おしらせ

 

 

 3月23日(水)、秋田キャッスルホテルを会場に、県内商工会青年部長及び女性部長等が一堂

に会し、標記報告会を開催しました。

 

 県青連並びに県女性連は、県連合会が策定した「商工会創生プラン」に基づき、青年部・女性部

活動の方向性等を示す「青年部・女性部 第1期中期活動ビジョン」を策定し、平成29年度から本年度

までの4か年、目標達成に向けて取り組んでまいりました。

 

この度、県連合会では新たに令和4年度からスタートする「商工会成長プラン」を策定いたしました。

これに基づき、青年部・女性部も「策定委員会」(メンバー:県青連・県女性連正副会長6名、担当

事務局2名、計8名)を設置し、第2期中期活動ビジョン策定に向けて検討を重ねてきました。

 

 本策定報告会では、事務局による第1期の振り返り並びに第2期策定の方向性について述べたあと、

策定委員を代表して県青連 安藤副会長及び県女性連 大庭副会長より内容について説明を行いました。

 

  

 

 この「青年部・女性部第2期中期活動ビジョン」では、サブタイトルに「変革と挑戦~攻めの姿勢で地域を

マネジメントする~」を掲げ、青年部のICTを活用した「域外への“攻め”」と、女性部の地域の魅力を磨く

「域内での“攻め”」で、共に地域の新たな可能性に挑戦し、攻めの姿勢で進んでいく基本方針を打ち出し、

それぞれの目指す姿の実現に向かっていく内容といたしました。

 

 今後は、本ビジョンの実現に向けて青年部・女性部が一丸となり、地域の経済とコミュニティの活性化で

地域の明るい未来を創造してまいります。


~県青連 安藤副会長及び県女性連 大庭副会長によるビジョンの説明~

   ビジョン説明.jpg


~全員で「頑張ろう!」コールをする様子~

コール.jpg

 

 コール2.jpg


 

 12月17日(金)、秋田市「秋田キャッスルホテル」にて、青年部長をはじめとする青年部員及び担当経営指導員等を対象に標記サミットを開催しました。 

 

 本サミットでは、青年部員に求められている時代や環境の変化に対応した活動を進め、自社の経営と地域の維持発展のために、青年部活動のあり方や具体的方策、先進事例等について青年部組織のトップから学ぶことで、今後の青年部及び県青連活動の活性化と円滑な部会運営を図ることを目的に、3部構成で開催しました。

 

                       スクリーンショット 2021-11.png

                               伊藤会長挨拶

 

■第1部 青年部中期活動ビジョンについて

    県青連・青年部活動の指標である第1期青年部中期活動ビジョン(平成30年度施行)を振り返り、現在策定中の第2期青年部中期活動ビジョンに繋げるべく、伊藤会長の進行により様々な意見交換が行われました。

 

■第2部 AIUデザインLABについて

企業の経営者、後継者である青年部員に、自社が抱える課題の解決に取組むための方法として、公立大学法人国際教養大学より、企業と学生が協働で社内課題解決に取組む「秋田県内企業課題解決型プログラム」の概要について説明していただくとともに、このプログラムを活用された青年部員より事例発表を行っていただきました。

 

■第3部 Google workspaceの導入推進について                                                                        

 近年、デジタル化が進む中で青年部員間の新しいつながりとして構築された「Google workspace(以下、「GWS」)」の導入・活用を目的として、全国商工会青年部連合会が組織するGWS推進室の推進員である、埼玉県商工会青年部連合会 会長 渡辺誠二 様よりGWSの活用方法や導入メリット等について説明していただきました。

なお、今回のサミットではすでにGWSを導入した一部の青年部員により、資料のペーパーレス化という初めての試みを行いました。

 

青年部員は、本サミットで得た新たな気付きを青年部活動及び自社の経営発展に活かしながら、青年部中期活動ビジョンに基づき、全県一丸となって今後の活動を一層強化してまいります。

 

 スクリーンショット 2021-7.png     スクリーンショット 2021-8.png

              第1部の様子                                             第2部の様子

 

   スクリーンショット 2021-9.png

                       第3部の様子

 

 令和3年度商工会青年部主張発表全国大会(福岡大会)が12月7日(火)、福岡県久留米市「久留米シティプラザ」を会場に開催されました。 

 新型コロナウイルスの影響により、参加対象を制限し、当日の様子はライブ配信するハイブリット型の開催となりました。

                                              

 本大会では、青年部活動と地域振興や自社経営等を絡めた結果、どのような効果があったのか、青年部員としてどのようにそれらの活動に係わっ

たのかなどについて発表され、会場内及びオンラインを通じて傾聴した全国各地の青年部員が様々な事例を知る大変有意義な時間となりました。

 

【主張発表大会結果】

   最優秀賞

      関東ブロック代表

         山元 幸央 さん(埼玉県鳩ケ谷商工会青年部)

 

  優秀賞

       東北・北海道ブロック代表

   ラオグジャブ ムンフバット さん(岩手県滝沢市商工会青年部)

 

                       全国大会 写真1 .png    

                           東北・北海道ブロック代表

                                                      ラオグジャブ ムンフバットさん


 

  また、本大会では、青年部活動に尽力された青年部・青年部員等が表彰され、「まちづくり顕彰」においては、東北・北海道ブロックより本県

大仙市商工会青年部が受賞され、佐藤青年部長が顕彰状を受領されました。

   ※まちづくり顕彰・・・まち(地域)づくり事業に積極的に取り組み、多くの困難を克服し地域の活性化に大きく貢献した青年部へ授与する

 

                     全国大会写真2.png

                          大仙市商工会青年部

                                                    佐藤 優(さとう ゆたか)部長

 

   

 10月24日(日)、県内青年部員が推奨する地域特産品を集めた物産展を県内3会場で開催しました。

 当日は秋晴れの中での開催となり、各会場に幅広い世代の方にご来場いただき、多くの方に地域特産品を知ってもらうことができました。

 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 

【県北会場:道の駅ふたつい】 

IMG_2616.png  IMG_2617.png

 

【中央会場:道の駅岩城】

DSCN2181.JPG  DSCN2195.JPG

 

【県南会場:安藤醸造北浦本館】

DSCN2236.JPG  DSCN2250.JPG 

 

 10月24日(日)に開催する商工会青年部地域応援物産展~IMPULSEマルシェ2021~の宣伝のため、10月21日放送のABSラジオ

「エキマイク ラジパル」に伊藤会長が生出演しました。 

 

 伊藤会長はリスナーに向けて、本イベントを開催するに至った青年部員の思いを伝えたのち、開催日や開催会場のほか、当日販売される           商品の紹介を行いました。

 

 リポーターのラジPALsゆみこさんは、県内3カ所で同時開催することやたくさんの種類の地域特産品を販売すること、キッチンカー            も来ることなどを聞いて、とても楽しそうなイベントだと、大勢のお客様に来てもらえるよう盛り上げてくださいました。                  取材の様子は「ラジパル日記」でも紹介されています。

 

IMG_2589.png IMG_2588.png

       何回も練習して本番に臨む伊藤会長                       生放送中の様子

                                        リポーターはラジPALsゆみこさん

 

IMG_2581.jpg

 

1 2 3 4
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる