があります。工事中ではダメです。
もし調査で何か指摘されることがあれば指摘箇所を改善しない事には許可が下りない事になり、開店日を決めている場合は大変です。
改善のため工事が必要となれば新たに日数も費用も必要になります。

保健所の担当者は来店すると、平面図記載内容と実際の店内・調理場を確認していきますね。
目の付け所は衛生面です。
例えばシンク(流し台)の寸法とか決められた数を設置しているか。手洗いは別に設置されているか。
冷蔵庫の大きさ性能、設置場所の適否について。
調理室の床面は防水材質で排水機能は充分か。   壁面は防水防カビ機能(材質)が充分か  
従業員の着替え場所の状況は。    仕入れ材料の保管場所は別室なのか。  
調理前の仕入食材前処理の場所は適切か。 
その他、お客様トイレの手洗いとかいろいろあります。
当然質問もなされますから、経営者(申請者)にとっては緊張の時間です。体がこわばりますね。


飲食店廃業後の店舗を手直しして開業するからといって安心してはいけません。(居抜き物件のケース)
厨房が老朽化しているかもしれません。
依頼した工事業者が食品衛生に不慣れで不適切がないとはかぎりません。
注意して臨みましょう。 

◇参考2
《喫茶店営業許可》

・喫茶店営業許可という許可申請制度もあります。喫茶店営業をされる方には向いていると思われがちですが、
ちょっと待ってください。

・喫茶店営業許可では「酒類以外の飲み物又は茶菓を客に飲食させる営業」です。
調理を行う事の許可申請制度ではありません。
トースト程度の提供はできますが、調理の必要な軽食は提供できません。
したがって多くの喫茶店は「飲食店営業許可」をとって喫茶店を営業しているという事実があるようです。

◇参考3
《食品衛生責任者》
・店舗に常時配置しなければならない資格者です。したがって他店との兼務はできません。
資格取得は比較的平易で、食品衛生協会が実施する講習を受講する事で得られます。
講習会は1日だけで済む場合が一般的。受講料も1万円程度とお値打ちです。
なお、調理師の免許か栄養士資格を取得していると講習を受ける必要はありません。
この場合は資格者を食品衛生責任者として届け出るだけです。
ちなみに飲食店営業許可上は調理師の免許所持は必要ありません。


参考4

《深夜営業許可》
・深夜(0時~6時)に営業を行う飲食店で、お酒がメインのお店を営業する場合に必要な許可。
営業時間の終了時間が0時以降になってしまう場合には許可を受ける必要があります。
いわゆる居酒屋とかスナックなどが対象となります。
洋食店などでメインの料理にワインが付いている程度の場合は許可を受ける必要はありません。
深夜営業ができる地域には制限があります。用途地域の指定があれば住宅専用地域では許可されません。
店内照度制限とか客室面積制限があるので事前に充分調べておく必要があります。
遮音材を壁面に埋め込む必要などは改装工事前に把握する必要があるからです。
深夜営業許可の申請窓口は店舗場所を管轄する警察署です。
参考5
《家賃支援給付金》
・新型コロナウイルス感染防止の観点から店舗内客席の減少、営業日数とか営業時間の短縮
により売上高が減少し、店舗賃借料(地代・家賃)・が重荷になっている事業者に
「家賃支援給付金」が支給されます。
詳しくは中小企業庁のパンフレットをご覧ください。
☞ pdf 家賃支援給付金.pdf (0.38MB)


◇三重県津市香良洲町の行政書士です。松阪市との境目近くです。
◇お問い合わせ: 
電話090-5872-0705  メー
2021.01.18 Monday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる